HOME > NEWS > NEWS(2018-2019) > 【2018-2019:Week06】vs インディアナポリス・コルツ
2018年10月16日

【2018-2019:Week06】vs インディアナポリス・コルツ

勝利の半分はFGで出来てます

ブロンコスに勝利し、連勝を狙う次の相手はコルツ。

コルツはQB”アンドリュー・ラック”が復帰するも、その他主力に負傷者が続出し、低迷中です。

しかし、10年に1人の天才と呼ばれたラックが相手だけに油断はできないことは間違いありません。

そして、先週はランのおかげで勝てたダーノルドの真価を問われる試合でもあります。

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

ハイライト:Youtube

GAME CENTER(NFL.com)

  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
コルツ 7 6 7 14 34
ジェッツ 10 13 10 9 42

オフェンス

予想通り42点と大量得点の勝利でしたが、なんと半分がFGでの得点です。

それでも毎回FGレンジに進めるQB#14″サム・ダーノルド”は、さすがドラフト全体3位(モックだと1位)のQBの威厳を見せて、この試合でのスタッツはパス24/30回280yd獲得、2TD、1INT。

1INTはWR#11″ロビー・アンダーソン”へのロングパスがパスラッシュによりショートしました。INT1本ぐらいは許容範囲だったので、問題なし。

 

エースWR#81″クインシー・エヌンワ”が序盤にファンブルロストし、さらに右足首を負傷して第2Q以降はフィールドに出ませんでした。

その代わりにレシーブしまくったのが、WR#10″ジャーメイン・カース”。9レシーブ94ydと、3rdDownでレシーブし1stDownの更新に大きく貢献しました。

 

WR#11″ロビー・アンダーソン”も良かったですが、先週はTDパス1本しかとらなかったWR#16″テレル・プライアー”が5レシーブ57yd獲得1TDと活躍。

プライアーとクロウェルといい、パッツへ移籍したWR”ジョシュ・ゴードン”といい、元ブラウンズは優秀です。

 

ここ数年 影が薄すぎるTE陣も、復帰したTE#85″ニール・スターリング”とルーキーTE#89″クリス・ハーンドン”が活躍し、しかもハーンドーンがTDパスをレシーブする嬉しい誤算がありました。

 

予想はしてましたが、前回勝利に導いたRB#20″アイゼイア・クロウェル”のランは負傷を推しての出場だったので、抜けたのは1回ぐらいでラン40ydと低迷。RB#29″ビラル・パウェル”が59ydを獲得し、両方合わせてランをほぼ100yd稼げたのでボチボチだったかと。

 

OLは前回よりランブロックできなかったものの、被サック2回とダーノルドを支えました。3連敗中はダメ出しばかりだったOLの成長が勝因と言っても過言ではないでしょう。

 

今回はランでもD#でもなく、初めてダーノルドのおかげで勝利したと言える内容です。

FGを7本も蹴るハメになる決定力無さ(というか、レッドゾーンの3rdDownショートが、だいたいランのプレーコールが弱気すぎ)が気になるものの、ほぼ毎回FGレンジに入れるドライブを演出できるところに安定性が伺えます。

おまけ:サム・ダーノルドのハイライト

ディフェンス

最後に緩く守ったとはいえ、CB#22″トラメイン・ジョンソン”とDB#41″バスター・スクライン”の先発クラスのCBが二人も不在だった不安要素が露呈して、34点も取られちゃったD#。

コルツのファーストシリーズにCB#21″モーリス・クレイボーン”がPICK6して、このまま圧勝かと思いきや次のO#ではコルツQB#12″アンドリュー・ラック”にミドル以上のパスをガンガンに決められてTDを許し、第2Qは両者ターンオーバー合戦で、どっちにモメンタムがあるのか分からない展開へ突入。

 

後半からランを出されて苦戦しましたが、SS#33″ジャマール・アダムズ”のファンブルフォースに加え、ILB#54″エイヴリー・ウィリアムソン”とILB#58″ダロン・リー”の新ILBコンビでのINTなど、ターンオーバーを量産できるところに今年のジェッツD#の強さが表れています。

とはいえ、コルツの落球と反則の多さにも助けられたのは否めません。

 

その一方で・・

パスラッシュ!何やっとんじゃい!!!
(屮゜Д゜)屮

ラックにまったく届かず、サック0回はいかがなものか。

DE#92″レオナード・ウィリアムス”は押せてないし、他もOLに押さえられてダメダメ。1回でもラックに届いていれば、もっと楽な試合だったと思います。

スペシャルチーム

7本のFGを決めてフランチャイズレコードを作ってしまったK#02″ジェイソン・マイヤーズ”がこの試合のMVPです。

全て50yd以下のFGだったとはいえ、僅差の展開で7本全て決めてコルツを突き放せた事は、チーム全体の精神的な後押しになりました。

 

先週、パッカーズのKクロスビーがFGを5本外して負けた後だけに、マイヤーズのありがたさが倍増しました。

微妙な正キッカー争いに、マイヤーズが残ったのは懐疑的でしたが、今となっては彼で良かったです。

 

ついでにオンサイドキックをダイレクトで取ったTE#85″ニール・スターリング”もナイス!

