HOME > NEWS > NEWS(2019-2020) > 【NFL 2019-2020:ディビジョナルプレーオフ1】ミネソタ・バイキングス vs サンフランシスコ・49ers
2020年1月13日

【NFL 2019-2020:ディビジョナルプレーオフ1】ミネソタ・バイキングス vs サンフランシスコ・49ers

四天王、参上

プレーオフは、いよいよ4強が登場する「ディビジョナル・プレーオフ」がスタート。

第1試合はNFC第1シードを獲得した古豪49ersと、優勝候補セインツを倒したバイキングスの対戦です。

NBAやMLBとは違いNFLのトーナメントは1発勝負ですから難しい。

プレーオフに久々に登場するうえに1週間試合間隔が空いた49ersを、バイキングスが勢いで倒す事も十分にありえます。

さて、新生49ersの実力はいかに?

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

ハイライト&データ[GAME CENTER(NFL.com)]

https://www.nfl.com/gamecenter/2020011100/2019/POST2/vikings@49ers

 

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

ヴァイキングス

7

3

0

0

10

49ナース

7

7

10

3

27

 

総評

49ersはQB”ジミー・ガロポロ”が立ち上がりから好調で、ファーストシリーズでTDを奪います。

しかし、バイキングスQB”カーク・カズンズ”もCB”リチャード・シャーマン”の逆サイドのCB”アーケロ・ウェザースプーン”を弱点とみなして、そこばかり突くパス攻勢でTDを返す互角の展開に発展します。。

 

しかし、セインツ戦で活躍したバイキングスのエースRB”ダルビン・クック”のランが封じらることでO#力に差が出始めます。

そこは、バイキングスILB”エリック・ケンドリックス”が、49ersのモーションをかけてパスコースを作る戦略を読みINTを奪い前半は10-14の49ersの4点リードで折り返す接戦となりました。

 

両チームの違いが如実に出たのが後半。49ersはCB”リチャード・シャーマン”がINTした後に49ersが仕掛けたO#は怒涛のラン攻撃。

RB”テビン・コールマン”とRB”ラヒーム・モスタート”の8プレー全てランで奪ったTDは、バイキングスの牙を折るのに十分な効果でした。

 

バイキングスQB”カーク・カズンズ”は全スナップの46%もプレッシャーを受け続けて6被サック。攻め手を欠いたバイキングスの後半は無得点に終わり、試合終了。

点差以上に実力差を見せた49ersがNFCチャンピオンシップに進出です。

 

 

勝利した49ersのQB”ジミー・ガロポロ”のスタッツは、パス11/19回131yd、1TD、1INT。

意外に悪いスタッツながら、要所でパスを決める腕を見せました。

今回の主役は、バイキングスのランを無効化してDE”ニック・ボサ”の2サックを含める計6サックでバイキングスを圧倒したD#でしょう。

そして、ランではRB”テビン・コールマン”が105yd2TDで活躍。

総合力が高い49ersには死角が無いよう見えます。果たしてチャンピオンシップではどのようなフットボールを見せるのか。

 

敗れたバイキングスQB”カーク・カズンズ”のスタッツは、パス21/29回172yd、1TD1INT。

頼みのリーグ6位のランO#は、エースRB”ダルビン・クック”が9キャリー18ydと全く機能しませんでした。

 

カズンズは「屋外に弱い」など様々な事を言われていますが、来シーズンもこの舞台に帰ってくることに期待しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ねすけ より:

    日本におそらく数十人は生息していると推定されている(?)ミネソタ推しのねすけです。
    おっしゃるとおり、クックのランが完璧に封じ込まれたことが一番の敗因でしょう。
    まあ、セインツを倒してある程度話題になった時点で、今シーズンは満足と言わざるを得ません。
    また来シーズンに期待ですが、現地の放送で、うちのジョージ・クルーニー似のイケメンOCがクリーブランドに行くとか言われていたではないですか!
    ちょっと心配です。

    ということで、今年のSBはマホームズ対ガロッポロ、これでお願いします。

  2. みきのり より:

    ニックすげえ!
    兄超えどころかワットの領域に迫れる可能性もあるんじゃないですかね
    全然衰えてないシャーマンにもビビった
    ガロポロは確かにスタッツはさほどでも無いですが、それでも終始安定していたプレーに「勝てるQB」の片鱗を感じました
    対してカズンズも頑張りました
    スタフォードやカーみたいな「早まっちまった契約」になるんじゃないかと危惧してましたが、プレーオフ出られたと言うことで来季も先発QBの座は安泰でしょう
    SEAが負けたのでナイナーズ全力推しで行きます!

  3. bad news allen より:

    私はモンタナ世代なのでやはり
    プレイオフには金と白と赤のユニフォームが躍動してる、
    なんか嬉しくなる。低迷期が長かったので、ドラフト上位で
    いい選手を取り続けられたのが今年で奏功しそうな雰囲気満載。
    やはり、凄いTEのいるチームは強いね。逆に言うとNEはグロンコ・ロスやろな。
    我がJETSのTEももっと活躍して欲しいな、来季。

コメントを残す

CAPTCHA


Top