HOME > NEWS > NEWS(2019-2020) > 【ジェッツ】新GMジョー・ダグラスの初仕事はCB集め
2019年6月15日

【ジェッツ】新GMジョー・ダグラスの初仕事はCB集め

ジョー・ダグラス
更新が滞りすみません

新GMが就任し約1週間。人事に動きがありましたので、まとめてご報告。

[SPONSORED LINK]

新GMジョー・ダグラス、DB陣の弱さが気になる

新GM”ジョー・ダグラス”が行ったのはCBとの契約です。

レイダースがカットした”モントレル・メンダー” (Montrel Meander)をウェーバーで獲得しました。

メンダ―は昨シーズン、ドラフト外でブラウンズのプラクティススクワッドとして契約し、その後レイダースに移籍しましたが、カットされました。

つまりメンダ―はNFLの公式戦に出た事がありません。

 

加えて、CB” マーク・マイヤーズ”(Mark Myers)も獲得。

マイヤーズは2018年にドラフト外でバッカニアーズが獲得。サウスイースタン大学時代には、4年間スターターで33試合出場、91タックル、25パスディフェンス、9インターセプトを記録しています。

 

たしかにCBはドラフト6巡目で”ブレシュワン・オースティン”を獲得するも、CB”バスター・スクライン”がFAで移籍し、”ラシャード・ロビンソン”をカット。

ドラ1(全体3巡)でDT”クイネン・ウィリアムズ”、FAでLB”C.J・モズリー”を獲得しフロント7は強化するも、DBが弱ければ意味はなし。

新GMとしては、CB陣の層の薄さが気になったのでしょう。

 

2名のCB陣を入れる代わりに、なんと3月に再契約したばかりのTE”ニール・スターリング”と、S”ジョシュ・バトル”をカットしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA


Top