今週のAFC東:プレシーズン1

NFLイメージ ってきた不定期連載
プレシーズンが始まりフットボール熱が高まってまいりました。
我らがJETSは負けましたが、サンチェスの空席だらけの会場を一撃で大歓声を沸かせたあのパスを見れただけで満足です。
[プレシーズン1:vs ラムズ
]

しかし、激戦区AFC東はペイトリオッツはブレイディの復活、ビルズはオーウェンスの参戦と今年も厳しい戦いを強いられる事になるでしょう。

今週のAFC東はどない?

[SPONSORED LINK]


▼ペイトリオッツ 27-25 イーグルス
1年のブランクを経て帰ってきた”トム・ブレイディ”。3度スーパーボウルを制覇したその腕は鈍る事が無く、パス10/15で100yd獲得,2TD,1INTとプレシーズンにしては結構投げて2TDと健在ぶりをアピール。
しかもその2TDのターゲットがジェッツが解雇したTE”クリス・ベーカー”ってところが心憎いです。

この試合でドラフト7巡で獲得したWR”ジュリアン・エデルマン”レシーブ5回37yd獲得の上にパントリターンTDを決めて大活躍。
ブレイディもドラフト時6巡目でしたし、昨年のドラ1”ジェロッド・メイヨ”も活躍しております。ペイトリオッツの人材発掘はパネーです(@_@)。
しっかし、パッツ情報は老舗ブログ「PatsLife」が無くなったため、厳しいです。

▼ビルズ 27-20 ベアーズ
Hall of Fame:ビルズ VS タイタンズ があったため1試合多いビルズのプレ1戦目は昨シーズン、すさまじい攻撃力を見せたブロンコスのQB”ジェイ・カトラー”を獲得したベアーズが相手。

トップクラスの守備+最強リターナー”デビン・へスター”がいるベアーズにあの攻撃力がプラスされたらスーパーボウル制覇に一番近いんじゃないかと思いきやそうでも無かった。
ベアーズはWRのタレント不足と、カトラーはまだチームとの連携が上手くいかずパス5/10の64ヤード獲得,0TD,1INTとダメでした。控えQBもINTされまくって計5INT。

一方ビルズは”テレル・オーウェンス”が欠場するもQB”トレント・エドワーズ”がパス10/10の74yd獲得,0TD,0INTと絶好調。控えQB”ライアン・フィッツジェラルド”も13/16の143獲得と守備のベアーズ相手に好調。

昨シーズンは開幕から快進撃を続けたビルズもエドワーズが脳振とうを起こしてから一気に失速したので、使えるバックアップはビルズファンにとって心強いのではないでしょうか。
(特に昨シーズンの Week15:vs ビルズ
で控えQB”J・Pロスマン”が勝ち試合をパーにした奇跡の大逆転は永遠にジェッツファンの記憶に残るでしょう。)

▼ドルフィンズ 12-9 ジャガース
プレシーズン1最後の登場は、昨年AFC東の覇者ドルフィンズ。
サック王LB”ジョイ・ポーター”に加えて、ベテランDE”ジェイソン・テイラー”が帰ってきてパスラッシュに磨きがかかる。

そしてQBは元JETSの顔、2度のカムバック男QB”チャド・ペニ~~ントン!!”ヘ(゜∀゜*)ノ
第1Qのみの登場で4/7で38yd獲得のみとイマイチですが、WR”テッド・ジン.Jr”への見事なパスやリバースプレイなど連携は出来上がっているようです。(RBと交錯してボールを落とすシーンがありましたが)

昨年弱点だったDBもジャガースのTDパスをカットして0TDに押さえ、攻撃ではジャガースから移籍したWR”アーネスト・ウィルフォード”が逆転TDを決めて勝利。

攻守バランスのとれたドルフィンズは今年もAFC東を制覇するのか!?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA