Conference Championships -NFC-:パッカーズ vs シーホークス

Holy shit!!!

NFC カンファレンスチャンピオンシップは順当に第1シードのシーホークスと、第2シードのパッカーズとの頂上決戦に。

スーパーボウルより名勝負が多いチャンピオンシップと言われますが、昨シーズンはシーホークスが49ersと死闘を演じて勝利しました。

だがしかし、今回は死闘を越えるアメージングすぎる内容となりました。

[SPONSORED LINK]

簡単な内容

[引用:NFL JAPAN]※個人的な感想は「総評」で。

現地18日、NFCカンファレンス・チャンピオンシップとなるグリーンベイ・パッカーズ対シアトル・シーホークスの試合が行われ、5ターンオーバーを喫し ながらもシーホークスが16点差をひっくり返し、オーバータイム(OT)の末に28対22で劇的勝利を収めた。これでシーホークスはスーパーボウル連覇ま であと1勝まで迫った。

 シーホークスは試合最初のシリーズで自陣エンドゾーン内にてインターセプトを奪って失点を阻止するも、直後のオフェンスで自陣でのインターセプトを献 上。先制FGを許すと、さらにTDを奪われてしまう。第2Qに入ってFGでリードを広げられると、攻撃陣もクォーターバック(QB)ラッセル・ウィルソン が前半だけで3INTと全く機能せず。0対16と劣勢で試合を折り返すことになる。

 第3Q、シーホークスは敵陣19ヤード地点からFGを狙うと見せかけ、ホルダー役のパンター(P)ジョン・ライアンからタックル(T)ゲイリー・グリア ムに19ヤードTDパスを通すスペシャルプレイ。ようやく初得点を挙げるが、第4Q早々にFGを決められると、残り約5分にウィルソンが4度目のインター セプトを喫してしまう。

 それでもシーホークスは残り約2分にウィルソンが1ヤードTDラン。5点差に迫ると続くオンサイドキックも成功し、残り約1分半にランニングバック (RB)マーション・リンチが24ヤードTDランを決めて逆転。さらに2点コンバージョンも成功して22対19とリードする。

 ここからパッカーズの粘りにあい、土壇場で同点FGを決められたシーホークス。だがOTに持ち込まれると最初の攻撃権を獲得し、最後はウィルソンがワイドレシーバー(WR)ジャーメイン・カースに35ヤードTDパス。プレイオフ史上に残る逆転勝ちを達成した。

 シーホークスは、RBリンチがラン25回157ヤード、1TD、レシーブ26ヤードと活躍。ウィルソンはパス29回中14回成功、209ヤード、 1TD、ラン7回25ヤード、1TDも4INTと大乱調だったが、最後に値千金の決勝パスを通した。また、攻撃陣のたび重なるターンオーバーを受けても デェフェンス陣がここ一番で踏ん張り、FGにとどめた粘りが勝利を呼び込んだ。

 パッカーズはQBアーロン・ロジャースがパス34回中19回成功、178ヤード、1TDも2INT。RBエディ・レイシーは、ラン21回73ヤードを記 録。守備陣は新人セイフティ(S)ハハ・クリントンディックスの2INTなどターンーオ―バーを量産したが、5FGに対して1TDとオフェンスが決定力に 欠け、2010年シーズン以来のスーパーボウル進出を目前で逃してしまった。

スコア&ダイジェスト

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
パッカーズパッカーズ (12-4-0) 13 3 0 6 0 22
シーホークスシーホークス (12-4-0) 0 0 7 15 6 28

次ページへ続く

  1. kazu より:

    すごい試合でしたね。シアトルを応援してましたが、前半は自滅するのではないかと思うくらいパスが出ませんでした。ラスト3分くらいでの逆転ですよ。
    リンチがスクリメージラインをすり抜けてタッチダウンの時は、いつかのブラッドショーのどっこいしょタッチダウンを思い出し、ロジャースの巻き返しが怖かったです。 伝説になる試合ですね。パッカーズにとっては疑惑の判定タッチダウンも、今回のも呪いになるかもしれません。

