HOME > NEWS > NEWS(2008-2009) > 今週のAFC東:キャッセル、亡き父に捧げる勝利
2008年12月16日

今週のAFC東:キャッセル、亡き父に捧げる勝利

イメージ
キルも精神も既に一流

ペイトリオッツQB”マット・キャッセル”は先週のシーホークス戦直後に父の死去という不幸にあい、今試合の出場が危ぶまれていましたが、最終的に出場しました。

更に対戦相手は死神カラーの”レイダース”。
“ブレット・ファーブ”も父の死の直後の試合が、偶然にもレイダースであり、見事に勝利を収めました。

ペイトリオッツはプレーオフへ進出への希望を繋ぐためには一敗も出来ない状況において、この試合はキャッセルの精神状態が勝敗を左右するでしょう。

さぁ、今週のAFC東はどない?

[SPONSORED LINK]



イメージ
▼ペイトリオッツ 49-26 レイダース
せっかくNFLの晴れ舞台に立てたのに父親が死去という辛い精神状態であったQB”マット・キャッセル”。
しかし、そんな影響は微塵も見せない。むしろチーム全体が追悼に勝利を捧げようと一丸となったのか、超攻撃力が爆発しました。

キャッセルはRB”ケビン・フォーク”へ7ydのTDパスで先制。そして、WR”ランディ・モス”にTDパスでレイダースを突き放す。さらにRB”サミー・モリス”のTDランでさらに突き放し、WR”ケリー・ワシントン”も一気にフィールドを突っ切りTD。

キャッチの鬼WR”ウェス・ウェルカー”もランアフターキャッチでTD。
しかし、レイダースも反撃。ついこの間までジェッツにいたCB”ジャスティン・ミラー”がリターンTD。だがしかし、お返しとばかりにCB”エリス・ホッブス”がリターンTD。

ペイトリオッツは攻撃の手を全く緩めず、またもキャッセルからWR”ランディ・モス”へTDパス。さらにRB”ラモント・ジョーダン”もTDランを決める。

最後はレイダースのルーキーRB”ダレン・マクファデン”がホーム初のTDランを決めるもその差は圧倒的。ペイトリオッツの圧勝です。

古巣レイダースで不振であったモスは逆襲するかのような活躍ぶり。セレブレーションはファンの前で背番号の上にある自分の名前を指して、レイダースファンに己の存在をアピール。

キャッ
セルは30回中18回218yd獲得4TD,1INTの爆発ぶり。
シーズン序盤はショートパスだけを投げていたQBだったのに今はロングパスも問題はなく、モスとの連携も既に問題が無いようです。

そして負傷のため、とっかえひっかえ出ていたRB陣が全員出場してそろってTDを決める。
昨シーズンの超攻撃力が完全復活したペイトリオッツですが、果たしてプレーオフに行けるかどうかは未だ他のチームの勝敗にかかっている状態です。

▼ドルフィンズ 14-9 49ers
ドルフィンズは先週JETSを破った49ersと対戦。
ドルフィンズQB”チャド・ペニントン”からTE”デビッド・マーティン”がロングパスが決まり、そのままTDでドルフィンズ先制。
49erQB”ショーン・ヒル”のショートパスに苦戦しFGレンジに再三入られるが硬い守備でTDを許さず。

その後もWR”デボン・ベス”のナイスリターンから、TE”ジョーイ・ヘイノス”へTDパスをヒットさせて突き放す。
最後はまたもドルフィンズサック王、LB”ジョーイ・ポーター”のサックで攻撃を止めてドルフィンズ勝利です。

49ersQB”ショーン・ヒル”はパス46回中30回成功と高い成功率を誇るもTDはなし。
圧倒的にドルフィンズの攻撃時間を削ったもののRB”フランク・ゴア”の欠場が響き決め手に欠きました。

▼今週のAFC東
ジェッツ -9勝
ドルフィンズ -9勝
ペイトリオッツ -9勝
ビルズ -6勝

⇒ジェッツの奇跡的な逆転勝利により平行線の3チーム。(ホンマ危なかった(=0=;))
勝率が同じ場合、第2条件の直接対決の勝率が影響しますが、ペイトリオッツは2チーム両方ともに対して1勝1敗。ジェッツはドルフィンズに1勝して、Week17に再び直接対決です。

当然、残り2試合をジェッツが全勝すればそのまま地区優勝。
縁起でも無いですがジェッツが負けて、ドルフィンズとペイトリオッツが全勝した場合はどうなるのか?

第3条件の地区内の勝率。これも現在、はペイトリオッツとドルフィンズは互角の3勝2敗なので、両者ライバル対決を1戦残しているので決まらない。
で、次の第4条件の共通の対戦相手との勝率となりますが・・・・・ メンドウなので後はNFL JAPANに任せます(=0=;)。

ちゅうか!!ジェッツは絶対に全勝して地区優勝します!!!ビルズ戦の奇跡を見て、神は見捨てていないと確信しました!

AFC西地区は勝率の低さから首位勝ち抜けのみがプレーオフ出場。ブロンコスか、奇跡的にチャージャーズが取るかの争いです。

スティーラーズが地区優勝してワイルドカード争いに、現在9勝のレイブンズが参戦。

AFC東首位を含めて、ジェッツ(9)、ドルフィンズ(9)、ペイトリオッツ(9)、コルツ(10)、レイブンズ(9)から3チームがプレーオフ進出です。さぁ生き残るのは誰だ!?

▼次週のAFC東
・ジェッツ vs シーホークス
⇒また遠征+苦手な西海岸でペイトリオッツが苦戦したシーホークスと対戦です。
後半にパフォーマンスが落ちたファーブの体調が何より心配です。

・ペイトリオッツ vs カーディナルス
⇒ペイトリオッツは既に地区優勝のカーディナルスと対戦。
楽な相手ではないですが、既にカーディナルスは目標をスーパーボウルに向けているのでペイトリオッツ勝利か。

・ドルフィンズ vs チーフス
⇒ドルフィンズは不振チーフスと対戦。
先週チャージャーズが大苦戦した相手ですので、負けてくれるとアリガタイ・・

・ビルズ vs ブロンコス
ビルズが負けるとブロンコス地区優勝です。最終戦まで盛り上げるためにここはビルズを応援です。

▼きまぐれライオンズニュース
当然、コルツに負けたライオンズ。逆パーフェクトまで、あと2敗で次の相手はセインツです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA


Top