HOME > NEWS > NEWS(2018-2019) > 【NFL 2018-2019:ディビジョナルプレーオフ3】ロサンゼルス・チャージャーズ vs ニューイングランド・ペイトリオッツ
2019年1月17日

【NFL 2018-2019:ディビジョナルプレーオフ3】ロサンゼルス・チャージャーズ vs ニューイングランド・ペイトリオッツ

鬼、悪魔、人でなし!

ディビジョナルプレーオフ3試合目にいよいよ登場、常勝軍団ペイトリオッツ。

対するは”イーライ・マニング”と”ベン・ロスリスバーガー”の同期なれど、未だにスーパーボウルの舞台に立ったことが無いQB”フィリップ・リバース”率いるロサンゼルス・チャージャーズ。

リバースには勝ってもらって、なんとしてもスーパーボウルに行ってほしいのですが、この試合で「レギュラーシーズンとプレーオフは別のスポーツ」という言葉の意味が痛いほど分かる事になります。

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

ハイライト:Youtube

GAME CENTER(NFL.com)

 

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

チャージャーズ

7

0

7

14

28

ペイトリオッツ

14

21

3

3

41

総評

ペイトリオッツはファーストドライブで7:11も時間をかけて先制TDを奪い、チャージャーズもQB”フィリップ・リバース”からWR”キーナン・アレン”へ43ydのロングTDパスを決めて、両者譲らぬ互角の展開!

「これは名試合になるぞぉ!」とこの時は思っていました・・。

 

しかし、ペイトリオッツはRB”ソニー・ミッシェル”がじっくりホールを見つけて抜けてくるランに、3rd-longでもWR”ジュリア・エデルマン”へ余裕で通すQB”トム・ブレイディ”のパスが止まらない。

かつ、RBなのに全くランはせずレシーブしまくるRB”ジェームス・ホワイト”や、伏兵WR”フィリップ・ドーセット”の活躍など多彩な攻撃がさく裂し、これをチャージャーズD#は全く止める事ができません。

 

逆にチャージャーズO#はRB”メルビン・ゴードン”のランは封じられ、WR”キーナン・アレン”はCB”デビン・マッコーティー”のカバーに苦戦します。

 

ペイトリオッツは4シリーズ連続でTDを決め、その後のシリーズでやっとパントで終わったと思ったらチャージャーズSTがマフって再びペイトリオッツのO#が再開。

そこでまたTDを決めて、前半でチャージャーズは絶望的といえる28点ビハインドとなります。

 

こうなると”フィリップ・リバース”が味方のOLにキレるなど、チャージャーズの状況はメチャクチャ。

私も最初は、

「リバース、ここまで夢見て頑張ってきたのに、なんて可哀そうなの!」
(TωT)

「残酷すぎる!鬼畜野郎ペイトリオッツめ、これがお前らのやり方か!」
(屮゜Д゜)屮

と、いろいろ怒っていましたが・・・

第3Qの途中で寝ちゃいました!

(・ω<) テヘペロ.

(だって3時起きだし、次にセインツvsイーグルスあるし)

 

鬼畜将軍QB”トム・ブレイディ”のスタッツは、パス34/44回343yd獲得、1TD、0INT。

WR”ジュリア・エデルマン”は9レシーブ151yd獲得と、昨シーズン全休したストレスを晴らすかのように活躍。

さらにRB”ジェームズ・ホワイト”が15レシーブというとんでもない記録をつくり、RB”ソニー・ミシェル”がラン24キャリー129yd獲得、3TDと爆発。

まさに横綱相撲であり、プレーオフにも関わらず前半で勝負を決めてしまいました。

 

これで10年連続の地区優勝に加えて、8年連続のチャンピオンシップ進出。

もういいでしょ。。

 

一方、QB”フィリップ・リバース”は、パス25/51回331yd獲得、3TD、1INT。

一体ここまで頑張ってきたのは何だったのか?

