HOME > NEWS > NEWS(2020-2021) > 【ジェッツ】RBフランク・ゴアがキタ━━(゜∀゜)━━!!!&WRエヌンワがまた負傷
2020年5月6日

【ジェッツ】RBフランク・ゴアがキタ━━(゜∀゜)━━!!!&WRエヌンワがまた負傷

フランク・ゴア
ゴア!ゴア!ゴアァ!!

久々にジェッツに動きがありました。なんと名RBフランク・ゴアを獲得です。

ジェッツ、RB”フランク・ゴア”(Frank Gore)と契約

RBフランク・ゴア は、2005年ドラフトにて、49ersが3巡目にて獲得。

強引に突破するパワーが武器で、2012年シーズンにはQB”コリン・キャパニック”と組んだ「ピストルフォーメーション」で対戦相手を蹂躙しまくり(特にパッカーズ)、第47回スーパーボウルに進出するも、49ersはレイブンズに敗北しました。

 

その後、2015年からコルツに移籍し3シーズン所属。2018年シーズンにドルフィンズに移籍。2019年シーズンはビルズに移籍し、ビルズのプレーオフ進出に貢献しました。

 

そしてFAとなった2020年、この度はジェッツと契約。

つまり、3年連続で毎年AFC東のチームを渡り歩いております。来シーズンはペイトリオッツでしょうかね。

 

ジェッツとの契約内容は1年、契約額は現時点で不明です。

ゴアと契約した理由に関して、昨シーズンバックアップであったRB”タイ・モンゴメリー”とRB”ビラル・パウエル”がFAで離脱した事に加え、現ジェッツのHC”アダム・ゲイズ”が、ゴアがドルフィンズに所属していた2018年にドルフィンズのHCだった関係も大きいでしょう。

ゴアの立ち位置は、RB”レベオン・ベル”のバックアップになります。

 

ゴアは、現時点でラン獲得ヤード歴代3位(15347yd)を誇り、中央のパワーランが武器ですので、鋭いカットを得意とするベルとはタイプが異なり、相乗効果が期待できます。

ジェッツファン的には、2年連続でチャンピオンシップに進出した時のエースRB”トーマス・ジョーンズ”と同タイプなので、強化されたOLとの組み合わせで、ジェッツのお家芸「グラウンド・パウンド」の再来にも期待したいところです。

WR”クインシー・エヌンワ”、またもPUPリストに・・

長年、高い能力に期待されながらも負傷してロクに試合に出ていないWR”クインシー・エヌンワ”が安定のPUPリストに入りました。

エヌンワは、昨シーズンは1試合のみ出場。それ以前の3シーズンともクビの負傷がたたってIRリスト入りしており、ジェッツファンも彼のレシーブを見た記憶が無いのではないでしょうか。

 

ジェッツでは他にJosh BellamyがPUPリスト入り。4名を解雇しています。

PUPリストって何?

以前にも解説してますが、私も記憶があやふやなので、再度おさらい。

キャンプ開始時にケガでプレーできない選手は、Physically Unable to Perform(以下PUP)リストに入れると、その選手はロースター枠に含まずにチームへの所属を維持できます。

かわりにチーム練習に参加できませんが、ミーティングには参加が可能になります。そして、キャンプ中にロースターにいつでも復帰可能となります。

しかし、PUPリストに入ったまま開幕を迎えると、WEEK6終了後までロースターに復帰できません。

ちなみにキャンプ開始後にアクティブロースターに入った選手は、PUPリストに入れることは出来ません。

今日もためになったなぁ~。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. 通りすがり より:

    キャパニックとゴアと言えば、ピストルからの「リードオプション」です。ディフェンスの動きを見て、QBかRBのどちらかが走るのを決めるというものでした。

    1. JETS狂 より:

      通りすがりさん>
      キャパニックのランが驚異的であり、ゴアとのコンビは恐ろしい破壊力がありました。
      しかし、キャパニックはパス精度が悪く、パスを投げさせる戦術にかじ取りしたために、あっという間に衰退。
      さらに国歌斉唱ニーダウン問題でキャリアを終えたのは、非常に残念でした。

コメントを残す

CAPTCHA


Top