JETS:2009年度主力プレイヤー(攻撃編)

NFLイメージ
イトのコンセプトは忘れずに
初心者にも易しいサイト作りのため、今年もJETSの主力メンバーをおさらいしておきましょう。
まずはオフェンス編です。

[SPONSORED LINK]


QB(クォーターバック)

NFLイメージ
▼#06:マーク・サンチェス(Mark Sanchez)
身長/体重:188cm/102Kg
生年月日:1986年11月11日
大学:USC(南カルフォニア大)
メモ:天性のQB

今年のドラフトではライオンズが全体1位で獲得したQB”マシュー・スタッフォード”に並ぶ目玉であったQB。

USCでの実績は1年間16試合先発しかないものの
パス3,207yd、34TDという成績。うち13試合で2回以上TDパスを決める安定した実力があり、 USCを今年のローズボウル優勝に導きMVPを獲得。

ドラフトではブラウンズの全体5位指名権を1巡目(17)、2巡目(52)、QB”ブレット・ラトリフ”、DE”ケニオン・コールマン”、S”エイブラム・イーラム”と交換にトレードアップし獲得した。
プレシーズンでJETS4年目のQB”ケレン・クレメンス”に先発争いに文句無く勝利して、今シーズンからJETSを先発QBに就任。

広い視野と正確なパスが武器で、かつ窮地に追い込まれても落ち着いており、勝負をしかける度胸もある。それ以上に天性のリーダーシップを持っており、自然と周りを引っ張る。QBに必要な才能を全て兼ね備えており、非常に期待できる逸材です。

NFLイメージ
▼#11:ケレン・クレメンス(Kellen Clemens)
身長/体重:188cm/100Kg
生年月日:1983年06月07日
メモ:哀れ!クレメンス!!(T0T)

2006年ドラフト2位で入団。2007シーズンはチャドの負傷により、7試合先発を努め2008シーズンはプレシーズン直前に念願の先発登録。
とうとう時代が来たと思った矢先にブレット・ファーブの電撃移籍により再び2rdQBに戻される。

そして2009シーズンはドラフト1巡で獲得したルーキーQB”マーク・サンチェス”と先発争いをするも敗れて今シーズンも2rdQBを務める。強肩がウリで入団したのだが、本当にそれしか無く、実力は平凡なQB以下のようだ。

そしてJETSは開幕直前にラムズとトレードで元ペイトリオッツの2rdQB”ケビン・オコネル”を獲得。おそらくクレメンスは契約が切れる今シーズン終了と同時にカットされるだろう。


★RB(ランニングバック)
イメージ▼#20:トーマス・ジョーンズ (Thomas Jones)
身長/体重:178cm/96Kg
生年月日:1978年08月19日
メモ:人間削岩機

元ベアーズのエースRBで2007年にトレードにより獲得。
テクニックよりも突進力で中央を突破するタイプ。
2005年は1335yd、2006年は1210ydと好成績なのでJETSのラン強化に期待されたが2007シーズンはラインの弱体化もあいまって期待どうりの活躍とはならなかった。

しかし2008シーズンはOLの強化とFB”トニー・リチャードソン”の加入により大幅に成績を伸ばして、1312ydを獲得しプロボウルに選出された。

イメージ▼#29:レオン・ワシントン (Leon Washington)
身長/体重:173cm/92Kg
生年月日:1982年8月29日
メモ:光速のランニングバック

ジョーンズと対照的にスピードタイプのRB。超加速に加えて、巧みなチェンジオブペースと1対1なら抜いてしまう恐るべき光速ステップを操る。
リターナーも努めスペシャルチームのキャプテンでもある。

現役ではベアーズのWR”デビン・へスター”の次にキック・オフ・リターン タッチダウンが多い選手であり、他のチームにとっては脅威である。
貴重な逸材であるがルーキイヤーの最後の今年、現時点で契約の更新にもめており、来シーズンはJETSにいないかもしれない。


★FB(フルバック)


