HOME > NEWS > NEWS(2009-2010) > JETS:ビルズ戦直前で契約アリ
2009年10月18日

JETS:ビルズ戦直前で契約アリ

うとう隠し玉を出すか
“ジェリコ・コッチェリー”と”ブラッド・スミス”の主力WRが2人が欠場濃厚となり、ビルズ戦開始直前で動きました。
ず~~っとプラクティススクワッドであった”ダニー・ウッドヘッド”と契約です。しかもRBだったのにWRです。

[SPONSORED LINK]


▼WR”ダニー・ウッドヘッド”(Danny Woodhead)
私の記憶だと2008年シーズン前にドラフト外から獲得するもののキャンプ中にケガをしてシーズンアウトしました。それから1年と数ヶ月間、解雇されたりプラクティススクワッドに入ったりときてようやくJETSの一員となりました。

しかし元のポジションはRBです。レックス・ライアンはウッドヘッドをスロット・レシーバーとして才能があると見てWRとして契約したようです。
ポジションが変わってしまいましたが粘りが実ってとうとうロースター入り。ビルズ戦で登場し、伏兵として爆発してくれるのか!?

※スロット・レシーバー
WRとラインの間にセットする第3のレシーバー(って認識であってるかな)

▼その他
DT”ハワード・グリーン”をカット

[追記/引用:NFL JAPAN]

ニューヨーク・ジェッツは現地17日、練習生だったワイドレシーバー(WR)ダニー・ウッドヘッドを選手登録。ディフェンスタックル(DT)ハワード・グリーンを解雇した。

ジェッツは7日にクリーブランド・ブラウンズからWRブレイロン・エドワーズをトレードで獲得したばかり。しかしその後、ジェリコ・コッチェリーとブラッド・スミスが負傷して18日のバッファロー・ビルズ戦への出場が難しくなったため、今回の緊急補強を実行したようだ。

ウッドヘッドは大学時代に全米大学体育協会(NCAA)の歴代リーディングラッシャーとなったが、NFLでの出場歴はなし。最近になってランニングバック(RB)からWRに転向し、レックス・ライアンHCはスロットレシーバーとして大きな期待を寄せている。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA


Top