HOME > NEWS > NEWS(2018-2019) > 【ジェッツ】元ペイトリオッツOTアントニオ・ガルシアをウェーバーで獲得
2018年5月15日

【ジェッツ】元ペイトリオッツOTアントニオ・ガルシアをウェーバーで獲得

アントニオ・ガルシア
OLは拾って補強

ジェッツは、ドラフトで弱点である全くOLを獲得しなかったものの、そこは抜け目なくジワジワと補強を進めております。

[SPONSORED LINK]

元ペイトリオッツのOT”アントニオ・ガルシア(Antonio Garcia)”をウェーバーで獲得

OT”アントニオ・ガルシア”は2017年ドラフトにてペイトリオッツが3巡で獲得した選手。

しかし、2017年9月に練習や試合と無関係の負傷者(Non-football Injuary)扱いとなり、そのまま1シーズン過ごしたので、NFL公式戦に出場した事がありません。

しかしながら、今シーズンはペイトリオッツのトレーニングに参加していました。

 

それにも関わらずペイトリオッツは彼をカットしました。そこでジェッツはウェーバーで流れてきた彼にクレーム(獲得の意思表示)し、めでたくGETいたしました。

 

OT”アントニオ・ガルシア”の特徴は身長198㎝体重136kgの超巨漢。テクニックが不足しているものの、なんせ去年のドラフト3巡のOLを獲得できた事はラッキーです。

 

ジェッツのOL事情は先発が不安定な事。

LTに”ケルビン・ビーチャム”、RTに”ブランドン・シェル”。CにFAで獲得した元レッドスキンズの”スペンサー・ロング”を暫定的に置くとして、左右のGはキャンプで純粋な競争になるでしょう。

ガルシアはOTですが、OGとして起用される事も考えられます。

 

 

ちなみに、ガルシアを獲得した代わりに、K”ニック・ローズ”がカットされ、正キッカー争いが元チーフスK”カリロ・サントス” vs 元ラムズ K”テイラー・バートレット”となりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. 昔のロゴで出ています より:

    彼のNon-football Injuaryは、昨年のキャンプ中に
    肺塞栓症を起こしてプレーするのが危険だったからです。
    この度Patsがカットしたのが、メディカルチェックゆえで
    無ければ良いのですが・・・

    1. JETS狂 より:

      昔のロゴで出ていますさん>
      そんな理由でしたか。ならばジェッツでも必ず身体検査はした上で獲得すると思うのですが。
      おそらく、ボストンの田舎とちがい、ニューヨークの医療技術は世界イチィィィ~なのでしょう。

  2. GENO より:

     ジェッツ良かったね、と思う前にパッツは何故彼を手放したんだと考えてしまいましたね。今のパッツのOL陣ではそう簡単に層を薄くできないはずなのに手放すとは性格やなんか爆弾を抱えてるんじゃないかと思っちゃいました。(テクニック不足を解消しようとするための向上心がないとか)ともあれ、古巣チームと同地区ということは見返すチャンスがあるということなので、応援、期待はしてますよ。(自分のチームのOLは新GMが一新させたので、他のチームのOL事情を羨ましいとか思わず余裕をもって見られます(笑)

    1. JETS狂 より:

      GENOさん>
      OL不足のパッツがなぜ手放すのか不思議に思いましたが、それはコメントにて「昔のロゴで出ています」さんからの情報によると、肺塞栓症を患ったからのようです。
      その問題が解消されれば大きな戦力になると思うので、彼の病気が解消されることを願います。

      1. GENO より:

         なるほど、それなら応援しますよ。前にうちにいた選手で、向上心なく練習不真面目で、移籍後も変わらなく病気だったから仕方ないだろって態度だった選手にならないで欲しいです(病気、けがは仕方ないですけど、態度に問題ありだったもので)
        前々回のコメントの内容ですけどサンチェスのスライディングの怪我は知りませんでした。せっかく身に着けた技術が仇になるのはネタにはなるけど可哀想ですよ(笑

コメントを残す

CAPTCHA


Top