【NFL:2017-2018】レギュラーシーズン第1Q終了まとめ

トム・ブレイディ アーロン・ロジャース エゼキエル・エリオット
もはや開幕前の予想、意味なし

毎年恒例のシーズン第1Qまとめの時間です。

いつもWeek04が終わったら書くのですが、今シーズンはイルカさんのWeek01がハリケーンで無かったので、Week05終了時点をレギュラーシーズンの4分の1である、いわば2017シーズン第1Qの終了としました。

初っ端から予想と全く違う展開となっていますので、ここで各地区の状況をおさらいしておきましょう。

[SPONSORED LINK]

AFC東(AFC EAST)

まず我らがAFC東から。順位表の画像はNFL Japanから拝借しました。一番、分かりやすいので。

開幕前にアナリスト達が「パッツ16連勝」「ジェッツ16連敗」と予想をするも、パッツは開幕戦を落として既に2敗。逆にジェッツは開幕2連敗するものの、現在は3連勝と上り調子。

そして、コーチも選手も入れ替えて再建モードと思われていたビルズが、優勝候補のブロンコスとファルコンズを倒す快挙をやってのけ3勝。

カトラーを緊急入荷したイルカさんはO#不振で最下位なれど、わずか1勝差で追撃する混戦地区となりました。

 

パッツはブレイディがマッデンの呪いにかかった影響なのか、プレシーズンにエデルマンが負傷してシーズンエンドという不幸に襲われ、レギュラーシーズンではD#が大不振。

チームスタッツでトータルオフェンス1位、トータルディフェンス32位(最下位) というノーガードで殴りあうようなチームになっております。

「客を呼ぶのはオフェンス、勝利を呼ぶのはディフェンス」というような格言がありまして、パッツのAFC東9連覇が怪しくなってきました。フフフフ・・・

AFC北(AFC NORTH)

スティーラーズとレイブンズが3勝で首位争い。その後をベンガルズがO#不振で開幕3連敗しましたが、2連勝で後を追います。

そして先日、ジェッツがお世話になったブラウンズは5連敗と再び逆パーフェクトに向かって走っております。
名言「これが俺たちのスーパーボウルだ!」が、再び聞けるのでしょうかね。

 

ちなみに首位の2チームの共通点は、ジェッツが勝利したジャガーズに大差でボコボコにやられています。

両チームとも常にジェッツの邪魔をする天敵ですが今シーズンは直接対決がないので、このジャガーズ戦での勝敗が、後に運命を左右するかもしれません。

AFC 南(AFC SOUTH)

なんと、あのジャガーさんが予想に反してテキサンズ、レイブンズ、スティーラーズのプレーオフの常連らを大差で蹴散らし単独首位をゲット。

しかし、タイタンズやジェッツといった近年のドアマットチームに敗北するという、意味不明な事になっております。

そしてジャガーさんの直ぐ後ろをテキサンズ、タイタンズ、コルツが2勝で追撃する相変わらずの混戦地区です。

 

テキサンズに関しては念願のフランチャイズQBになりそうなワトソン が活躍するもD#の要である”J.J・ワット”が足を骨折し、2年連続でシーズンエンド。

ワットは昨シーズンに続いて、サイドラインでのリアクションや元気にアップする姿をカメラに抜かれるシーズンとなるでしょう。

AFC 西(AFC WEST)

毎年、この時期に無配のチームは3つぐらいありそうなのですが、今シーズンはチーフスのみ。2位のブロンコスに既に2勝差をつけて独走体制です。
その原動力は何と言ってもRB”カリーム・ハント”でしょう。NFLファーストプレーのファンブルロストがむしろ良かった?

 

一方、昨シーズンに快進撃を見せたレイダースはQB”デレク・カー”が負傷し、2勝と苦戦中。身の丈に合わない大型契約したQBが活躍しないのは、もはや「NFLあるある」。

ロスへ移転したてのチャージャーズはわずか1勝。今シーズンは充電期間でしょうかね。

[次のページに続く]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. Clale より:

    新人期待QB四天王(そんなのあったっけかな?)あとはマホームズが見てみたいですね。

    トゥルビスキーは化けるかもしれませんね~お兄さんの名前がマニングらしいので!(謎w
    プレーはまだまだぽかったですが体格はよかった!体強いの大事!!

    1. JETS狂 より:

      Claleさん>
      チーフス強すぎて、マホームズの存在をすっかり忘れてました。
      レギュラーシーズンはアスミスに任せて、鬼門のプレーオフになったら彼を出すのでしょうか?まさに人型最終決戦兵器。
      ベアーズはトゥルビスキーに切り替えて、どこまで反撃できるかが楽しみですね。

  2. ふて猫 より:

    確かにこの展開は誰も予想しようがない展開ですね。JETSはPATSに勝てば、プレーオフ出場の可能性も見えて来るのではないのでしょうか?逆に順当にPATSが勝つといつもの順位に落ち着くような気がします。何とか勝って、PATSの壁をぶち破って欲しいものですね

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      パッツはシーズン進むに連れて調整してくるので、ここで勝っておきたいですね。
      ちなみに、過去に何度もパッツと首位決戦をやってますが、1回も勝った記憶はございません。

  3. ちょろりん より:

    BS1の放送でベアーズ戦を観ましたが、サイドラインのトゥルビスキーが映る度に彼ではなくサンチェスに眼がいってしまいました。

    1. JETS狂 より:

      ちょろりんさん>
      あなたもサンチェス狂のあかしです。サンチェスには人を引き付けて病まない魅力があります。
      その魅力のせいでOLのお尻まで引き付けて不幸な事故が起こったのです。

  4. GENO より:

     マッデンさんはブレイディとイーライの見分けがつかなくなったのかというほどNYG悲惨、もしくはNYJから来た面子がマッデンさんより強烈なのか…申し訳ない表現を使うと、週一でオードリーの番組を観る程度のファンが勝敗表をみたら、NYGとNYJの成績が間違って入れ替わってるんじゃないと思われそうですよ。ゴメンナサイです。
     ナイナーズ、ジャイアンツの全敗、チーフスの絶好調は戦力平等の理念でのドラフト順位、サラリーキャップで、好調、不調のシーズンはあってもおかしいことではないですけどブラウンズとパッツはなんでしょうね。この2チームはNFL戦力平等の理念を無視ししすぎですよ(パッツは結局最後は余裕のプレイオフ出場を前提で)

    1. JETS狂 より:

      GENOさん>
      NYGは大敗では無いのですが、本当に勝てないですね。NYGとNYJの成績が逆という説も、私も同じような事を思いました。
      某大ヒットアニメ映画のように「NYGとNYJ、夢の中で入れ替わってる!?」って、事ではないのは確かのようです。

コメントを残す

CAPTCHA