【2017-2018:今週のAFC東】Week04(強いぞビルズ編)

ビルズ ファルコンズ マット・ライアン
あなたは本当にビルズ?

我らがジェッツは2連勝で勝率を5割に戻し一安心。開幕前に16連敗するとか言った奴はどこのどいつだい?

これで同地区のライバルが全員負ければハッピーなのですが、予想外の結果となりました。

今週のAFC東はどない?

[SPONSORED LINK]

ドルフィンズ 0-20 セインツ

毎年恒例のロンドンゲームにてセインツを迎え撃つイルカさん。先週のジャガーさんみたいにロンドンでの大勝を期待するものの、今週もO#死亡。

ファーストドライブはレッドゾーンまで進むものの、カトラーがレシーバーと相手D#とのマッチアップを狙ったはずのパスを逆にINTされ、あじゃパー!

イルカさんD#陣が粘るものの、イルカさんO#陣が D#の弱いはずのセインツ相手にFG1本すら決めれず完封負け。

 

イルカさんは先週のジェッツ戦に引き続きO#の弱さが足を引っ張っております。果たしてカトラーはシーズン最後までもつのか?

ペイトリオッツ 30-33 パンサーズ

なんと!パッツがパンサーズに敗北!!

パッツは先週、このコーナーで指摘したD#の弱さがまた出てしまい、第4Qに14点差つけられるもののブレイディが奮闘して30-30の同点に追いつきます。

しかし、そのブレイディの頑張りにD#陣が答えられず、決勝FGを許してしまいパッツ早くも2敗目です。

一方、パンサーズQB”キャム・ニュートン”はQB初50回目のTDランを記録する活躍。

 

パッツはD#を補強したハズがまたも30失点する危機に。
噂によると元ビルズのCB”スティーブン・ギルモア”は、まだビルズと通じており、チームを混乱させる内通者だという説まで飛び出しております。
(そんなアホな)

ビルズ 23-17 ファルコンズ

先週はブロンコスを倒し、今週はファルコンズを倒すという誰も予想しえない快進撃を続けるビルズ!

まずD#がいい。ビルズD#陣はパスラッシュでファルコンズQB”マット・ライアン”がパスを投げる瞬間に背後から手をかけてファンブルフォース!それを拾ってそのままリカバーTDを決めます。

さらに”マット・ライアン”のパス成功率を約50%に抑えるハイパーD#を見せました。

 

そしてビルズO#はQB”タイロッド・テイラー”のパス精度が上がり、逃げながらもロングパスを通します。今シーズンは、以前のような迷った時のバタバタがなくなり、プレーがスマートになりました。

相手D#は強力なRB陣とテイラーの俊足に加えて、もはやパスも無視できず対策は難しいでしょう。

パスハッピーの今のNFLにおいて、このグラウンドアタックは異端。マイケル・ヴィックがファルコンズに居た時代を思い出させます。

 

取り立てて、ビルズO#の中核となるNo05のQBテイラー、No25のRBマッコイ、No35のRBトルバート、No85の TEクレイ の Noの下一桁「5」のメンツは要注意です。

今週のAFC東

1位:ビルズ(3勝)
2位:ジェッツ(2勝)
3位:ペイトリオッツ(2勝)
4位:ドルフィンズ(1勝)

→ビルズがファルコンズを倒し、パンサーズがパッツを倒すことでビルズとパンサーズのWinWin成立により、ビルズがなんと単独首位!

ジェッツは同地区対決に1勝1敗だが同率ペイトリオッツの上になり2位に浮上!

いつもと違って面白くなってきたぁ!

Week05

ジェッツ vs ブラウンズ

→2連勝ジェッツの次の相手は、未だ未勝利のブラウンズ。

これは3連勝いただきか!?油断大敵、豚肉を焼いたらトンテキ。

ペイトリオッツ vs バッカニアーズ

→今週のサースデイナイトはG+、Amazon、DAZNの3元放送で、世にも珍しいパッツの2連敗をお届けいたします。

頑張れバッカニア~~ズ!

ビルズ vs ベンガルズ

→単独首位の牛の相手は、北の虎ことベンガルズ。

現在単独首位のビルズですが、この後に大失速するパターンは何度も見てきたので、調子が良いうちに勝ち星を稼いでおきたいところでしょう。

ドルフィンズ vs タイタンズ

→O#に問題を抱えるドルフィンズの相手は、マリオタ率いるタイタンズ。

なんとか勝利して首位争いに食らいついて行きたいが、果たしてどうなる?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ふて猫 より:

    こうして観るとBUFにとっては千載一遇の大チャンスですね。PATSはここで負けると(考えられませんが)チームにとってはかなりヤバいと言えるのではないでしょうか?今期のNFLはかなりの確率で番狂わせが多い様に思うのは私だけではない筈です。どうかJETSもこの流れに乗っかって欲しいものですね。

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      長いことAFC東を見てると、ビルズがスタートダッシュに成功するも、後半に大失速するパターンは良くあるのですよ。
      QBトレント・エドワーズしかり、QBライアン・フィッツパトリックしかり。
      パッツも最近は違いますが、昔はシーズン前半は調子悪くて、シーズン後半から鬼のように強くなるパターンがありますから、今のAFC東は5,6年前の状態に戻ったみたいです。
      今回のパッツはシーズン最後までD#崩壊でお願いしたいところです。

  2. あきこ より:

    順位表、pats がjetsの下というのがなんとも悔しいですね。やはり呪いでしょうか・・・。
    苦労して得点し、簡単に失点する感じです。

    1. JETS狂 より:

      あきこさん>
      こんな順位は幻みたいなものです。この後、いつもどおりの展開になるのかと思いますが、今シーズンはなんせ呪いがありますからねぇ。
      オラ、ワクワクしてきたぞ!

  3. みきのり より:

    カトラー、怒ってましたねえ。アジャイーもまさにアジャパーって感じでした。
    イルカさんが早くも脱落気配、パッツはマッデンマッデンで(ブレイディ自身は頑張ってますが)、JETSは復調。
    ビルズが目の上のコブですが、こりゃマジイケるかもしれませんね。

    他地区に目を移すと、我がシーホークスはラッセル奮闘で久々に快勝。
    でもマリオタはまた怪我しやがるし、ベアーズはまだグレノン使いやがるし、NYGは4連敗しやがるしで、個人的にはモヤっと感は否めません。
    Week5はやっとお披露目のトゥルビスキーに注目したいと思います。

    1. JETS狂 より:

      みきのりさん>
      まだまだ荒れそうですね今シーズン。開幕前の予想なんて既に意味のないものになりました。
      ビルズはアクシデントが無ければ首位獲れそうですが、パッツとの対戦が後半に固まっているというのが厄介。
      Week5も何が起こるか楽しみです。

  4. Clale より:

    フォーク様はクビですかねぇ・・?
    全部入れていればパッツ粉砕だったんじゃないかと思うと;短いのも長いのも全部左、そして蹴ってすぐわかる外れぶり・・カミソリシュートでたのんますよー;

    1. JETS狂 より:

      Claleさん>
      まぁ、JETSファンからしたらFGの距離が49ydって時点で「わざとディレイして50yd以上にしろって!」と思いました。
      彼はそもそも博打キッカー。簡単な距離をハズすのに50yd以上と決勝FGはハズさないのが面白みでした。
      しかし、こんだけハズすと そもそものキッカーの価値がありませんね。ダラス時代に逆戻りです。
      JETSがよほど彼に合っていたんでしょう。

コメントを残す

CAPTCHA