HOME > NEWS > NEWS(2010-2011) > JETS:RB”ラダニアン・トムリンソン”、JETSと2年契約
2010年3月15日

JETS:RB”ラダニアン・トムリンソン”、JETSと2年契約

NFLイメージ ばり接待の成果
近年のJETSのオフはファーブをとったり、サンチェスをトレードアップで取ったりと予想外の事をやってくれますが、今年もやってしまいました。

チャージャーズからリリースされたNFL史に残る名RB”ラダニアン・トムリンソン”と2年契約です。

バイキングスを訪問した後でのJETSとの会談だったのですが、JETSは交渉当日に夜にはサンディエゴに帰るハズだったトムリンソンの予定を延期させて、一晩中トムリンソンと会談しました。そのねばりが実ったようです。

[SPONSORED LINK]


▼RB”ラダニアン・トムリンソン”(LaDainian Tomlinson)
トムリンソンは1シーズン最多31TDなど、数々のNFL記録を塗り替えてきたチャージャーズの名RB。
デビュー時期や素顔が見えないアイシールドとNoなどから「アイシールド21」のモデルとも言われています。[詳しくはウィキペディアで]

しかしながら、プレーオフでは負傷などに悩まされSBにも出場すらしたことがありません。
そして漫画は年を取らないが、現実では年齢とともに成績を落として9年間在籍したチャージャーズからリリースされました。

▼JETS入りまでの経緯
はじめに獲得に動いたのがバイキングス。トムリンソンは先週の木曜にミネソタを訪問し、好感触で会談を終えました。ところがどっこい、バイキングス訪問直後に「次はJETSを訪問する」というニュースが飛び出し、JETSファンはビックリ。何しろ、約500万ドルの損失を防ぐために、身を削ってJETSに貢献したRB”トーマス・ジョーンズ”を切ったばかりですから。トムリンソンが成績を落としたといっても、そんなに安い買い物ではありません。

そしてJETSとトムリンソンの会談は当初予定していたスケジュールを延長して一晩中行われ、トムリンソンは翌日にサンディエゴに帰宅。アナリストはイーグルスとセインツも訪問して、来週に結果が出ると予想していました。しかし、その翌日にとある情報筋からJETS入団の情報が出て、そしてエージェントから本当であるという確証を得たそうです。

▼肝心のお値段は?
契約は2年。はっきりした金額は不明ですが、米ヤフースポーツはジョーンズを切った理由となる金額から考えると520万ドル~580万ドルぐらいと予想しています。

▼JETSに来た理由は?
これも現在のところ分かりませんが、私が思うに先にCB”アントニオ・クロマティ”がJETSへの入団が決まっていた事と、チャージャーズ時代にQBコーチをしていたOC”ブライアン・ショッテンハイマー”がJETSにいる事が大きいと思います。未経験の初移籍で理解者が回りにいるのといないのとでは精神的に全く違うでしょう。

16年間もパッカーズにいた”ブレット・ファーブ”がJETSに来たときも、長年パッカーズで共にプレーしてきたTE”バッバ・フランクス”が先にJETSに入団していた事が大きな支えになったと言っていました。
まぁその辺は本人から正式に発表されると思いますが。

▼トムリンソンの立ち位置は?
先発は昨年ドラフトで獲得したRB”ショーン・グリーン”、2番手にRB”レオン・ワシントン”ときて3rdDown用になると予想されますが、トムリンソン自身は前からその扱いに関しては承諾しています。しかしトムリンソンはレシーブも上手く、ワシントンはリターナー兼用ですので出番は多いと思います。それにテクニックと経験が豊富なので、グリーンとワシントンのスキルアップにもつながるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ぷんじん より:

    ほんとに来ちゃいましたねえ、驚いてしまいました。
    ピーターソンのバックアップよりグリーンのバックアップの方が出場機会が多くなると言う計算もあったんでしょうか。
    …T・Jの代わりにL・T…ワシントンが戻ってきて、グリーンが延びればランオフェンスは昨シーズン並みに維持出来ると考えていいんでしょうかねえ?

