HOME > NEWS > NEWS(2019-2020) > 【NFL 2019-2020:NFCチャンピオンシップ】グリーンベイ・パッカーズ vs サンフランシスコ・49ers
2020年1月23日

【NFL 2019-2020:NFCチャンピオンシップ】グリーンベイ・パッカーズ vs サンフランシスコ・49ers

ラヒーム・モスタート
無残

NFLファンならば”トム・ブレイディ”vs “アーロン・ロジャース”の頂上決戦を一度は夢見るものの、未だ実現せず。

しかし、ブレイディの代役として元後継者の”ジミー・ガロポロ”が,チャンピンシップでロジャースと激突です!

レギュラーシーズンでも対戦していますが、やはり名勝負が多いNFCチャンピオンシップでは両者パフォーマンス全開の好ゲームを期待します。

しかし!期待を裏切る展開が待っていました。

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

ハイライト&データ[GAME CENTER(NFL.com)]

 

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

パッカーズ

0

0

7

13

20

49ナース

7

20

7

3

37

 

総評

互いにパントを蹴り合う立ち静かな上がりから、49ersがQB”ジミー・ガロポロ”のロングパスで大きく前進しTDを決めて先制。

しかし、パッカーズはファンブルやパントミス、さらにDE”ニック・ボサ”からサックを喰らい思うように進まず。

 

あれよあれよと点差は0-20の49ersリードで前半2ミニッツ。ここが大きなターニングポイントとなりました。

前半2ミニッツのパッカーズのO#にて、いつもならTDを決めて点差を縮めるであろうロジャースが、CB”エマニュエル・モーズリー”にINTされ、逆にRB”ラヒーム・モスタート”のラン3連発でTDを奪われ、0-27とさらに得点差を開きで前半を終えます。

スポーツに「たられば」は無いのですが、ここでパッカーズが得点し点差を詰めていれば、未来は違ったものになっていたと思います。

 

そして、前半を終えたところで観客及び視聴者は、49ersのO#に関しておかしな事に気づきはじめます。

「ガロポロ、パスを投げて無くない?」

そう、第2Q途中に49ersはRB”デビン・コールマン”が肩を脱臼してOUT。使えるRBは”ラヒーム・モスタート”だけなのに、むしろランの割合が増えているどころか、ほぼパスをコールしていないのです。

 

後半からパッカーズが反撃開始。11プレーかけて、最後はRB”アーロン・ジョーンズ”へのパスで7-27!いよいよロジャース無双の本領発揮か!?

・・と思ったら、パッカーズD#がランしかしない49ersを止めれない!!

ルーキーのWR”ディーボ・サミュエル”にエンドアラウンドで一気にもっていかれ・・

最後はまたもRB”ラヒーム・モスタート”のTDラン!

的確なルートどり&鋭いカット!本当に彼はこれまで7チーム渡り歩いたジャーニーマンなのか!?

 

ロジャースもロングパスで応戦。

 

しかし、リードしている上にランが出る49ersは時間を潰してパッカーズの反撃の機会を奪い、最後はロジャースがムリ投げでCB”リチャード・シャーマン”にINTされ試合終了。

なんと49ersはほとんどランでパッカーズを撃破して力の差を見せつけ、7年ぶりにスーパーボウルの舞台にたどりつきました。

 

観戦に来ていたレジェンドの”ジェリー・ライス”もご満悦。

ジェリー・ライス

ちなみに、”ジョー・モンタナ”はスーパーボウルに現れるそうです。

 

勝利QB”ジミー・ガロポロ”(写真:左)のスタッツはパス6/8回77yd獲得、0TD。

なんと、パスがたった8回!!!∑(゜ Д゜)

ガロポロは、チャンピオンシップの大舞台に関わらず、ほぼハンドオフマシーンと化してRB”ラヒーム・モスタート”にボールを渡すだけの簡単なお仕事でした。

 

そして、この試合の主役となったRB “ラヒーム・モスタート”のスタッツは、ラン29回220yd獲得4TD 。プレーオフ1試合で200yd以上走り、4TDランを決めたのはNFL史上初とのこと。

当然、この活躍は49ersの優れたランブロックありきです。ガロポロのメインターゲットであるTE”ジョージ・キトル”はレシーブ1回で、ランブロックでモスタートをかなりフォローしていました。

 