    最近はNBAもはまってます。ゲームですがNBA2K15にはまり、中継も見るようにしています。だから記事の玉木の気持ちも分かります。私自身マイケルジョーダン世代ですし。

    1. JETS狂 より:

      kazuさん>
      本当に信じられない現象でした。ただ運が良かっただけではなく、シーホークスの圧力がパッカーズの歯車を狂わせた影響もあるでしょう。
      NBAはレブロンが古巣に帰って、ヒートがどうなるか気になる所ですね。
      私、NBAはプレーオフが始まるまでノーチェックな人ですw。

  2. ガストン より:

    すごい試合でしたね。

    パッツファン的にはこの後のコルツ戦もラックと相性がいいので、
    スーパーボウルの対戦相手でも見ておくか?
    ぐらいの気分で見ていました。

    すごい試合でしたね。2ポイントコンバージョンが決まった時には決まったと思いましたけど・・・・。

    現役最強QBロジャースが同点にするドライブを決めた時もまたしびれました

    OTに入った瞬間には、「これ、どっちが勝ってもスーパ―ボウルではパッツの負けじゃないかなぁ」と縁起でもないことが心をよぎるぐらい奇跡の連続でした

    競技は違いますが、こんなに大舞台での逆転劇で思い出すのは
    UEFAチャンピオンズリーグ1999ファイナル マンチェスターユナイテッド対バイエルンミュンヘン とか、 UEFAチャンピオンズリーグ2005ファイナル リバプール対ACミラン ぐらいでしょうか・・・・。

    1. JETS狂 より:

      ガストンさん>
      まさに記憶に残る逆転劇でした。まるでマンガです。
      昨シーズンも楽して勝ってきたブロンコスに対して、シーホークスは死闘を潜り抜けてSBに到達して勝利したので、コルツに楽勝したパッツが心配ですね。
      しかし、パッツは裏技の引き出しを出し惜しみなく見せるので、SBでも新たな切り札を持っている事は間違いないでしょう。
      日が経つにつれ、どんどんスーパーボウルが楽しみになってきました。

  3. ブーマー より:

    皆さんが書かれているように私も感動いたしました。あまりにも凄い試合をライブTV観戦したので高揚して眠れませんでした。そしてPATSvsCOLTSは途中からつまらない試合となってしまったため試合途中で眠りに着けましたwとにかくモメンタムは恐ろしいです。モメンタムを所有しているチームには奇跡を起こさせる自信を植え付け、もう一方のチームには恐怖心を与え、正常にプレーできなくさせてしまう。その典型があのオンサイドキックに集約されていたかのようです。フットボールに於いてアサイメントを無視するということはあり得ないこと。それをトッププロ選手が過ちを犯してしまう。
    ところで負けはしたけどパッカーズのD#戦略はPATSというかベリチックに多大なヒントを与えましたね。常時、SPYを置き、そしてしっかりとコンテイナーに脇を固めさせるとQBスクランブルという選択肢が削られ、なおかつ、ポケットに留めるとウィルソンは背が低いからパスの精度が落ちるんですね。だから結局、リンチのランケアにフォーカスし易い。しかしまぁ、そんなリンチも後半、ブロックやアサイメント関係なく、凄いTDランを魅せるわけですがwベリチックはウィルソンを恐れているかのようなコメントを出しているが、それは対処法を見切った証拠かもしれない。ま、それでもPATSを応援するわけには行かないのでシーホークスを応援したいと思う。

    1. JETS狂 より:

      ブーマーさん>
      奇跡のようで、実は各プレーにシーホークスからの重圧が効いてますね。
      本当に空気というのは恐ろしいです。
      ウィルソン封じって、パッツがボコボコにしたティーボウ封じに似てますね。あの時もティーボウも、両側から固められて何もできず潰されました。
      しかし、的を絞らせないリンチとのオプションがあるので、ティーボウのように簡単に攻略はできないでしょう。パスの精度も違いますし。
      私もパッツを応援するわけはないので、シーホークス応援です。簡単にモンタナの4回制覇には並ばせませんよ。

コメントを残す