HOME > NEWS > NEWS(2009-2010) > JETS:まだ終わっちゃいねーぞWeek12
2009年11月28日

JETS:まだ終わっちゃいねーぞWeek12

年は最後まで楽しめたのにね
4勝6敗とプレーオフ進出は絶望的な状況のJETS。
ファンの視点という事を抜きにしてもナゼ勝てないか不思議なぐらいです。ほとんどの試合があと一歩の差で負けてるんですよね。

しか~し、まだ道はあります。こっから全勝すれば首位は取れないとしてもプレーオフ進出ラインにかかる可能性はまだあります。
ポジティブ思考でWeek12のパンサーズ戦に望みましょ。ヘ(゜∀゜*)ノ

[SPONSORED LINK]


▼ケガ人

Name Position Injury Practice Status Game Status
Vernon Gholston LB Hamstring Full Participation in Practice Probable
Jim Leonhard S Thumb Full Participation in Practice Probable
Bryan Thomas LB Toe Full Participation in Practice Probable
Robert Turner G Knee Full Participation in Practice Probable
Dwight Lowery CB Ankle Did Not Participate In Practice Out
Donald Strickland CB Concussion Did Not Participate In Practice Out
Shaun Ellis DE Knee Full Participation in Practice Probable

コーナーバック2人がOUT!だがジム・レナードとゴルストンが復活。ドワイト・ロウリーの欠場は残念だが、まだマシな方。

▼S”ケリー・ローズ”が先発から降格
JETSは最後の砦、S”ケリー・ローズ”を先発から下して、”エリック・スミス”を先発に昇格させる模様です。

JETSは2008年に2009年にFA権を得るS”ケリー・ローズ”と5年の契約延長に合意しました。
金額は2,000万ドル(約20億2,000万円)の保証を含む、総額3,350万ドル(約33億8,300万円)という大金。

それに関わらず今シーズン10試合において目に見えるような活躍はしておらず、この度先発から下ろすのはライアンがローズを手放す準備だとニューヨークデイリーでは書いています。
ローズ自身はこの降格に驚き、とまどい、屈辱的だと語っています。

たしかにお金いっぱい使ったうえにマンジーニが結んだ不本意な契約を引っ張るのはキツイ。
またブラウンズに流れるのかな?

▼どうなるパンサーズ戦
サンチェスが前試合5ターンオーバーを喫して、今シーズン16INTと司令塔が一番不安材料となってしまったJETS。リーグ屈指のDE”ジュリアス・ペパーズ”がプレッシャーをかけてパスミスを誘うのは必至。

しかしパンサーズもQBが不安定な”ジェイク・デローム”。互いにプレッシャーをかけてパスミスからターンオーバーを狙う戦略が展開されるでしょう。
そして今試合もパンサーズWR”スティーブ・スミス”を封じるのはCB”ダレル・リーヴィス”。もうJETSはリーヴィス様にオンブにダッコ状態です。

となるのはキーとなるのはラン。”トーマス・ジョーンズ”のゴリ押しランに命運かかっており、まるでファーブが不調になった時の昨年と状況が全く同じになってきました。
パンサーズもランが強いので、今まで以上に地上戦がメインとなる戦いになりそうです。

[引用:NFL JAPAN]

開幕3連勝という絶好のスタートを切りながらも、このところ3連敗を喫して4勝6敗と完全に息切れ状態のニューヨーク・ジェッツが、同じく4勝6敗のカロライナ・パンサーズをホームに迎える。この試合に負けたチームは自力でのプレイオフ進出が厳しい状況になるだけに、互いの意気込みは相当のものと予想される。

ジェッツの新人クォーターバック(QB)マーク・サンチェスは開幕直後こそ順風満帆に見えた。だが、このところの7試合は1勝6敗と大きく負け越し、この間14ものINTを喫し、大きな壁にぶち当たった様子。この試合こそは地に足のついた冷静な試合運びが期待される。

そこで気になるのが、野獣のようなディフェンスエンド(DE)ジュリアス・ペパーズを擁するパンサーズのディフェンスラインだ。先週のマイアミ・ドルフィンズ戦ではQBチャド・ヘニーの自滅を待つ受け身の守りで精彩を欠いたが、今回はサンチェスのミスを誘発するためにも積極的にパスラッシュを仕掛けてくるだろう。

対するパンサーズはここ4試合で4TDレシーブのワイドレシーバー(WR)スティーブ・スミスがジェッツのコーナーバック(CB)ダレル・レビスとの屈指のマッチアップを制することができるか。ランオフェンスでは両チームほぼ互角だけに、スミスの勝負強さが発揮されればパンサーズがやや有利になるはずだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. mentai より:

    ローズ獲得が本当にありそうで怖いです。
    ブラウンズはセーフティーが薄くなってますし、ローズも選手としては文句ないのですが、このカネ……

  2. JETS狂 より:

    契約延長したときも「そんなに払う必要あるか?」と思ってました。あの時の卍は己のキャリアを賭けて補強しまくってたので、金銭感覚がおかしくなってたんでしょうか。
    ドラフト権も金も無いJETSの未来は少々暗いです。(T_T)
    (※知らない人のために説明ですが、「卍」 とは 「マンジーニ」の事)

コメントを残す

CAPTCHA


Top