【JETS】ドラフトヒストリー、2000年以後のドラ1を見てみよう。

平均以上によくやった編

次は、まぁドラ1であろう平均レベル以上の人たちです。

11位:WR”サンタナ・モス”(Santana Moss, WR)

・2001年、全体16位

レッドスキンズ臭が強すぎて驚く方もいると思いますが、元はJETSの選手です。

レッドスキンズに行った後も1年だけ謎のトレードで帰ってきた事もありました。(たしか)

私が初めて買ったマッデンNFLで、「モスに投げてりゃ勝てるゲーム」と思わせたぐらい優秀なレシーバーでした。

10位:DE”シェルドン・リチャードソン”(Sheldon Richardson, DE)

・2013年、全体13位

この間、トレードの噂を書いたのですが、そんな彼も近年では優秀レベル。

ルーキー時代にプロボウル選出&新人王の活躍をいたしました。

しかし、現在のJETSにはDTが多すぎて彼は弾きだされそうな状況。これはJETSの下手なドラフト戦略の功罪でしょう。

9位:QB”チャド・ペニントン”(Chad Pennington, QB)

・2000年、全体18位

ご存知、フィールドの貴公子ペニントンが9位にランクイン。

トム・ブレイディがこの年の6巡目でペイトリオッツに獲得され、まさにブレイディにとって倒すべきライバルでしたが、ブレイディはあっという間にスーパーボウルを制覇しちゃって、逆に埋められない差をつけられました。
(この年にドラフトでブレイディより先に獲得され、ブレイディに負けたQB6人を『ブレイディ6』 と呼ぶ)

ペニントンは、肩が無いものの勉強熱心でリーダーシップにあふれた非常にさわやかなQBでしたが、隔年でケガするガラスのような弱さが致命的でした。

 

しかし、2008年にはファーブの電撃移籍の煽りでJETSを解雇され、前年わずか1勝の弱小ドルフィンズに移籍するや否や地区優勝させるという偉業をやってのけました。
(2000年以降、AFC東で優勝したQBはブレイディとペニントンだけというのはトリビア)

8位:LB”ジョナサン・ビルマ”(Jonathan Vilma, LB)

こちらもセインツ臭がバリバリしてますが、元はJETSです。

JETSが3-4D#に移行した時にD#に合わず、ILB”デビット・ハリス”に弾き出される形でセインツにトレードされました。

しかし、セインツで活躍しまくってスーパーボウル制覇に貢献。惜しい選手を出しちまったものだ。

7位:DE”レナード・ウィリアムズ”(Leonard Williams, DE)

・2015年、全体6位

まさか全体6位に落ちるとは思っていなかった逸材で、落ちてきたので思わず取ってしまってDE飽和状態を作ってしまったDE。(JETSの人事が悪いのですが)

2016年シーズンは繰り上がりでプロボウルに選出。堅実な働きをしていますが、欲をいえばもっとサックが欲しいです。

6位:DE”モハメド・ウィルカーソン”(Muhammad Wilkerson, DE)

転機は長期契約を渋った2015年でした。契約最終年の前年に契約延長しなかったら、ようやく本気をだしたのかサックにランストップに活躍しまくり、それが2016年にややこしい契約問題に発展いたしました。

そして、大型契約を結んだ2016年には成績が落ちるという なんとも分かりやすい選手ですが、それでもキーパーソンです。

5位:DE”ショーン・エリス”(Shaun Ellis, DE)

・2000年、全体12位

「あれ?そんなにスゴイ選手だった?」と思ったら2004年と2005年は22.5サックも上げてるのですね。私が知ってるのは晩年の姿のみでした。

エリート編

ダレル・リーヴィス最後はドラフト成功の証、エリートクラスです。

4位:”ジョン・エイブラム”(John Abraham, DE)

・2000年、全体13位

こちらもファルコンズ臭がぬぐえませえんが、JETSがドラフトで獲得した選手です。2006年にドラ1と引き換えにファルコンズにトレードされたんですね。

プロボウルに5回、オールプロに3回も選出され、さすがエリートです。

 

お気づきかと思いますが2000年のドラフトはペニントン、アンソニー・ベクト、エリス、エイブラムと4人もドラ1でPICKしています。なんて贅沢なんだ!

