Week07:vs ペイトリオッツ

jets crish ivory

jets crish ivory 

これぞグラウンド&パウンド!

5連敗の最悪の状況で、宿敵パッツとの対戦になりました。

弱体化したDBでブレイディを止められるか不安がありますが、やはり問題は停滞するO#。これを改善せねば、まず勝てません。

果たしてJETSの運命は如何に!?

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
ジェッツジェッツ (1-6-0) 6 6 7 6   25
ペイトリオッツペイトリオッツ (5-2-0) 7 10 3 7   27

 

オフェンス

先週まで死んでいたランが出るわ出るわで、RB”クリス・アイボリー”が106yd出し、かつ、トムリンソンばりのダイブでTDを奪う活躍を見せます。

チームのラン合計も218yd!メイヨがいない事もありますが、背水の陣で望んだパッツ相手にOLの気迫が違います。

初めからコレをやれと思ってましたが、もしかしたらシーズンアウトしたLG”ブライアン・ウィンタース”より代わりに入った”オダイ・アボウシ”のほうが、ユニットにハマって良かったのかもしれません。

 

そして私のプレビュー記事に書いたとおり、「やってみなはれ」精神で、RB”ビラル・パウエル”のワイルドキャットも出るわ、オプションプレーも出るわ、とにかくジーノの足の脅威を利用した多彩なプレーを多く出して、パッツD#をかく乱しました。
(アイシールド21みたいに、QBとRBが交錯した瞬間、その地点にボールが落ちてる危ないシーンもありましたが。。)

 

ジーノ自身もシーズン序盤は 走るかと思ったら中途半端なパスを投げて失敗していましたが、今回は足を使ったプレーが多発。特に右へ左へD#をかわして1stDownを取るシーンは華麗でした。

一番大きいのはターンオーバーが無かった事でしょう。なので、途中シーソーゲームになる接戦を繰りひろげる事ができました。

 

やはり致命的なのが決定力のなさ。ほぼ敵陣でプレーしながらも前半は全てFG。第4Qにどうしても決めなければならない2ポイントコンバージョンも失敗。
このチャンスでの弱さだけは変えようが無いです。サンチェスは普段ダメダメでもチャンスには強かったのに。

 

しかしながら、プレーコールにも問題あると思います。2ポイントのシーンなんてRBとOLが調子いいのに、なぜパスしか選択肢が無いエンプティ隊形を取ったのか。
あそこでパスを出すにしてもIフォーメーションや、プレイアクション混ぜてランも警戒させるように仕向ければ、パッツD#の反応も鈍ったのに。

ジーノ自体がウェストコーストオフェンスを得意とするOC”マーティ・モーニングウェグ”と合わないと思います。

  1. HJ より:

    なかなかアツイTNFでした。最後まで楽しめました。
    いやー、しかし本当に最後惜しかったですね。
    あのドライブをあそこまでGinoが持って行けるようになったのは大きな成長かと思いました。

    ただ、最初の3ドライブで一つでもTDとれてたらなあ、と残念ですね。
    確か一番最初のドライブは後4thダウンであと2Yくらい・・・先制されてなければギャンブルだったかもしれませんが、最初のTDが効いてましたね。

    1. JETS狂 より:

      HJさん>
      本当に前半の4FGのうち1つでもTD決めれば、展開が違いましたね。
      これだけタイムポゼッションを握って、ブレイディをサイドラインに釘付けにし、プラン的には当たっており有利なハズなのに敗戦。

      久々に熱い試合でしたが、勝てばもっと熱かっただけに残念です。
      さて、来週から何しましょうかね。

  2. はんぺら より:

    ラスト5秒フォーク様の見せ場きたあぁぁ♪
    と、思ったんですがね。

    いや、惜しかったです。
    この試合の出来ならここまでもっといい成績のはずなのですが。

    1. JETS狂 より:

      はんぺらさん>
      ラストは勝ちパターンに入ったと思ったら、思わぬ障壁がありました。
      長期契約必須の6人のフランチャイズQBと対戦するなんて、ちょっとスケジュールに問題ありましたね。
      今から9連勝して、ギリギリでプレーオフに行くとか妄想するしか楽しみがありません。

