【2016:今週のAFC東】Week09

ビルズ シャーマン キッカー負傷
猛牛vs海鷲

パッツがお休みのWeek09、首位追撃のためにビルズはなんとしても勝たねばなりません。

シーホークスとて、地区首位を守るどころかワイルドカード枠に入るには、全然油断できない状況です。

今週のAFC東はどない?

[SPONSORED LINK]

ビルズ 25-31 シーホークス

JETSを捕食した極北からの刺客、シーホークスが今度はビルズとシアトルで対戦。

ビルズHC”レックス・ライアン”もJETS時代から、シーホークスHC”ピート・キャロル”には負け続けてるので、復讐に燃えてるでしょう。

 

そんな”レックス・ライアン”が繰り出したシーホークス攻略法は、JETSの伝統芸『グラウンド&パウンド』。そう、徹底的なラン攻撃。

この日のために用意してきたのか、ビルズは様々なフォーメーションのランを仕掛けまくり、シーホークスD#を翻弄し、TDを奪う。まさに猛牛!!

しかし、地道なビルズの地上戦とは正反対に、シーホークスはロングパスをポイポイ決めて、すぐにTDを奪い返しちゃう。 まさに鷲!!

 

ビルズは最後、TDを決めたら逆転勝利のドライブにて、敵陣8ydまで進み、シーホークスを追い詰めるも、そこは硬いD#に阻まれて、シーホークス勝利。ビルズは痛い惜敗です。

 

この試合で話題になったのは、シーホークスTE”ジミー・グラハム”が2度もワンハンドキャッチでTDを決めた事。そして、前半ラスト3秒に起こった、シーホークスCB”リチャード・シャーマン”のエゲツナイFGブロックです。

映像でどうぞ。

このエゲツナイプレーはてっきり、「アンネセサリー・ラフネス」や「ラフティング・ザ・キッカー」 などの重罪になるかと思ったら、コールされた反則は「オフサイド」のたった5ydの罰退。 地面に伏せて足を押さえ苦しむK”ダー・カーペンター”をしり目に。

この判定に”レックス・ライアン”は当然として、世界中のファンがキレた。しかし、判定は当然、そのまま。

これで15ydの罰退ならば、FGが成功していたかもしれませんが、この後のゴタゴタでスパイクで時計を止めなければならない上に、カーペンターのダメージが抜けないせいかディレイ・オブ・ザ・ゲームの反則を犯し、結局はオフサイドは無かったも同然の状況となり、FGを外す事になります。
(※ゴタゴタで時計が動いた事は、スタッツによると「Trainer came on to the field to attend to #2. Charged 4th timeout to #2. He has to leave for next play」とあるが、よく分からない。4つ目のタイムアウトを取ろうとしたら時計が動くのか??)

 

当事者シャーマンは、「審判のコールしたとおりじゃね?」と、悪びれる様子もなし。たしかに審判の裁定が全てですが、対戦相手のキッカーの足を負傷させるようなプレーをしておいて、これはないだろ。

“リチャード・シャーマン”、”ダムコング・スー”、”トム・ブレイディ”、彼らを新・三大NFL現役悪人 に認定したいと思います。

  1. Wくれべっと より:

    トレード期限過ぎてるのでは・・・

    1. JETS狂 より:

      Wくれべっとさん>
      言われてみればそんな気が!!いったい、最近のニュースは何なんでしょ。来シーズンの事?

  2. :ちなNE より:

    かこつです!
    ジェッツはラムズ戦。しかもアウェイ。さらに北米大陸の反対側。
    怖いなー。スーパーボウルXLIXの敵とまでにきそうで怖いなー。
    とはいえジレットスタジアムだし(SEAが審判買収していなければ)勝てるはず!!
    ガンバルゾ―ガンバルゾ―ガンバルゾー!(ALAS!何たる禍々しいチャントか!)

    1. JETS狂 より:

      :ちなNEさん>
      アウェイでしたっけ。てっきり羊からこっちにやってくると思ってましたが、また調べときます。
      シーホークスは、SBの再戦ですね。
      まぁ、ジレットなので、問題は審判より空気圧の方ですね。
      パッツが相手なら遠慮なくシーホークスを応援できます。
      P!P!A!P!! パッツ、パッツ、アホー、パッツ!!(JETSチャントの変化版)

      1. :ちなNE より:

        サーセン、見間違いでした。会場はメドウランズでした。
        ホームならエドさんがいる!!チャンスだ!