イメージ▼#49:トニー・リチャードソン (Tony Richardson)
身長/体重:185cm/108Kg
生年月日:1971年12月17日
メモ:リーディングラッシャー請負人

昨シーズンにバイキングスから移籍したプロ13年プロボウル3回のベテランFB
近代フットボールにおいて絶滅危惧種と言われているポジションだが、その役割はバイキングスのルーキーRB”エイドリアン・ピーターソン”の新人王獲得に貢献した。

実際に昨シーズンはピーターソンの獲得ヤード数は落ちて、ジョーンズの成績は大幅に上がったことから、その存在は無視できない。今年も1年契約を更新して、RBの盾となり走行ルートを切り開く。


★WR(ワイドレシーバー)

イメージ▼#89:ジェリコ・コッチェリー (Jerricho Cotchery)
身長/体重:183cm/94Kg
生年月日:1982年6月16日

今シーズンから主力WR”ラヴァニアス・コールズ”がベンガルズに移籍したため、1stWRに昇格。
足は遅いのだがフィジカルとパスルートを忠実に走る特性を持っている。昨シーズンのファーブ移籍後から才能が開花し、リードボールにバッチリ合わせて成績を伸ばす。

NFLイメージ
▼#17:ブレイロン・エドワーズ(Braylon Edwards)
身長/体重:191cm/98Kg
生年月日:1983年02月21日
メモ:Week4終了後にブラウンズよりトレードで獲得

2005年ドラフト全体3位でブラウンズが獲得。ブラウンズの主力WRとして活躍し、2007年にキャリアハイの80レシーブ、1289yd獲得、16TDという成績を残すが、2009年は不振に陥る。
Week4終了直後にJETSへ2010年のドラフト3巡と5巡、WR”チャンシー・スタッキー”とLB”ジェイソン・トラスニック”を条件にトレードで獲得。
移籍した直後のWeek5では得点につながるロングパスを捕球し、TDを決めるなど活躍を見せて今後にも非常に期待できる。


★TE(タイトエンド)


イメージ▼#81:ダスティン・ケラー(Dustin Keller)
身長/体重:188cm/112Kg
生年月日:1984年9月25日
メモ:JETS版”ウェス・ウェルカー”(ポジション違うけど)

2008ドラフトで予想外のトレードアップで1巡30番目に獲得。
高い運動能力とパスキャッチ能力に秀でており、3rdDownの窮地にショートパスを確実に捕球し、1stDownを更新してくれるありがたい存在。もはやJETSに無くてはならぬ選手である。
ブロック能力に難があるが、そんなの関係ねぇ。


★OL(オフェンスライン)


イメージ▼#66:アラン・ファニカ(Alan Faneca) / G(ガード)
身長/体重:196cm/139Kg
生年月日:1976年12月7日

スティーラーズにてプロボウル7度選出のベテランG。
2008年にOL最高額の5年総額4,000万ドル(約41億6,000万円)で獲得。
今年もジョーンズのランとサンチェスの守りに大きな力となる。

イメージ▼#67:ダミアン・ウッディ (Damien Woody) / T(タックル)
身長/体重:191cm/116Kg
生年月日:1977年11月3日

1999年にペイトリオッツ入団しほとんどセンターとして76ゲーム出場。ペイトリオッツのスーパーボウル制覇に2回貢献する実力者。

 しかし2004年に膝の故障が原因でペイトリオッツを離れ、ライオンズに移籍し6年契約を結ぶが、JETSへの移籍を大きく希望し契約を途中破棄。250万ドルの損失というリスクを背負いながらも2008年にJETSへ移籍。
前HC”エリック・マンジーニ”とペイトリオッツ時代から仲が良かったのでJETSに来たのだが、今の彼の心中はいかに・・・・

NFLイメージ
▼#74:ニック・マンゴールド(Nick Mangold) / C(センター)
身長/体重:193cm/138Kg
生年月日:1984年01月13日