この天と地ほどの開きがある実力差に、レギュラーシーズンの快進撃は夢だったのかと思うほどの内容でした。

リバースの今後の去就が気になります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ヒデフミ より:

    レギュラーシーズン以上にプレーオフのペイトリオッツは毎年強いですね!
    レギュラーシーズン後半の不調が嘘のようになりますね笑

    1. JETS狂 より:

      ヒデフミさん>
      プレーオフモードのスイッチが入ると容赦ないですね。勝率的にはチャージャーズが上なのに、話になりませんでした。
      この結果には、チャージャーズの選手はショックすぎるでしょう。

  2. NFL好きおじさん より:

    グロンコが終始ブロックをしてOLとなる展開でランを助けておりました見た目には体調も戻ってきてそうだしCCでは「戦術グロンコ」の復活とまだあまり見せていないノーハドルからの多牌を期待しております。
    KCはやはりお強いので安西先生の聴牌り具合に期待ですかね⁉️
    苦しくなったら「屁のつっぱりはいらんですよ」で頑張って欲しいです。

    1. JETS狂 より:

      NFL好きおじさんさん>
      グロンコウスキーは1レシーブのみでしたが、その1レシーブでもD#に捕まれようが前進して1stdownを取る存在感を見せました。
      果たしてチーフスにこのO#を止める力があるのか?
      チャンピオンシップが一方的な展開にならないことを期待します。

  3. 初心者マークの蒼獅子 より:

    寝てしまったんですかっ!!
    JETS狂さんのともあろう人がなんたる失態!!
    (実は第4Qで寝てしまって気づけばセインツVSイーグルス戦の後半だったとは言えない)

    1. JETS狂 より:

      初心者マークの蒼獅子さん>
      寝ました。所詮、ブレイディなんざ一瞥もくれてやる必要もないです。

  4. ふて猫 より:

    PATSはプレーオフになるとギアを入れ換えてきますね。次週はチーフスとの対戦ですが、果たして(チーフスは)アドバンテージを活かせるのでしょうか?(@_@)

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      このような内容を見ると、チーフスもあっという間にやられそうです。
      しかし、このままパッツをSBにだすのもつまらないので、チーフスには一矢報いて欲しいです。
      リアルタイムで見れないのが残念。

  5. 通りすがりのPatsふぁん より:

    CBのほうのマッコーティーは今年移籍してきたジェイソンのほうですね!(30番)
    FSがデビンで、双子です!

    KCとはRSで一回やってますが、向こうもこっちもその時と状況がまるで違うので、どうなるか楽しみです。
    後バカみたいに寒いようなので、それもどうなるか、って感じですね…!

    1. JETS狂 より:

      通りすがりのPatsふぁんさん>
      マッコーティーが増えて紛らわしくなりましたが、双子なんですか。
      デビンはドラフト時CBだったのですが、ダメなのでFにコンバートしましたね、たしか。
      当日がバカ寒いとはいえ、パッツも屋外でクソ寒いプレーオフは何度も経験しているので、チーフス有利とは限らないでしょう。
      なにわともあれ、天候に屈しないベストゲームを期待しています。

  6. みきのり より:

    リバースのあまりの剣幕に必死になったか、後半は次第にチャージャーズのパスプロが効いていたように見えました。
    最初は大量点差の余裕ゆえかと思いましたが、点差を詰められてからも変わらなかったので、意外とこの辺りがパッツの綻びにならんかなと。
    ボッコボコの殴り合いの末のマホームズのサヨナラTDパスに期待します。

    1. JETS狂 より:

      みきのりさん>
      後半は持ち直したようですが、何にせよ大量失点が痛すぎました。
      もとよりパスD#が弱いチーフスがこのパッツO#にどう対策するのかが難しいです。
      しかし、ここまで来たのならチーフスには何としてもSB制覇してほしいところです。

  7. 似非勇者 より:

    「鬼、悪魔、人でなし!」に爆笑しました(笑)

    TD3つめくらいまでは結構きわどい3rdダウンなどもあったんですが、チャージャーズに2本目以降を許さなかったので前半の流れを掴めました。
    個人的に推してるバークヘッドとドーセットがTDしたのも嬉しかったです。
    さて次戦は負け越してるアウェーゲームなので、チャレンジャースピリットを持って挑んでほしいですね。今期は受けに回るとロクな目にあってないので。

    1. JETS狂 より:

      似非勇者さん>
      元ベンガルズのバークヘッドといい、いつのまにか粒ぞろいに選手をそろえてきましたね。
      この層の厚さもパッツの強さの一つです。
      チーフスのD#が意外と良くなったので、今回は全くわかりませんね。
      点の取り合いになる事は間違いないと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


Top