HOME > Topics > プレーオフ1回戦突破!次はチャージャーズと対戦
2010年1月12日

プレーオフ1回戦突破!次はチャージャーズと対戦

というワケでベンガルズを倒して、1回戦のワイルドカードプレーオフを突破いたしました。
最初にビッグリターンとコールズに先制のTDパスを食らって、負けを覚悟しましたが、守備を立て直して後は押さえ込む事ができました。

[SPONSORED LINK]


何よりOCのブライアン・ショッテンハイマーのプレーコールが良かった。強みのランをガンガンコールして印象づければ、サンチェスが要所でパスを通してくれました。そして攻撃のバリエーションを増やしてD#に的を絞らせない。

なぜここに来てショッテンハイマーがこのような戦略を立てれるかというと、やはりRB”ショーン・グリーン”が成長したからでしょう。シーズン中はチャンスにファンブルをするという致命的欠点がありましたが、それを修正して、安心してジョーンズと併用して使えるようになった事が大きいです。

ワシントンがシーズンアウトして、ジョーンズの負担を減らすためにパスを増やした試合もありましたが、グリーンの存在によって、遠慮なく思ったとおりのコールができているのだと思います。

GAORAの解説でも言っていましたが、プレーオフを勝ち抜くにはランと守備が強いチームでなければならないとの事。となればランと守備がリーグ1位のJETSがこのままスーパーボウルを制覇する可能性が大いにあります。

とは言っても、アウェイで各上のチーム相手に3連勝せねばならない非常に厳しい道。
次のチャージャーズは苦手な相手ですが、ベンガルズ戦の勝利から今までよりも希望をもって観戦できそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. LTD より:

    プレーオフ勝利おめでとうございます。正直CINかなーと思ってましたが、Jetsが勝ちましたねぇ。
    プレーオフでラン+守備が重要なのはこの季節のグランドの状況も大きいのではと思います。特に外で北の方のスタジアムは。もちろん一発勝負なので、ターンオーバーのリスクを減らすという点もあるでしょうね。
    来週のSD戦はどちらかというと温暖ですから、USC出身のサンチェスが本領発揮する必要が出てきそうな気がしますね。もちろんランも非常に重要な要素ですが、ファネカを中心としたOLに加えTJ、グリーンのコンビは頼れる存在ですね。
    4試合を見るのがちょっと大変ですが、アメフトファンとして楽しんでます。

  2. JETS狂 より:

    次週もアウェイでの試合ですが、おっしゃるとおりサンチェスにとっちゃホーム同然なのでサンチェスに高いパフォーマンスを期待できます。(Week7のレイダース戦は0INTだったし。)
    万が一、スーパーボウルに進出したとしても会場は年に2回は試合しているドルフィンスタジアムなので有利。もしかしたら新人HCと新人QBで制覇するという白昼夢を見てしまいます。Σ(・ω・ノ)ノ!

コメントを残す

CAPTCHA


Top