総評

この試合はジェッツのスーパーボウル3制覇から50周年とのことで、”ジョー・ネイマス”などジェッツの英雄がセレモニーを行いました。

ジョー・ネイマス

スーパーボウルを制覇してから半世紀・・・、アレ以来ジェッツはスーパーボウルを制覇するどころか、その舞台にも立てていません。

もし私がスーパーボウル3を制覇した直後からこのブログを始めていたら、かなりの大御所ブログになっていたことでしょう。

 

そんな話はさておき、連勝により勝率5割に戻して、首位争いからの脱落はなんとか免れました。

今週はイルカさんが、問題のQB”ブロック・オズワイラー”で調子のいいベアーズをOTの末に撃破し、さらにサンデーナイトではペイトリオッツが無敗チーフスを破ったので、本当にこの試合に勝ってて良かったです。

 

とはいえ、主力を大幅に欠いたコルツ相手に最後まで勝敗が分からない試合をしてしまったのも微妙。まだパッツに勝てる力は無いと思いました。

しかしながら、ダーノルドの成長力は凄まじいので、ペイトリオッツ戦までにはブレイディと渡り合えるぐらいのレベルに到達して、勝利することに期待です。

 

最後にコルツさん、また負傷者出してすみません。
(´д`lll)

今週のセレブレーション

ジェッツ セレブレーション

今日はモーリス・クレイボーンのPICK6によるD#のセレブレーション。

普通に集合して、みんなでポーズを作って記念撮影。

D#のセレブレーションなんて滅多に出来ないので、ここぞとばかりに集まった感じですね。

試合開始直後なのに、全員いい笑顔だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. とみい より:

    連勝気持ち良い!

    やはりある程度の時間を与えればどんどんパスを通せるダーノルドは優秀ですね。OL, QBあっぱれです。
    そして何よりKマイヤーズ。一本でも外してれば勝負は分からなかっただけに全成功はありがたやありがたや。

    ファーストシリーズのターンオーバーはこっちがやるのでも良い説←

    1. JETS狂 より:

      とみいさん>
      これまで最初にターンオーバーしたら勝っていたので、逆に最初にPICK6した時は負けるんじゃないかと思いましたが、見事に勝利。
      これはもう実力です。
      キッカーが信頼できるのも、強みです。
      ここからガンガン連勝を伸ばしていきましょう!

  2. T.Takahashi より:

    御贔屓の大烏は対照的に11サックもふんだくっていましたが、勝てば何でも良いのです

    1. JETS狂 より:

      T.Takahashiさん>
      そのとおり結果が全てで、サック数を競っているのではないので、勝てば何でもよい!
      ・・のですが、OLにはじき返されるパスラッシュをずっと見ていると、もうストレスが尋常じゃないですね。
      それに格闘技も好きなので、サックが欲しいっす!

  3. ツヨシ より:

    TEの活躍は嬉しです。
    TE#86の彼も活躍して欲しいですな~

    1. JETS狂 より:

      ツヨシさん>
      ジェッツのTEって、ダスティン・ケラー以降は存在感がないですから、ここらでTEも育ってほしいですね。
      さすればプレーオフもぐっと近くなるでしょう。
      やっと強いと言えるジェッツになってきました。

  4. ふて猫 より:

    今日はマイヤーズ様々ですね\(^o^)/FGが7/7ですか?正しく神がかり的な活躍ですね。次週も勝って3連勝を目指して欲しいものですね

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      FG7本って、逆に攻めきれないという事の裏返しですが、得点しないよりはマシなので。
      やっとO#もD#もSTも調子が上がってきたので、シーズン前半を勝ち越して終わりたいものです。

  5. よっくもっく より:

    ナイスチームウィンです!バスタースクリーンはともかく。トルメインジョンソンが出ない方がむしろ勝利にちかずくようなきがして、笑ってしまいます。現地ツイッターでは元パッツ、チャンドラージョーンズの獲得案が出てますがどう思いますかね?もういっそうのこと今年のドラフト順位が高くならないことを予想して①巡、3巡ひとつずつ出してピーターソンも売りに出してるらしいので両方獲得できませんかね?来年のドラフトつまらなくなりますが。ラムス同様、サムが安いうちに手を打ちたいです。

    1. JETS狂 より:

      よっくもっくさん>
      トラメイン・ジョンソン、いつのまにやらOUTになってそれで連勝してますから、しばらくお休みしてもらった方がいいかもしれません。
      パスラッシュ等補強したいポジションはありますが、今の若手中心のままの方がバランスが崩れず、良いチームなのかもしれません。
      ムリな獲得はせずに、この調子でチーム全体のレベルが上がる好ましいところです。

  6. ambie より:

    祝連勝!!
    後半どんどんランを出される展開にヒヤヒヤさせられましたが、要所要所で今のJETS D#のストロングポイントであるS とILBがターンオーバーを奪ってくれて勝ちきることができホッとしました。
    カースは今回獲得ヤード数も良かったですが、JETS狂さんも仰っていた3rd downでのセカンドエフォートによる1st down獲得や、他の試合でも良くみる他のWRを活かすブロックなどいぶし銀なプレーに今後も期待したいです。

    1. JETS狂 より:

      ambieさん>
      いやー、勝てて良かったです。とりあえず勝率5割以上をキープしておかないと、後半の直接対決が集中するところで勝負に出れませんので。
      カースはどんどん調子を取り戻してきて、パフォーマンスが上がっています。
      一方で心配なのがエヌンワ。先週からの不調が引っ張って負傷です。
      今後も勝ち続けるには、エヌンワ、カース、プライア―、アンダーソンの4人が揃っていないと難しいと思うので、エヌンワの復活に期待したいところです。

コメントを残す

CAPTCHA


Top