3位:LT”ド・ブリカショー・ファーガソン”(D’Brickashaw Ferguson, OT)

・2006年、全体4位

世間では「LTがめっちゃ重要だよ!」と騒がれた時期、JETSファンにとって大した問題ではありませんでした。ファーガソンがいたから。

何が凄いって2006年から2015年の引退までの10年間の公式戦で、彼が参加しなかったスナップが1回だけです。試合数じゃありません、スナップ回数ですよ!とんでもないタフガイです。

それが2015年に引退し、2016年に代役として仕入れた”ライアン・クレディ”は速攻でケガして今シーズンは契約しませんでした。

そういえば、LT。どうするよ?

2位:C”ニック・マンゴールド”(Nick Mangold, C)

・2006年、全体29位

まさにこの間 解雇されたマンゴールドが2位。3位のファーガソンと並ぶJETSのOL不動のコンビでした。まだチームは決まっていませんが、現役続行の意思を表示しています。

 

プロボウルに7回、オールプロに2回選出され、AFCを代表するCであり、JETSは彼のおかげでほぼ正面からはサックされない恩恵を預かっていました。

ヨソのチームでも頑張ってね。

1位:CB”ダレル・リーヴィス”(Darrelle Revis,CB)

・2007位、全体14位

堂々の1位もこの間 解雇されたばかりのCB”ダレル・リーヴィス”です。プロボウル7回、オールプロ4回、最優秀D#選手1回 と文句なしのエリートです。

1年だけ所属したペイトリオッツではスーパーボウル制覇にも貢献しました。

 

近年は足の衰えが隠せませんが、「リーヴィスアイランド」という言葉を生んだ絶頂期の超人ぶりは無視できません。

彼もチームは決まっていませんが、現時点で引退はしておりません。

総評

やっぱりDEが多いですね。そしてWRとRBをドラ1で採っていません。ドラ1で採ったWRで思い出すのは悪名高き”キーション・ジョンソン”ぐらいでしょうか。

 

以前の記事で「2017年のドラ1、JETSはTEを採る」と書いたのですけど、改めて考えるとLTが死んでますね。TEはいなくても成り立つし、LTの方が重要でしょう。

なんにせよ、今度のドラフトでは10年間は一線で活躍できる選手を引いてほしいものです。

  1. カート小判 より:

    堅守のNYJなのに意外とD#選手のバストが多いことに驚きました。‬

    あと他チームの選手として認識してた人が多いこと!脂の乗った時期に惜しげもなく放出してるということでしょうか。

    1. JETS狂 より:

      カート小判さん>
      2000年~2010年の間で獲得したエリート級が昨年と今年で一気に解雇にされて、今シーズンはリセット状態で、暗黒時代突入の予感がしております。
      本当にジョナサン・ビルマをセインツにトレードした時は「頭がおかしいのか?」と思いましたが、彼にとってはそれが最高の転機となりましたね。
      実はドラ1よりもドラ2のBUSTの方が酷いです。ジーノ・スミス、ジェイス・アマロ、スティーブン、ヒル、デビン・スミス、デクスター・マクドゥーグル・・古いところでケレン・クレメンス(SDでバックアップQBしてますが)。
      近年のJETSのGMの目はおそらく節穴なのでしょう。

      1. 匿名 より:

        デクスターはドラ3だと・・・
        という事は、ドラ1・ドラ2・ドラ3・ドラ4・・・ BUSTばかり?
        レックス・ライアン時代が特に酷かったような印象があります。
        変なコネQBを指名したり、WRはことごとくダメだったり(エヌンワ以外)・・・

        現GMは、ドラフト下位指名やドラフト外からの選手集めの点で、前GM・前々GMよりは少しマシなような気がきますが、今ドラフト上位指名での節穴炸裂がないようにただ祈るばかりです。

        1. JETS狂 より:

          匿名さん>
          デクスター3巡でしたか。期待だったあまり記憶違いしてました。
          ライアンの息子の友達だったコネQBとかマニアックな点をつくところを見ると、匿名さんもなかなかなのJETS狂ですね。
          本当に今回はチームをリセットしての1発目のドラフトだけに、大当たりを引くことを祈っています!