  2. JETS狂 より:

    JETSに決めた理由に出場機会に加えて、ランの破壊力をUPさせるOLとFBの存在が魅力的だったという見方もできますね。JETSのOLが力でトムリンソンが息を吹き返す可能性もあります。
    ランオフェンスが昨年ほど出るかはフタを開けてみないと分かりませんが、楽しみではあります。( ̄∀ ̄)

  3. Let's Go Pats! より:

    LT、ジェッツのOLで復活する可能性ありますよねー。彼の全盛期に全く止められなかった印象のあるパッツファンとしてはいやなニュースです(涙)。

  4. JETS狂 より:

    JETSのOLはFAなしで昨シーズンのメンツがそのまま残りますから、トムリンソンの爆発もありえます!。今シーズンこそ総力を上げてパッツの上に行きたいところですね~。早くも開幕が楽しみだ( ̄▽ ̄)=3

  5. Liger より:

    いやぁ凄い、おめでとうございます。ウチとしても、幾ら衰えたりとは云えMINに行かれてAD/LTでタンデム組まれたら豪いことになるトコでしたので正直ホッとしてます、感謝デス。
    新メドウランズ開場で、JもGも今年は特に気合入ってるんでしょうが、それにしても金払いでも注目度でも、やっぱNYのチームは選手を惹き付ける力が違いますねぇ(本当にNY州に在るチームはBUFなんですけどネ)。
    シェフターによれば$5.1Mで出来高払いで最大$5.6Mとのことですが、LTくらいになると金額云々よりも「兎に角あの悪趣味なゴツイ指輪を手に入れてキャリアを終えたい」と云うのが一番の願望でしょう。
    それに2本目3本目での起用は最初から承知の上みたいですから、やっぱりJETSを選んだ一番の理由は、彼の眼から見てMINよりも(恐らくPHIやNOよりも)NYJがSB王者に近いと判断したからなんでしょう。
    あと強力ラインも理由の一つらしいですが、その話題が出る度、ウッディーがその一角を担っているのがナントモ悔しい限りですゥ。ウチに居た時ゃ体重オーバーで騒がれることのほうが多かったのに~(笑)。

  6. JETS狂 より:

    この金額ならT.Jを抜かなくてもいいんじゃなかったのか?って思うんですけど、切っちゃったものは仕方ないし面白くなったのでヨシとしますw。
    記事書いた後で気づいたんですけど、やっぱりキャリアに一花咲かせるために必要なOLが一番の魅力だったのかなと思います。あとリーディングラッシャー請負人のFB”トニー・リチャードソン”もいますしね。
    そしてバイキングスはファーブの進退問題で不安定ですし。もしもファーブ抜けたら昨年のJETSと同じくドラフトで強引なトレードアップしかけてQB取りにいきそうな予感がします。
    ウッディはマンジーニと仲良しだから契約期間中にも関わらずリスクを犯してまでライオンズから来たのにマンジーニが直ぐに切られて心中複雑だったでしょうね。しかし結果的に正解だったようで、今シーズンもDLを押しまくってもらいましょ。

  7. 滑稽本 より:

    この補強は良いと思いますけど、金額的には前のRBをカットする必要あったのかなという金額な気がしますね(苦笑
    結局、NFLって努力するしない、研究するしない、問題行動を起こす起こさないという点を除けば、どう足掻いても届かない超1流とタダの1流と場違いな2流の集まりなんですから、普通に考えて、並の1流所がレギュラーになれるかどうかは自分に合うコーチやチームメイトやシステムに出会えたか否かがスターになれるか否かのほぼ全てを握っている気がしますね。
    システムがどうとかプレイがこうとか言う以前に、結局人間同士の相性の問題が如実に影響しますから、面談っていうより赤提灯で一杯引っ掛ける方が余程有意義な面接になる気がするなぁ(笑

コメントを残す

CAPTCHA


Top