HOME > NEWS > NEWS(2020-2021) > 【ドルフィンズ】名HCドン・シュラ 死去。死因やベリチックとの比較
2020年5月6日

【ドルフィンズ】名HCドン・シュラ 死去。死因やベリチックとの比較

ドン・シューラ
唯一無二のパーフェクトシーズン

2020年5月4日[現地時間]に、名HCドン・シューラがお亡くなりになまりました。去年90歳です。

[SPONSORED LINK]

ドン・シュラ(Don Shula)の偉業

HC”ドン・シュラ”は選手としては、DBとして1951年にブラウンズに獲得されキャリアをスタート。

HC職は1963年にコルツでスタートし、1970にドルフィンズのHCに就任します。

そこからドルフィンズの黄金時代がスタート。スーパーボウルには5回出場し、1972年と1973年にはスーパーボウルを連覇。

1972年の制覇は史上初の無敗(14試合制)であり、現時点でNFL史上唯一パーフェクトシーズンを達成したHCです。

 

1995年シーズン終了後に引退するまでに33シーズンに渡りHCを務めますが、負け越したのはわずか2シーズン(通算328勝156敗6分)という勝率を誇りました。

 

そして2020年5月4日に90歳で死去いたしました。

気になる死因に関しては明らかになっていないのですが、コロナウィルスと関係ない事は確実とのことです。

ジェッツと同地区であるドルフィンズの名将という事で、ご冥福をお祈りいたします。

ビル・ベリチックとの比較

気になるのが、現役最強のHC”ビル・ベリチック”(ペイトリオッツ)との差。

この記事を書いている時点でのHC業としての勝利数を比較すると、

 

ドン・シュラ(33シーズン)

レギュラーシーズン:490戦328勝156敗6分

ポストシーズン:36戦19勝17敗

 

ビル・ベリチック(25シーズン[2019年シーズン終了後時点])

レギュラーシーズン:400戦273戦127敗

ポストシーズン:43戦31勝12敗

 

勝利数歴代1位のドン・シュラに対して、現在歴代3位のビル・ベリチックのレギュラーシーズンの勝利数の差は55勝。

ベリチックがコンスタントに毎シーズン10勝以上すればあと5シーズンで抜けますが、今シーズンからベリチックのキャリアを支えてきたQB”トム・ブレイディ”がペイトリオッツから離脱するので、もっと時間がかかるかもしれません。

 

しかしながら、ポストシーズンの勝利数に関しては、ベリチックはスーパーボウルをHCとして6回制覇しているだけに圧倒的に軍配が上がります。

 

パーフェクトシーズンに関しては、ビル・ベリチックは2007年シーズンに16試合制で初めてスーパーボウルまで無敗で到達。

2008年2月3日の第42回スーパーボウルでパーフェクトシーズンを賭けてジャイアンツと対戦しましたが、接戦の末にジャイアンツに逆転負けし、パーフェクトシーズンを惜しくも逃しております。

 

とにかく、ベリチックがドン・シュラの勝利数を抜くHCにいち早くなれるかどうかは、ブレイディ抜きの今シーズンのパフォーマンスにかかっているでしょう。

かつ、ジェッツが強豪になる予定ですので、ベリチックがドン・シュラの勝利数を抜くには多大な時間を費やすことになると、私は思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. John rider より:

    昔の名将と言えばドン・シュラかマッデンってイメージでした。
    ご冥福をお祈り致します。

    そしてベリチックは随所で小汚い事するので名将ポイントが低いです(笑)

コメントを残す

CAPTCHA


Top