HOME > NEWS > NEWS(2019-2020) > 【NFL 2019-2020:Week03】ニューヨーク・ジェッツ vs ニューイングランド・ペイトリオッツ(1)
2019年9月25日

【NFL 2019-2020:Week03】ニューヨーク・ジェッツ vs ニューイングランド・ペイトリオッツ(1)

ルーク・フォーク、トム・ブレイディ
予定どおりの予想外

早くも怨敵ペイトリオッツとの試合ですが、ジェッツはQB”サム・ダーノルド”が不在でチームもボロボロの2連敗。

30点差ぐらいつけられて虐殺されると思っていたら、そうでもありませんでした。

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

ハイライト&データ[GAME CENTER(NFL.com)]

 

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

ジェッツ

0

0

7

7

14

ペイトリオッツ

13

7

10

0

30

オフェンス

イルカさんと同様にO#が1点も取れずに完封負け。14点取っていますが、これはD#とSTが相手のミスから得点したものです。

 

QB”ルーク・フォーク”の責任というかOLがあまりにも弱すぎて話になりません。

パッツD#がパスラッシュをちょっとクロスして入れたら、OLは誰を拾っていいのか分からずに混乱して簡単に中に入られる始末。5サック+10QBヒットとボロボロです。

特にOLB”ジェイミー・コリンズ”が2サックを記録し活躍しました。

 

試合中にQB”ルーク・フォーク”は”トム・ブレイディ”と非常に似ている情報が流れました。

1)二人ともドラフト6巡(全体199位)である。

 

2)体格が非常に似ている。

 

2)初先発が24歳で、2年目のWEEK03。(先発QB負傷の代役)

 

この情報に何かを期待せざる得ないのですが、結果QB”ルーク・フォーク”のスタッツはパス12/22回98yd獲得、1INT。

特筆すべきが3rdDownコンバージョン 0/12。なんと、3rdDownから1度もファーストダウンを更新できていない勝負弱さです。

 

RB”レベオン・ベル”も奮闘するも18キャリー35ydと撃沈。ジェッツO#に全くいいところがありませんでした。

 

しかしながら、パッツのD#が強すぎるのは事実。現時点で、パッツD#は昨シーズンのスーパーボウルから1回もTDを許していません。

粘りのあるパスカバーと強力なパスラッシュを兼ね備えた鉄壁のD#があれば、かつて失敗したパーフェクトシーズン(全勝優勝)もありえる気がして怖いです。

ディフェンス

案の定、ブレイディ様率いるO#を止める事が出来ずに、前半に20点取られて撃沈。

時間の経過とともにジェッツD#に粘りが出てきますが、O#が死んでいるので いくら頑張っても報われません。

パスラッシュはかからず1サック。CB”ブライアン・プール”はWR”ジュリア・エデルマン”についていけない模様で、肝心なところで1stDownを更新されたり反則したりと散々な結果になりました。

途中エデルマンが負傷退場しますが、次戦に影響ないようです。

 

ブレイディ様のスタッツは、パス28/42回306yd獲得、2TD。

第4Qに31-7の時点でブレイディ様が引っ込んで、今年のドラ4QB”ジャレット・スティッダム”に交代するも、SS”ジャマール・アダムス”にPICK6を献上して31-14になると再びブレイディ様が降臨。

ここが唯一のジェッツのハイライトでした。

スペシャルチーム

パッツのST” Gunner Olszewski”がパントをマフって、それをジェッツSTがカバーしてタッチダウン!

さらにパッツK”スティーヴン・ゴストコフスキー”がエクストラポイントを外し、パッツのSTの悪さが目立った試合でした。

パッツのSTは大反省会でしょう。

総評

もっと大虐殺になるかと思いきや、最終スコアは2ポゼッション差。

しかしながら、ジェッツの14点はSTとD#のラッキーで取ったもので、実質は完封負けです。

 

QB”サム・ダーノルド”が出てれば勝てたのか?と聞かれたら答えはノー。

OLが悪すぎてダーノルドが出ても結果は同じだったでしょう。WRも”デマリアス・トーマス”は欠場で、WR”ロビー・アンダーソン”を抑えられたら他にコマがありません。

プレシーズンをフル欠場したRB”レベオン・ベル”やOL”ライアン・カリル”が連携できていない感もあります。カリルに関しては引退から復帰させて獲得する意味があったのか分かりません。

 

3連敗と最悪のスタートを切ったジェッツですが、来週は早くもBYE WEEKでお休み。

与えられた時間で何か変わるきっかけを掴むしかありません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. T.Takahashi より:

    かつてのマワイやマンゴールドとファーガソンの在りし日が懐かしく思い出されます…。(;´д`)

  2. ぴーたん より:

    領主様らしい試合でしたね。
    今年は牛さんが反抗勢力になりそうですが太るだけ太らされて最後に刈り取られる、そんな未来しか見えないです…

  3. enjiiro より:

    グロンコウスキーは引退したはず。ブラウンはたった11日でカット。ブラウン獲得で切られた選手もいる。故障者も少なからず居る。
    それでも余裕で30点取ってしまう・・・おまけに今年はD#も強力。手が付けられませんな、今のペイトリオッツには。
    次週のビルズ戦は3連勝同士、序盤の山場ですね。ビルズも一蹴するようでは、もう居ないものとするしかなさそうです。
    それのしても、記事の内容に感情があまり感じられません。落胆を通り越してFLATなってる・・・?
    元気出していきましょう!らしくないですよ。

  4. ふて猫 より:

    スコア以上の完敗のようですね(-_-)来週は早くもBYE WEEKのようですが、負けると二週間落ち込むのがnflの悪いとこですね

  5. まるぼろ より:

    ブラウンズ戦、ルークくんはシーミアンよりはまともにパスを通していたのでちょっとは期待してたんですけどね・・(無論勝てるとまでは思ってませんがw

    まあ「シーミアンよりはまとも」程度でパッツD♯に通用するワケはないか・・バイウィークで切り替えまショウ・・

    1. JETS狂 より:

      まるぼろさん>
      このバイウィークの速さは運命。そして快進撃が始まると信じるのみです。

  6. イルカ之介 より:

    某イルカ「……ドラフトまで仲良くしてね」

    1. JETS狂 より:

      イルカ之介さん>
      もうイルカさんはタンクでいいんじゃないでしょうか。そもそもスーパーボウルがマイアミの時点で終わってるし。

まるぼろ にコメントする コメントをキャンセル

CAPTCHA


Top