  2. NYJ より:

    懐かしいです!
    キーションと、ベルチックをトレードして、一気に4つのピックがあったんですよね!
    まだ、GMにビルパーセルズが!
    私はGMや球団社長などのエグゼクティブが重要だと思ってまして。
    当時はビルポリアンやジョンバトラーとかいましたねー!
    うん!
    私も、ドラフトは、LTだと思うなあ。

  3. davout より:

    半数はスタータークラスになったわけですね。これはどう見るべきなんでしょう?案外”打率”よい部類かも…?もっとも、ファンとしては1巡指名選手はスターターになって当然と期待するわけですが。それにしても失礼ながら、他の方も言っていますがヨソのチームに移ってから活躍の目立った選手が多いですね…ジョナサン・ビルマやサンタナ・モスが元JETSだったなんて恥ずかしながら初めて知りました、ハイ。

    うまくいってないときとはそういうものなのでしょうね。かのディオン・サンダースやブレット・ファーブがどのチームにドラフト指名されたか、即答できる人は意外と少ないのかも知れません。ドラフトでは選手の真の実力を見極めることもですが、いかに自チームと相性が良いか、これを評価するのが一番大事で、かつ難しいことなのではないでしょうか。

    1. JETS狂 より:

      davoutさん>
      不振の原因はドラ1のみならず、ドラ1~ドラ3 まで全く育たない事が原因かもしれません。
      今、頑張ってるDBやWRの選手って、他からの獲得とプライアーを除くとドラ4以下やドラフト外とかばかり、ドラフト上位で撮った選手は次々と消えましたから。
      今回こそインパクトのあるドラ1を引き当ててくれることを願ってます。

  4. Martin28 より:

    今日はジェッツ狂様。久し振りに拝見しました。
    キーションドラフトは懐かしいですね。
    前年がスーパーボウル最有力候補からテスタバーディの開幕戦でのシーズンエンドで地区最下位。パーセルズがGMに退いてベリチェックの1日HCと色々と混乱が続いた時期でした。
    当時は弱かったパッツと最下位争いが予想された中、一巡4人だけでなく三巡WRコールズも活躍もあり、マイアミ相手の奇跡の大逆転などを演じながらプレイオフまであと一歩の9勝7敗だったのを記憶してます。
    タンパはオフェンス力をつけ、ジェッツは多くの指名権でチーム力を上げ、ドラフトの指名権のトレードでお互いウィンウィンになったいい例だと思います。
    あの年のジェッツは地力なかったですけどキーションの穴を埋めるためにRBマーティンやFBのアンダーソンがWRをやったり、まだ三番手QBのペニントンがタオルを振り回してベンチを鼓舞したり、チーム一丸って感じの伝わるいいチームでした。
    前年のシーズンといいそんな地力はないけど何かやってくれそうな雰囲気がジェッツのファンになった理由です。
    ちなみにピッツで活躍したLBジェームズファリアーも元ジェッツのドラフト一巡です。

    1. JETS狂 より:

      Martin28さん>
      詳しいお話、ありがとうございます。コールズは同年の3巡だったんですね。彼も素晴らしいWRでした。
      本当にパッツはベリチック&ブレイディが入っただけで 2000年以前と2000年以降は別のチームですね。
      JETSにもそんなHCとQBが来てくれる事を祈るのみです。

コメントを残す

CAPTCHA