【2017-2018:プレビュー】シーズン前半最大の山場。超決戦のWeek06

ペイトリオッツ sexy fan
今こそ討つ!

いよいよ怨敵パッツとの1回目の対戦です。まさかここでパッツと単独首位決定戦をするとは思いませんでした。

ジェッツにとってはいい流れですが、パッツにとっては最悪の展開でしょうな。ここはサクッと倒して、久しぶりの首位をGETしておきましょう。

[SPONSORED LINK]

インジャリーリスト

ペイトリオッツ

Nelson Rowe

CB

Groin

Did Not Participate In Practice

Out

Michael Burkhead

RB

Ribs

Limited Participation in Practice

Questionable

 

ジェッツ

Bilal Powell

RB

Calf

Did Not Participate In Practice

Questionable

Muhammad Wilkerson

DE

Shoulder

Did Not Participate In Practice

Questionable

 

→両軍ともほぼフル出場です。これぞ決戦。

どうなるペイトリオッツ戦(1)

まず前回の試合をおさらい。前回対戦したのは2016年のクリスマスイブ、試合直前にHC”トッド・ボウルズ”が緊急入院したものの試合にはかけつけました。
しかし、41-3 という大虐殺を喰らって、ボウルズは来なかった方が良かったんじゃないかと思いましたよ。。

ジェッツ ブライス・ペティ ペイトリオッツ
現実 現地、クリスマスイブに行われたパッツ(ペイトリオッツ)戦。 ジェッツはもはやシーズンエンドの身とはいえ、せめてパッツに一矢報いたい!いや、勝ちたい! 神よ!聖なる夜にジ

 

この悔しさを噛みしめ今回の決戦に臨みますが、パッツvsバッカニアーズを見た限りブレイディを止めるには強力なパスラッシュが必要。グロンコウスキーが不在でターゲットが不足していた事もありますが、メットライフでは動きがいいDB陣がパッツWR陣に上手く張り付いてくれれば、パスラッシュが弱いJETSでもブレイディを捕える事ができます。

キーになるのは、WR”ブランドン・クックス” vs CB”モリス・クレイボーン”のマッチアップでしょう。クックスを封じれば、O#力は激減します。

グロンコウスキーの方はドラ1Sコンビでなんとかしてくれ。

不振のパスラッシュは、復帰するDE”コニー・イーリー”に期待。パッツにカットされた恨みをここで晴らすしてもらいましょう。

 

ジェッツのランD#もホームでは強いので、LB”デマリオ・デービス”の活躍に期待。パッツは突出したRBがいないものの、色々な事をやってくるのでそれに翻弄されず耐えれるかが問題です。

なんせブレイディは出場するとはいえ左肩を負傷していたので、ランO#に頼りたいのは当然。ランD#はドルフィンズ戦の時のように神がかったパフォーマンスをお願いしたいです。

 

しかし、こちらのランO#もRB#22”マット・フォーテ”が復帰するもRB#29”ビラル・パウエル”と共に負傷を抱えているので、期待はできません。

ジェッツのパスO#に関してもパッツがリーグ最弱のパスD#とはいえ、OLが弱くブラウンズに抑え込まれていたジェッツが大量得点出来ると思えません。D#が粘ってターンオーバーを奪い、それを起点にモメンタムを掴むしかないでしょう。

 

今シーズンのジェッツはホームでは強く、かつ、パッツはロード2連戦で地の利はこちらにあります。

次にパッツと対戦するのは最終戦のWeek17。Week17に真の最終決戦を持ち込むためにも、ここで何としても勝たねばなりません。

今週の勝利への金言

いつ勝つの?今でしょ!

以上

  1. ふて猫 より:

    確かに千載一遇のチャンスがやって来ましたね。
    どうかPATSをふるボッコにして見せつけて欲しいものですね〜
    やはりD#の奮闘無くして、勝利は難しいのでブレィディをSUCKしまくって攻撃を止めておかないといけませんね。
    どうか勝って首位に立ちましょう❗️

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      やってしまいましょう。そして月曜はハッピーマンデーに。
      負けると一週間気分がダークなので、個人的にもスカッと単独首位に立ってほしいです。

  2. YM5 より:

    TNFが終わって日曜の試合が暇なのでアーリーゲームを見ようと思っていたら、CBSのNo.2カードで他の試合が行われる地域を除いて全米放送されるんですね。

    アンチパッツのイーグルスファンになるために生まれて来た僕の運命を抜きにしてもNFLで2番目に好きなチームだからJETSを応援ですが、OSUのクックスがいるんですよね。

    6年前からクックスを見ているけど、ここまでの選手になってくれて感無量です。

    でも、ドラフトでは2つ前でアップして来たNOにかっさらわれ(しかもグッデルが発表する前にマイク・ライリーがネタバレする)今回も手に入れるチャンスだったのに1巡という高いハードルのためにチャンスが目の前に来ているのに逃すというなかなか縁のない選手です。

    しかも、5年目の権利をNEが行使したため最低でも手に入るのは2年後なんですよね。

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      この試合は全米放送ですか。さすが。
      しかし、日本ではDAZNすら放送なしのゲーパスのみ。これには残念です。
      クックスはクレイボーンの前に屈っするので、JETSの応援お願いいたします。

  3. OAK46 より:

    ベガスのオッズではJets +9と安定のアンダードッグぶりを発揮してます。ちなみに総得点オーバー、アンダーのラインは47点です。
    と言うことは ラスベガスの胴元は Jets19 – 28Pats と見てると言う事になりますね。(親が総取りする得点差と総得点)
    Jetsに張るならアンダーですかね…

    Patsもここで負けたら苦しくなりそうですね。
    って事で、とりあえずJets勝っときましょう。(僕も買っときましょう)

    1. JETS狂 より:

      OAK46さん>
      アンダードッグ上等。私がラスベガスにいたのなら、JETSに全財産を賭けますよ。
      こんなボロいギャンブル、ないわー!
      (ウソです)

コメントを残す

CAPTCHA