HOME > NEWS > NEWS(2009-2010) > ビルズのHC探し。狙いはJETSのOC”ブライアン・ショッテンハイマー”
2010年1月13日

ビルズのHC探し。狙いはJETSのOC”ブライアン・ショッテンハイマー”

果応報
JETSのHC”レックス・ライアン”は昨年までレイブンズのDC(ディフェンスコーディネーター)。
大改革に失敗した前HC”エリック・マンジーニ”に責任を取らせるためにをクビにして、レイブンズをAFCチャンピオンシップ出場までに導いたライアンの手腕をかって、JETSのHC職を要請したのがJETSのHCとなった経緯です。

そして、今年は逆にJETSのOC(オフェンスコーディネーター)の”ブライアン・ショッテンハイマー”がビルズの次期HCの有力候補となってきました。

[SPONSORED LINK]


▼OC”ブライアン・ショッテンハイマー(Brian Schottenheimer)”とは?
現JETSのOC”ブライアン・ショッテンハイマー”とはNFLの名HCだった”マーティー・ショッテンハイマー(Marty Schottenheimer)”の息子です。

“マーティー・ショッテンハイマー”は1984年よりブラウンズ、1989年よりチーフス、1999年にESPN解説者となり2001年にレッドスキンズ、2002年から2007年2月までチャージャーズのHCとして活躍。

計21年間HCに就き、通算200勝126敗1分と見事な成績を記録。2006年チャージャーズでレギュラーシーズン14勝2敗をマークするも、プレーオ
フ初戦で敗れた後で解任され、現在はNFLから離れています。
レギュラーシーズンでは高勝率を誇る”マーティー・ショッテンハイマー”ですが、大一番では結果を残せておらず、プレ ーオフでは通算5勝13敗に終わっています。

で、その顔の似てない息子”ブライアン・ショッテンハイマー”は元フロリダ大のバックアップQBでスポーツマネージメントの学士を取って卒業。アシスタトコーチを経て、2001年にレッドスキンズのQBコーチに就任。2002年はチャージャーズのQBコーチに就任し”ドリュー・ブリーズ”を育てました。

2006年からJETSのQBコーチに就任するやいなや当時QB”チャド・ペニントン”はキャリアハイのパス3352yd獲得しJETSをプレーオフに導きます。その後オフェンスコーディネーターに昇格し、今に至ります。
2008年シーズン終了後、マンジーニの後任HCの候補の中にいましたが、結局は実績のある”レックス・ライアン”が新HCに就任しました。

▼ビルズが”ブライアン・ショッテンハイマー”との面談を要請
ビルズは11月にHC”ジョーロン”をクビにして、これまで後任の候補に元スティーラーズの名将”ビル・カウアー”やブロンコスの”マイク・シャナハン”(レッドスキンズHCに就任)などいろいろ名前が上がっており、ショッテンハイマーの名前は候補者リストのオマケみたいなものでした。

しかし、ここ最近の活躍ぶりに注目が集まり、とうとうビルズがJETSにショッテンハイマーとの面談の許可を取ろうとしているのが今回のニュースです。

キャリアアップのためにシーズン終了後にHC職に要請されれば、断る事はないでしょう。
しかもライバルのビルズというのがやっかいな話。来シーズンはライアン vs ショッテンハイマーというシーズンになってしまうのか?

▼P”スティーブン・ウェザーフォード”は不整脈
ベンガルズ戦でP”スティーブン・ウェザーフォード”は黒のウィンドブレーカーを履いてサイドラインにいて、K”ジェイ・フィーリー”がキックもパントもこなしてベンガルズに勝利しました。

なぜウェザーフォードがパントを蹴れなかったのかというと、彼は不整脈で試合前の練習中に鼓動が早くなり、パントできない状況に陥っていたからです。

試合前の練習で鼓動が早くなって気分が悪くなり、試合直前になっても回復せず。HC”レックス・ライアン”に話をして、ライアンはフィーリーにパンターとしても出場できるか要請しました。
フィーリーはそれを承諾し、ベンガルズに気づかれないように2,3回パントの練習をしたようですが、ベンガルズのキッカーにバレてパンター不在の状況は筒抜けだったようでうす。

そしてプロ9年目にして初めて試合でパントしたフィーリーは飛距離は伸びないものの、パント7回で平均飛距離31,4ydを記録し、その役割を十分にこなしました。マジですごい選手です。

ちなみに昨シーズンのWeek1、ドルフィンズ戦は全く逆で当時K”マイク・ニュージェント”がキックをミスって自爆して負傷し、キッカー不在で戦う事態になった事がありました。
この時のP”ベン・グレアム”はキッカーを務めず、サイドラインでQB”ケレン・クレメンス”がキックの練習をしていた光景を思い出します。[参考:Week1:vs ドルフィンズ]
(結局、キックオフはグレアムのゴロキック、エクストラポイントは無理やり蹴らして、なんとか勝ちました)

[追記]
チャージャーズ戦にはドクターの許可も出て、出場できるそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. B.C. より:

    ショッティ本人は「あと5,6年ジェッツにいたい」みたいなこと言ってるらしいです。どこまで本気か分かりませんが。
    昨年か一昨年にもどこかのチームのHCのインタビューを受けましたが残留しているので、今回も残留の可能性は十分あると思います。今ビルズのHCになるのは貧乏くじひくようなもんだと言われてますし。(ビルズファンの方ごめんなさい)
    ウェザフォード(orウェザーランド by NFL JAPAN)の復帰は朗報ですが、念のためバックアップ用意しとかなくて大丈夫ですかねー。
    先週のフィーリーは急造にしては十分よくやったと思いますが、やはり飛距離もハングタイムもかなり短いです。SD相手にあれでは絶対に通用しないでしょう。
    心配です。

  2. JETS狂 より:

    残留してくれるならありがたいです。コーチ陣ではショッテンハイマーとスペシャルチームのウェストホフはお気に入りなので。
    たしかにビルズの荒れた状況と謙虚っぽいのでもうちょっとJETSで勉強する気があるようにも見えるので大丈夫そうですね。(大都会ニューヨークだし、来年から新スタジアムと残留のメリットはいっぱいありますしね。)
    まぁ、本人の問題なので、あっさり寝返ることも覚悟しておりますw。
    SDといえば鬼パンターのサイファースがいるので、代役パンターでは厳しい。勝つにはウェザーフォード出場は必須です。
    しっかしNFL JAPANはなぜ途中でウェザーランドなの??
    http://www.nfljapan.com/headlines/11883.html

コメントを残す

CAPTCHA


Top