HOME > Topics > 【放談】カヌーの薬物混入事件、鈴木選手と嫁に関して思う事
2018年1月12日

【放談】カヌーの薬物混入事件、鈴木選手と嫁に関して思う事

クズ、ここに極まる

こんにちワニ、放談の時間です。

スーパーボウル直前、広告を載せよう企画ですがお話を頂いております。

JETS fan ニューヨークジェッツファン
安いよ~安いよ~ こんにちわいも君、久しぶりの放談の時間です。 JETS狂の宴に広告を載せようプロジェクトは、当初応募が一杯来たのですが、1月11日から0になります。 そして

枠が無くなると終了なので、告知がある方はお早めに。

 

話変わって、久々に一般のニュースを取り上げたいと思います。

[SPONSORED LINK]

ライバルのドリンクに薬物混入、現金&パスポート&その他窃盗 =8年資格停止だけ?の謎

最近、世間を賑わせているオリンピックのカヌー事件。オリンピック出場を狙う鈴木康大選手がライバルの小松選手を蹴落とすために、なんと小松選手のドリンクにドーピング検査に引っかかる薬物を混入しました。

つまり、意図的に人を冤罪に陥れようとした、スポーツのみならず人間としてあってはならない行為を働いたのです。

 

しかし、鈴木選手が行った行為はこれのみならず、代表合宿中に現金2万円とパスポートを隠し、さらにはパドルとスピードメーターを盗んだことが発覚。

さらに、小松選手の所属先に誹謗中傷のメールを数回送った事もあり、この男はまさに・・

キング・オブ・クズ!

なのです。私はスポーツファンだけに話を聞いただけで吐き気がします。

参考記事:http://www.sankei.com/sports/news/180112/spo1801120005-n1.html

しかしながら現時点で、鈴木選手への処分は8年間の資格停止のみ。8年も停止したら選手生命は終わりですが、永久停止どころか逮捕してもいいぐらいのに行為なのに軽すぎる処分です。

 

これを不思議に思い他のニュースも調べてみると、面白いことが分かりました。鈴木選手の嫁もカヌー選手の「久野綾香」であり、2008年北京オリンピックで6位入賞という日本勢にとっては快挙を成しているのです。

そして鈴木選手はカヌーを1回引退しているのですが、嫁が復帰を強く望んで復帰したとのこと。個人的に軽すぎると思う処分は、カヌー業界に功績のある嫁の影響があるとしか思えないのです。

 

勝手な推測ですが、こんな忖度(そんたく)は絶対にアカンでしょう。

話はズレますが、相撲業界で起こった被害者側である貴乃花を、以前から気に食わない人らが皆でハメて理事解任させたような、影響力による不当処分に思えて仕方ないです。

 

それにしても、オリンピック代表になりたい努力を間違った方向に向けるとは、なんと愚かな事でしょう。小松選手以上のライバルが現れたら同じ事を繰り返したのでしょうか。

しかも、この夫婦はスポーツクラブの経営までしてるそうで、このスポーツクラブではライバルへの毒の盛り方でも教えているんでしょうかね。

 

ライバルを蹴落とすといえば古くからバレエシューズに画びょうをいれるなどマンガで見たことありますが、こういうライバルを蹴落とす行動はかつてから存在していると思います。以前に水泳日本代表が韓国に遠征したときにカメラを窃盗した疑いをもたれた事件も、 完全にハメられたのでしょう。

プロや社会人のみならず学校の部活でもあるだろうし、集団でやる陰湿なイジメも同類以上の重罪だと思います。

 

見せしめに近いですが、スポーツ業界の将来のために資格停止という生ぬるすぎる処分よりも、もっと重い罰を与えるべきだと思います。実際に窃盗してますしね。

私は鈴木選手をフォックスリバー刑務所に10年間ぶちこんでも いいくらい、この卑劣すぎる事件に怒りを覚えます。

 

さて、私はデヴィジョナルプレーオフを直前に なぜこんな記事をUPしたのか?

それは、「ペ」のつくチームが、

またスパイしたり、ボールの空気を抜いたりなどしないかと警鐘を鳴らしたいわけです。

ブレイディやベリチックがこの記事を読んで「ワカッタヨ、ジェッツキョー!」と思ってくれる事を望んでおります。

(100% 読まないけど)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ケイトー・ニンジャ より:

    鈴木康大選手への処分は、日本アンチ・ドーピング機構(以下「JADA」)とカヌー連盟からそれぞれ別個に下されるようです。
    http://www.canoe.or.jp/news/secretariat1/post/201801091325/
    黄色強調「こちら」によると、
    JADAが「8年間の資格停止処分」、カヌー連盟からは「除名」の議案を理事会及び総会に提案する、とのことなので、この提案どおりならカヌー連盟から今後除名処分がなされると思われます。

    このサイト的にはリアルWWE「ナンシー・ケリガン襲撃事件」を思い出してしまいました。(古い)