2006年ドラフト1巡(全体26位)で獲得。
昔はスナップカウントを間違えたりするヘマをやらかしていたが、昨年はミス無く堅実な活躍で、プロボウルに選出される。
 


☆移籍
イメージ#4QB:ブレット・ファーブ(Brett Favre)
身長/体重:188cm/101Kg
生年月日:1969年10月10日
移籍先:ミネソタ・バイキングス

いわずと知れたプロ生活18年の生ける伝説。
パッカーズを16年間引っ張り、2007シーズンのNFC決勝のジャイアンツ戦にてオーバータイムにインターセプトをきっかけに逆転負けを喫した。そのショックのせいかフットボールへの情熱が無くなり2008年3月に引退を発表。

しかし、同年7月に突如の復帰宣言。これがNFL全体を巻き込んだ騒動に発展する。
一時はパッカーズに復帰し元サヤに収まるかと思ったら、直ぐにパッカーズと交渉が決裂。次の移籍先にJETSが決まり、プレシーズン直前に電撃移籍。

JETSではインターセプトされまくるもののカーディナルス戦で6TDパスを決めたり、それまで無敗だったタイタンズを破り、更に近年勝ちの無かったライバルのペイトリオッツを破るなどチームは大躍進し、シーズン半ばでJETSはAFC東単独首位に躍り出る。
しかしシーズン後半からファーブは右腕のケガを隠しながらプレーを続けたため、チームは失速しプレーオフ進出を逃す事となる。

シーズン終了後、引退を発表しJETSを退団するも次はバイキングスへの移籍騒動に発展。
しかし長い期間考えた結果、ファーブは「もう復帰はしない」と発表する。
だがしかし!今年のプレシーズン1週目の後にこれまでの経緯を無にする突如の電撃復帰。今シーズンはバイキングスで連続先発出場記録を伸ばし続ける事と成る。

イメージ▼#87WR:ラバーニアス・コールズ (Laveranues Coles)
身長/体重:180cm/88Kg
生年月日:1977年12月29日
移籍先:シンシナティ・ベンガルズ

リーグ屈指の快速を誇るWRかつ、心優しい人格者。チームメイトから慕われ、マスコミへの対応も親切である。

旧QB”チャド・ペニントン”(現ドルフィンズ)と大親友で家族ぐるみの付き合いをしていたため昨シーズン、ファーブの移籍によりチャドが電撃解雇となった時はHC”エリック・マンジーニ”に猛抗議。

今シーズンは契約が難航してFAとなり、WR”T.J.フシュマンザーデ”を失ったベンガルズが獲得した。

▼#86TE:クリス・ベイカー (Chris Baker)
イメージ身長/体重:191cm/117Kg
生年月日:1979年11月18日
移籍先:ニューイングランド・ペイトリオッツ

長年JETS一筋のTE。・・・だったがケラーの出現でその存在価値は薄れ、HC”レックス・ライアン”は今年3月5日までにロースターに残っていた場合に支払わなければならない900万ドルをケチって解雇。
そしてライバルチームのペイトリオッツと契約し、今シーズンはやっかいな敵となる。

NFLイメージ
▼#83:チャンシー・スタッキー(Chansi Stuckey)
身長/体重:183cm/89Kg
生年月日:1983年10月04日
メモ:ドラフト7巡から成り上がり
移籍先:クリーブランド・ブラウンズ

2007年ドラフト7巡目でPicされ、誰も期待していなかったのに”ブラッド・スミス”を抜いて先発に成り上がった希少な存在。
昨年のプレシーズンでファーブから3試合連続でTDパスをヒットさせた事から注目されるようになった。
身長も平均的で40yd走は4.5秒と特に特徴が無いのだが、クイックネスとここぞというときにキャッチしてくれる勝負強さがある。

しかし、ベンガルズへ移籍したWR”ラヴァニアス・コールズ”の抜けた穴を埋めるスピードタイプのWRが必要なため、Week4終了直後にブラウンズからWR”ブレイロン・エドワーズ”を獲得するためにトレードに出される。

コメントを残す