49ersのHC”カイル・シャナハン”は、2017年から49ersを率いて3年目でスーパーボウルに到達。昨シーズンにスーパーボウルに出場したラムズのHC”ショーン・マクベイ”の次に若くHCに就任しており、若手HC達が躍動しております。

ちなみに父親は、ブロンコスをスーパーボウル2連覇に導いたHC”マイク・シャナハン”であり、血統の良さもうかがえます。

 

 

一方、パッカーズQB”アーロン・ロジャース”のスタッツは、パス31/39回326yd獲得、2TD、2INT。そして、ロジャースらしくないのが3ファンブル1ロストで、自ら3ターンオーバーを生んでいます。

 

パッカーズのDLが49ersのOLに戦術面でなくパワープレーで歯が立たたず、ほぼランだけで敗北したは明らかな実力差があった事を表しています。

まさかチャンピオンシップでパッカーズがスコア以上の無残な内容で敗北するとは思ってもみませんでした。

 

またもスーパーボウルに届かなかったロジャース。2個目のリング獲得への道は非常に厳しいです。

 

あと蛇足ですが、49ersは時間を潰すために意図的に反則「ディレイ・オブ・ゲーム」を犯した次に「フォスル・スタート」を犯しました。

「ディレイ・オブ・ゲーム」を2連発した場合は、非紳士的な行動として「アン・スポーツマン・ライク・コンダクト」の反則を取られて時計が止まるのですが、今回のケースでは時計が進み続けるというルールの穴を突いた時間潰しです。

数年前に発生した意図的に「ホールディング」を行い時間を潰す行動と同様に、今回の反則の活用にもルール改定が入りそうな予感がします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ひでふみ より:

    テレビ見ていてなんであんなにランばかりなのに止められないか?と疑問に思うぐらいでしたね。
    まるでアイシールド21のデビルバッツみたいでした笑

  2. T.Takahashi より:

    対レイヴンズのスーパーボウルで時間潰しの意図的セーフティを喰らったことが思い出されました。

  3. ベルをよろしく より:

    ロジャースはイカサマなしのスーパークォーターバックで、正真正銘のスターと呼ぶにふさわしい存在ですが、リングはひとつになりそうですね。。。
    マホームズとのクォーターバック頂上対決が楽しみだったのですが。。
    まあ、モンタナOBチームの対決、モンタナは開始時点では49ersを応援してるけど、最後はチーフスを応援してる、という展開を期待します。笑笑

  4. ふて猫 より:

    49ersは約30年振りのスーパーボウル制覇まで後一勝と迫りましたね。果たして、“Mr呪いの春日様”は最後に笑う事が出来るのでしょうか?(^o^)

  5. 好きなチームは特にないです より:

    昨年秋まで49ersのサイト運営されていた黄金郷さんのサイトがあったらと思うと切ない気持ちになります
    去年のスーパーボウルは『またPATS勝った』ことで録画見ずに消しましたが今年はしっかり見れます

  6. ケバブ より:

    黄金郷さんのサイトが無くなって行き場を失った49erはこうしてJets狂さんのサイトへお邪魔しております。

    SBでもSFはある程度(28点くらい?)得点を取れると思うので、あとはKCを抑え込めるか或いは大爆発されてしまうか、マホームズ対サラーの対決に注目しています。
    それにしても、若きスーパースターマホームズに全米が熱狂する中、地味にゴリゴリゴリゴリ進むSFはどちらかというとヒール役なんですかね?あっちの雰囲気が知りたいです。

    1. JETS狂 より:

      ケバブさん>
      本当に、なぜ黄金卿さんはこのタイミングで辞めてしまったのか、非常に悔やまれますね。
      せめてスーパーボウルまでには一時的にでも復活して欲しい。

  7. 後藤完夫 より:

    モンタナ16(SF)19(KC)。どんなモンタナ。

  8. みきのり より:

    振り返れば開幕戦からモスタートは活躍してたのに、今までの経歴から何となく一時的な確変扱いしてました
    でもさすがにチャンピオンシップで200ヤード、4TDを見せつけられるとぐぅの音も出ません
    アキレス腱どうなってんのと心配になるくらいトップスピードで鋭角に切り返していくモスタートのイナズマランは、まさに漫画的で見てて楽しかったです

    ロジャースやブリーズは、もうこういう運命なんでしょうね
    (ラッセルもそうなっちゃうのかな…)
    引退までにもう一度スーパーボウルの神の加護があらんことを。

コメントを残す

CAPTCHA


Top