    1. JETS狂 より:

      ケイトー・ニンジャさん>
      ナンシー・ケリガンが衝撃すぎて除名とか頭に入らないです。世の中に上には上がいるものですね。
      https://gigazine.net/news/20171021-i-tonya/

  2. YM5 より:

    プロだからアングルを作るためにプロレス的な面もあるのでしょうが、高校野球で問題が起きたら速攻で活動停止になるように、こういうのって得てしてプロよりもアマチュアの方が厳しいですよね。

    先日のCFPファイナルでアラバマ対ジョージアの試合であからさまな反則見逃しがあったのは記憶に新しいですが、審判の贔屓チームとしか思えないジャッジはプロアマ日米関係なくフットボール界隈全体の問題だからおいといて、大学は王座取り消しとか対象期間の記録抹消とかやってますからね。

    もっとも、NFL以上に悪い事をやっている人が多いのでいちいち取り締まっていたらキリがないのかもしれませんが

    不正が発覚した人には本人が死のうが逃げようが罪を遡ってしっかりと罰を下す分、表面上の組織としての体裁はNFLよりマシな気がしてしまいますね。

    ただ、そういう意味ではハイズマンや全米制覇QBの栄光を奪われたレジー・ブッシュやマット・ライナートは被害者かもしれませんね。

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      レジー・ブッシュを罰して、ピート・キャロルが罰せられないのはこれいかに?といった感じです。
      マット・ライナート・・いましたね、そんなドラ1が。トロイ・スミスと合わせてどこにいったのでしょう??

  3. NFL好きおじさん より:

    こういう人にはスピードワゴンさんからきっつーい一言を云ってもらいましょう。
    「こいつは、くっせーーっ❗️
    ○○以下の匂いがプンプンするぜっ」

    1. JETS狂 より:

      NFL好きおじさんさん>
      本当に根っからの悪ですね。匂いがプンプンします。
      ちなみに最初に「スピードワゴン からきっつい一言」と見たときに、真っ先に「ハンバーーグ!」しか思い浮かびませんでした。
      まぁ、あのコンビ名もジョジョのスピードワゴンから取ったようですが、とにかくこんな悪党にはオラオラですよ。

  4. 通りすがり より:

    8年間の資格停止は「日本アンチ・ドーピング機構(JADA)」の処分で、その段階で永久資格停止でも問題ないと思いますが、カヌー連盟側が『除名処分』にすることになると思われます
    (カヌー連盟でけじめつける意味でこれは必須です)

    ここで除名できなければカヌー連盟そのものがそれまでの輩ということになりますね

    鈴木康大の嫁はおそらく影響しないでしょう

    パッツの件は「マッデンの呪い」に期待しましょう(笑)

    1. JETS狂 より:

      通りすがりさん>
      冷静に考えて嫁の影響はなさそうですね。しかしながらカヌー連盟から除名したとしても、人の努力を嫉妬でつぶそうとする「薬を盛る」という行為に対して、この処分は何か納得いかないですね。
      オケツにフィールドゴールを叩き込みたいぐらい、私は激おこです。

  5. ふて猫 より:

    私もこの事件と“ナンシーケリガン襲撃”事件が重なった1人です。処分が8年間の出場停止処分だけではどうも軽いような気がします。これだけの犯罪を犯している以上は、刑事事件に繋がると思うのですがね

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      嫉妬に狂ったスポーツ選手は恐ろしいですね。自分で1番でなければ気が済まない強気が暴走すると事件になります。
      なんにせよ卑劣すぎる行為に対して、厳しくすることを望みます。

  6. みきのり より:

    JADAおよびその親玉のWADAは第三者機関であり、嫁が橋本聖子や吉田沙保里クラスでもこれに介入するのはさすがに無理でしょう。
    また、ドーピング検査機関が所属団体の思惑を超えた処分をしようとすると、例のロシア選手団の参加問題みたいに大揉めに揉めます。
    なので、手段とか経緯とかはあまり考慮せず、あくまでJADA(WADA)は直接選手生命を絶つようなことはせず、「他者のドーピング検査妨害」に絞ってのみピンポイントかつ機械的に処分を下し、後は所属団体の処分に委ねるということです。(その処分に問題がある場合は前述のロシア選手問題のようにIOCが直接介入します)

    というか、千葉出身のこのクズ男を自分の実家に住まわせて、スポーツジム経営させて、自分が育った練習環境のお膳立てして…とサポートしてこんな形で返されたんだから嫁は気の毒の一言ですよ。

    被害者の小松選手のコメントが男前だったのが救いでしたが。
    まあ、胸糞悪い事件でした。

    1. JETS狂 より:

      みきのりさん>
      ヨメは被害者でもあり、無理やり復帰させて鈴木選手を狂気に追い込んだ首謀者でもあり、複雑ですね。
      何にしろ誰も興味がないカヌーが注目されたという、メリットだけをヨシとしましょう。

コメントを残す

CAPTCHA


Top