プレビュー:リーヴィス不在のWeek02

戦は必至
ビルズに勝利し好発進の我らがJETS。
だがしかし、次の相手は強豪かつ2010シーズンのチャンピオンシップで敗れた、因縁のスティーラーズ。

ただでさえ強敵であるにもかかわらず、主力が大幅に欠場するようで、苦戦は免れない試合となるでしょう。

[SPONSORED LINK]


▼インジャリーリスト

Name Position Injury Practice Status Game Status
NYJ
LaRon Landry S Heel Full Participation in Practice Probable
Brandon Moore G Hip Full Participation in Practice Probable
Eric Smith S Hip Full Participation in Practice Probable
Dennis Landolt G Knee Out (Definitely Will Not Play) Out
Antonio Cromartie CB Shoulder Full Participation in Practice Probable
Nick Bellore LB Shoulder Full Participation in Practice Probable
Sione Pouha DT Back Full Participation in Practice Probable
Jeremy Kerley WR Back Full Participation in Practice Probable
Chaz Schilens WR Ankle Full Participation in Practice Probable
Dustin Keller TE Hamstring Did Not Participate In Practice Out
John Conner RB Knee Limited Participation in Practice Questionable
Bryan Thomas LB Hamstring Did Not Participate In Practice Out
Stephen Hill WR Calf Full Participation in Practice Probable
Darrelle Revis CB Concussion Limited Participation in Practice Out
Joshua Mauga LB Rib Full Participation in Practice Probable
Mike Devito DT Calf Full Participation in Practice Probable
Isaiah Trufant CB Ankle Limited Participation in Practice Questionable
PIT
Troy Polamalu S Calf Did Not Participate In Practice Questionable
Evander Hood DE Back Full Participation in Practice Probable
Rashard Mendenhall RB Knee Full Participation in Practice Doubtful
Jonathan Dwyer RB Foot Full Participation in Practice Probable
James Harrison LB Knee Did Not Participate In Practice Questionable
Stevenson Sylvester LB Knee Did Not Participate In Practice Out
Max Starks T Illness Full Participation in Practice Probable

→なんと、リーヴィスが”バート・スコット”に頭を誤って蹴られた脳震とうが響いて、欠場。
さらに、LB”ブライアン・トーマス”、TE”ダスティン・ケラー”と、JETSの主力が欠場で、戦力が大幅に削減されます。
FB”ジョン・コナー”がクエスチョナブルというのも、痛いです。

対するPITはポラマルと”ジェームス・ハリソン”が出場確立50%のクエスチョナブルなのですが、最新のニュースでは状態が悪く、欠場が濃厚との事。
互いに、D#の主力を欠いた試合となりそうです。


▼どうなるスティーラーズ戦
スティーラーズのWeek01は兄者のブロンコスと対戦。やはり兄者はチームが変わっても逆転男で、第4Qにブロンコスが逆転し、そのままモメンタムをつかんだままブロンコスが勝利。
スティーラーズはロスリスバーガーがパス253yd獲得、2TDだが、パス成功率が約50%、1INT。そして、メンデン・ホールが不在の影響か、ランもトータル75ydとO#が低迷。

とはいえ、ロスリスバーガーは苦手な相手。いくらパスカバーしても、強引に走られて、1stDownを許してきた経緯があります。
ロスリスバーガー封じには、強化したDLの真価が問われるでしょう。そして、Week01では出なかったサックにも期待です。


JETSのO#もビルズは大勝したとはいえ、スティーラーズは別物。サンチェスにはタフな挑戦になるでしょう。
とはいえ、JETSのパスプロは強化されており、さらにスティーラーズに”ジェームズ・ハリソン”や、神出鬼没のブリッツを仕掛けるポラマルがいないのはありがたい。
サンチェスも余裕を持ってターゲットを探せるでしょう。


余裕といえば、Week01でティーボウのワイルドキャットでも、サンチェスがWRの位置にセットしないパターンの場合は、サンチェスは当然、サイドラインにさがります。

NFL JAPANでも同じ事を書いているのですが、私も試合を見ている最中に、ティーボウ導入の効果はサンチェスを一度、客観的視点に立たせて落ち着かせたり、スパラノと直接確認できる機会をドライブ中に頻繁に与える効果があると思いました。

リズムに乗ると強いサンチェスですが、悪いときは本当に悪く、これまでも「バックアップを出して、1回落ち着かせたらどうかな」と、思うシーンがありました。

試合中にバックアップに変えられると、フランチャイズQBにとっては、精神的なダメージもあるでしょうが、ティーボウの場合は併用することはプランに盛り込み済みであるので、別にサンチェスが下がっても普通の光景であり、ファンやマスコミに叩かれる事がないのも特権ですね。

ティーボウはトレードのうわさを払拭するぐらい、今回はワイルドキャットでゲインできるといいですね。


とにかく、両者ともD#がウリのチームなのですが、互いにアホほど守備範囲が広いバケモノDBがいない、かつランがイマイチなので、ロングパスを狙うシーンが増えて、派手な内容になると予想しています。

JETSにはリーヴィスがいなくても、今シーズンは安定しているクロマティや、Week01でもINTを決めて成長が著しい”カイル・ウィルソン”がいます。
何より、パワフルなS”ラロン・ランドリー”の活躍に期待です。


・今週の勝利への金言
敬老の日は、ある意味でおじいちゃんに感謝
(LIVEで見れるぜΣ(・ω・ノ)ノ!)
以上

コメントを残す

CAPTCHA