Wild Card3:チャージャーズ vs ベンガルズ

Andy Dalton

もはや呪い

激戦が続くワイルドカードプレーオフ。

3戦目はとうとうHC”ノブ・ターナー”を解任し、ツキも手伝って久しぶりにプレーオフに出場のチャージャーズと、プレーオフに良く顔を出すも1回戦で確実に敗退するHC”マービン・ルイス”が率いるベンガルズです。

QB”アンディ・ダルトン” に乗り換えて、これで3年連続のプレーオフのベンガルズですが、前年までは2年連続でテキサンズが1回戦の相手だったので、ダルトンは初めてプレーオフでテキサンズ以外と戦う事になります。

こりゃ、鬼門の1回戦も突破なるか?
[SPONSORED LINK]

 

▼簡単な内容
チャージャーズはパッツから移籍してきたRB”ダニー・ウッドヘッド”のTDランで先制するも、第2Qに反撃にあい 7-7 の振り出しに戻る。

ベンガルズO#は猛攻をかけるも、RB”ジョバニ・バーナード”がエンドゾーン手前でボールをかき出されファンブルロスとするなど冴えず、FGを1本決めて3点リードで折り返す。

前半は拮抗していた両者だったが、後半に入り大きく流れが傾く。
チャージャーズはリヴァースがWR”エディ・ロイヤル”へロングパスを通すと、エンドゾーンでは198cmのTE”ラダリアス・グリーン “へ局地戦無敵のハイタワーTDパスで逆転。

 

逆にベンガルズはQB”アンディ・ダルトン”がヘッドダイビングでボールをこぼして自爆のファンブルロスト。
さらにINTを連発し、期待のWR”A.J・グリーン”へのロングパスも通らずで全くO#が停滞。

この間にチャージャーズはFGを重ね 20-10 と10点リード。

残り3分切ったところで、チャージャーズRB”ロニー・ブラウン”が58ydTDランでトドメを刺して試合終了。

またしてもベンガルズは1回戦で敗退。もはや踏み台と化しています。

 

▼スコア&ダイジェスト

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
チャージャースチャージャース (9-7-0) 7 0 10 10   27
ベンガルズベンガルズ (11-5-0) 0 10 0 0   10

コメントを残す

CAPTCHA