  3. ガストン より:

    やっぱり、ライバル決戦は燃えました。

    ライアンHCの進退問題に発展しそうな連敗 プラス ペイトリオッツ戦。

    ジェッツの気迫がビシビシと
    感じられるゲームでした。

    ラストのFGの時は、ニック•フォークなので、あぁ負けたなぁと思ったのですが、ギリギリで逃げきれました。

    やはりライバル対決は燃えますね。

    1. JETS狂 より:

      ガストンさん>
      これこそライバル対決という内容だったのですが、2点差でも100点差でも負けは負け。
      ここで勝てたら、今後も期待できるシーズンだったのですが、残念で仕方ありません。
      来週のビルズ戦はどのようなモチベーションで挑むのか気がかりです。

  4. YM5 より:

    肩は強くないし足も遅い、おまけにフォームも窮屈そうで大きな身体が全く生きてないけど、良くも悪くもコントロールだけはいい。

    なら、そのコントロールを究極なレベルに仕上げよう。

    そして生まれたのが27TD/2INTという有り得ない数字を残したニック・フォールズな訳ですが、4000ヤード、20TD以上、成功率70%という数字に騙されず、ピンストライプボウルの時から怪しいと思っていたジーノとマニュエルを回避してレーン・ジョンソンを指名したのは大正解だったなと思います。

    それにしても、途中から嫌な予感はしていましたが、6連敗もあると思ったら本当に6連敗してしまいこちらも掛ける言葉が見付かりません。(DET戦で負けたのが痛すぎます)

    ファンタジーでアイボリーをクビにしたら大活躍という皮肉には苦笑いしかありませんが、本来のスタイルを取り戻してようやく光が見えて来たと言えない事もないし、負け試合を今のうちにやっておいたと今後に希望を持ちたいところですが、コーチは現実逃避も兼ねてカレッジのスカウティングに重点を置いて来年のドラフト指名候補を調べた方がよっぽど早いような気なします。

    そういう僕もOSUの開幕戦しか今年はまともに見てないので偉そうな事は言えませんが、NFLクラスタの一部で早くも自分のチームからカレッジに向いているツイートを見て、もう白旗チームはカレッジに目を向ける時期かと時の流れを感じています。

    2年前はOSUの快進撃にイーグルス以上に試合を楽しんでいた上に、ビックはもういいからジーノが欲しい、フォールズ相手にも君なら勝てるぞ、とピンストライプボウルを見るまで思っていたのは内緒。

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      そこそこ中堅クラスのJETSが6連敗って信じられませんが、対戦した6チームは中堅以上の実力チームのみなので、これも在りえる結果だったのでしょう。
      イーグルスは好調ですが、カウボーイズも絶好調でNFC東は盛り上がってうらやましいです。

  5. ブーマー より:

    地上肉弾戦重視のO#も良かったです。ラッシュしまくりのD#もよし、
    残りFGで逆転というところまで追い込んだのもJETSの従来の戦いらしかった。けど、負けた。それだけ。次戦もこのパターンなら期待できますね。
    欲を言うと、ジーノがパスターゲットが見つからずスクランブルするシーンがありますが、縦に上がれば確実にゲインが見込めるのに、下がりながら、さらに横に逃げながらというのは、ほとんど機能しませんね。そこがロジャースとの違いですね、って当たり前ですが。ジーノはターゲットを探すのに時間がかかるので、二人ダメなら縦に上がれよw-怪我しても代わりはいるから。
    しかしDB陣はタックルだけはいいよねw

    1. JETS狂 より:

      ブーマーさん>
      DL陣だけはリーグ屈指のメンツと言われてますが、勝てないですね。
      惜敗が続くと、もうジーノ自体が勝ち運を持ってない気がします。
      もはやジーノの代わりを獲得すべくドラ1GETのケツレースに参加してもいい気がしてきました。

コメントを残す