HOME > 試合結果 > 試合結果(2019-2020) > 【NFL 2019-2020:プレシーズン3】ニューヨーク・ジェッツ vs ニューオリンズ・セインツ
2019年8月26日

【NFL 2019-2020:プレシーズン3】ニューヨーク・ジェッツ vs ニューオリンズ・セインツ

サムダーノルド ドリュー・ブリーズ
プレシーズンで良かった

プレシーズン3戦目は強豪セインツと対戦。

ブリーズ率いるハイパーO#を止める事ができれば、レギュラーシーズンへの弾みになります。

さらにダーノルドが好調を維持できるのかも見どころです。

かかってこいや!

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

ハイライト&データ[GAME CENTER(NFL.com)]

 

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

セインツ

10

3

3

12

28

ジェッツ

0

7

6

0

13

オフェンス

ファーストシリーズはRB”タイ・モンゴメリー”のファンブルロストから失点し、QB”サム・ダーノルド”は厳しいセインツD#のプレッシャーを前に調子が上がりません。

C”ライアン・カリル”、G”ケレチ・オセメリ”、G”ブライアン・ウィンタース”の主力OL3名が欠場の影響もあったでしょう。

 

しかし、第2QにWR”ロビー・アンダーソン”へ41ydのロングパスを決め、最後はRB”タイ・モンゴメリー”への2ydのショートパスでTDを決めます。

INT未遂の危ないパスがありましたが、最悪のスタートから挽回してTDドライブを演出した事は評価できます。

ダーノルドの成績は、先発から第2Qの1シリーズまででパス8/13回97yd、1TD。

 

ダーノルドはプレシーズン4戦目には出場しないので、これにて開幕前の試運転は終了。

プレシーズン3試合での成績はパス17/25回211yd獲得、1TD、0INT。レーティングは120.6という上場の仕上がりで開幕戦を迎えます。

 

RB陣は”タイ・モンゴメリー”がファンブルロストするも1TDレシーブを記録。

RB”トレント・キャノン”が活躍し、ロースター争いに一歩前進です。

しかし元エースのRB”ビラル・パウエル”が1キャリー2ydと奮わず。再契約するも開幕ロースターに残れるか微妙になってきました。

 RB”レベオン・ベル”の出番はまたも無し。当然プレシーズン4戦目にも出場しないので、1年のブランクがありながら実戦に参加しないまま開幕戦を迎えます。

サイドラインで偉そうにしてましたが・・

あんた本当に大丈夫?

 

セカンドチーム以下のQBに関しては、2番手は前試合同様にQB”トレバー・シーミアン”でしたが、”ルーク・フォーク”が3番手に昇格。元ジャイアンツのドラ3QB”デイビット・ウェブ”が4番手に下がり危機的状況となりました。

プレシーズン4戦目でしっかり白黒つけてもらいましょ。

ディフェンス

QB”ドリュー・ブリーズ”、RB”アルビン・カマラ”、WR”マイケル・トーマス”のセインツ3大主力に完全にやられたD#陣。

特にブリーズとトーマスのホットラインは、強力で止めようがありません。

このレベルのQBになると、よほどDB陣のカバーが上手くないと中途半端なプレッシャーは全て避けられます。

ファルコンズ相手では上手く行ったD#もセインツには通用せず、大きな課題を残しました。

 

ブリーズの出番はファーストシリーズのみで、2番手は昨シーズンにジェッツからセインツへ移籍したQB”テディ・ブリッジ―ウォーター”、3人目に昨シーズン話題になった万能QB”テイサム・ヒル”が登場。

やはりタダのQBでなくスクランブルが上手く、TDランやロングゲインを決められますが・・・個人技のビッグプレーは全部「ホールディング!」で無効になるという、敵から見ても悲惨な目に合っていました。

 

今回CB陣においてCB”ブランドン・プール”がパスカットやタックルと目立つ活躍を見せました。彼の成長に期待しましょ。

 

逆にCB”ブランドン・ブライアント”とCB”アレックス・ブラウン”がBAD。

特にブライアントは反則しまくって、さらにヘルメットからタックルした挙句に自ら頭部を負傷するという残念さです。

スペシャルチーム

K”テイラー・ベルトレット”が56ydのFGを決める活躍。これを機に自信をつけてレギュラーシーズンへの弾みをつけて欲しいものです。

 

しかし、STはタックルミスを連発して、試合を決定づけるパントリターンTDを決められる大失態を犯します。

レギュラーシーズンだったら最悪でした。

総評

反則が多すぎてテンポが悪い試合でした。これは両軍とも大きな反省点でしょう。

ダーノルドがまたTDドライブを演出する安定さを見せますが、やはりDB陣に不安があります。

 

繰り返しになりますが、結局はぶっつけ本番になるRB”レベオン・ベル”が不安で仕方ありません。

サイドラインで防具をつけずにウロウロしてましたが、どうもチームから孤立している感があります。

果たして開幕戦のプレーで「希望」と「失望」のどちらを与えてくれるのか。ファンにとってはパンドラの箱と化しています。

 

プレシーズン4戦目にファーストチームは登場しない2軍試合。それを経ていよいよ2019シーズン開幕ですが・・・いろいろ大丈夫?

その他ニュース

試合後にWR” Quincy Adeboyejo”とサイン。WR”J.J. Jones”をカット。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA


Top