        しかし今年のラムズは移動距離が半端ないらしいっすね。
        ロンドンゲームもあるし何回も大陸の反対側に行くし。

        ハウシュカのキックするボールの空気圧を抜いておくか……
        あとはシャーマンのおつむの空気圧もついでに。

        ペンパイナッポーアッポーペン。ちなみにお気に入りはインド版。

        1. JETS狂 より:

          :ちなNEさん>
          ラムズは大陸の中央から、端のLAに移籍してから移動は大変になりそうですね。
          それもスケジュール次第ですが、2008年のJETSのWeek14からWeek17のスケジュールの組み方が最強だと自負してます。
          これでブレット・ファーブがダメになりました。
          2008年シーズン後半の移動

          空気圧はもう、空港からジレットまで移動するバスのタイヤの空気から抜いたらいいんじゃないでしょうか。なんたる嫌がらせ。

  3. アルモンテ より:

    今年はがっかりなシーズンになってきました。ペティやハッケンバーグもフランチャイズQBとしては正直物足りないですし、今後も全く希望が見えません。。

    1. JETS狂 より:

      アルモンテさん>
      いや、これはもう がっかり・オブ・ザ・イヤー の上位にノミネートするでしょう。
      2人のQBは、まだまともに試合をしていないので、もしかしたらプレスコット級の逸材である事に期待しましょう。
      とにかく、ボウルズHCが継続するかどうかという、問題が大きいですね。

  4. 緑の飛行機 より:

    こんにちは(^o^)
    それはそうと、NFLJAPANのサイトは見にくくなった気がしますし、更新が昨年よりサボり気味なのは気のせいでしょうか?

    1. JETS狂 より:

      緑の飛行機さん>
      記事を見ていても、やはり予算や人員が厳しいのでしょうね。
      しかしながら、現地の情報を日本語に訳して伝えてくれたり、コラムなども掲載してくるサイトが運用されてるだけでも、素晴らしいと思います。
      NFL JAPAN に不満を漏らす方も多いと思うのですが、GAORAのNFL放送撤退や雑誌も無くなるなどの厳しい現状を考えて、温かい目で見守りつつ、たまにはサイドバーの広告を見るなど、協力していく必要があると思います。

  5. ガストン より:

    ブレイディは嫌いになっても、ペイトリオッツは嫌いにならないでください。
    ベリチックは嫌いになっても、ペイトリオッツは嫌いにならないでください。

    チームも嫌われてる場合は、難しそうですねw

    ペイトリオッツは嫌いになっても、グロンコウスキーは嫌いにならないでください。

    これぐらいなら受け入れてもらえるでしょうか?

    1. JETS狂 より:

      ガストンさん>
      ブレイディがボールの空気を抜いても、ベリチックがスパイしても、エデルマンが痴漢しても、グロンコウスキーがリア充でも、マスコットキャラが売春で逮捕されても、ペイトリオッツを嫌いにならないでください!
      そりゃ、ムリだ!!ww

  6. スパイガラス より:

    シャーマンは選手同士がリスペクトしあうという美学を持っているようですので、故意ではないと信じたいですが・・・ルールの狭間のプレイではありましたね。
    オフサイドは仕方なく起こる反則ですし、キックのインパクト前のキッカーの足元に転がり込むのも(普通はなかなか起こりませんが)正当なプレイのように感じます。ただ、故意にオフサイドしてキッカーを痛めることが可能だという、一種の問題提起でもありましたね。オフサイドはオフェンスにアドバンテージがあるので、プレイが止まりませんし。
    後からシャーマンに罰金処分があったそうなので、これがある意味では判例ですね。次にやった人は、15ydだぞ、と。
    うちも現在はタッカー大先生とクック様がチームの宝、という状況ですので、保護するように工夫して欲しいです。

    1. JETS狂 より:

      スパイガラスさん>
      たしかに後の罰金は戒めですね。あのプレーがそのまま放置されると、他でも相手キッカーを潰す手段として用いられるので。
      キッカーは基本チームに一人しかいないうえに、勝負の重要な部分に絡んでくるだけに、今後はこのようなプレーが無い事を望みます。
      JETSのキッカーであるフォーク様は、すでにシーズンエンドのJETSにやる気をなくして、エクストラポイントを外します。

コメントを残す