HOME > NEWS > NEWS(2020-2021) > 【NFL 2020-2021:プレビューWeek02】来襲!NFCの覇者!!の49ers戦
2020年9月20日

【NFL 2020-2021:プレビューWeek02】来襲!NFCの覇者!!の49ers戦

どちらも戦力が大幅ダウン

開幕戦はスコア以上に悪い内容で失望させられたジェッツ。

立て直しを図りたいところですが、次の相手は昨シーズンにNFCを制してスーパーボウルに出場した49ersです。

強敵には違いありませんが、49ersも開幕戦を落としているのでジェッツに付け入るスキはある?

[SPONSORED LINK]

事前情報

・ジェッツ、RB”レべオン・ベル”がショートIR入り(3週間欠場:今シーズン特殊ルール)。

・ジェッツ、LB” Alec Ogletree”、WR” Josh Malone”、RB” Josh Adams”をロースター入り。

・49ers、CB”リチャード・シャーマン”がショートIR入り。

インジャリーリスト

49ers

Player

Position

Injuries

Practice Status

Game Status

Dee Ford

DE

Neck

Did Not Participate In Practice

Questionable

Jason Verrett

CB

Hamstring

Did Not Participate In Practice

Out

George Kittle

TE

Knee

Did Not Participate In Practice

Out

→ありがたいことにTE”ジョージ・キトル”がアウト。かつ、「事前情報」に記載したとおりCB”リチャード・シャーマン”がIR入りで欠場の上に、デプス上はシャーマンの左CBのバックアップであるCB”ジェイソン・バレット”もアウトという状況。

攻めるならここしかない!

Jets

Player

Position

Injuries

Practice Status

Game Status

Tarell Basham

LB

Hip

Limited Participation in Practice

Questionable

Jamison Crowder

WR

Hamstring

Did Not Participate In Practice

Out

Avery Williamson

LB

Hamstring

Limited Participation in Practice

Questionable

Joe Flacco

QB

Neck

Limited Participation in Practice

Out

唯一頼りにしており、開幕戦でも個人技でTDを決めたLB”ジェイミソン・クラウダー”がアウトという最悪の状況。

LB” エイヴリー・ウィリアムソン”がクエスチョナブルも困ります。

QB”ジョー・フラッコ”のクビは開幕前からのもので、予定より回復が遅れてるようです。

シミュレーション(MADDEN NFL 21)

どうなる49ers戦

昨シーズンのNFC王者(スーパーボウル敗北)の強敵49ersですが、意外にも初戦のカーディナルスに負けております。

主な敗因はWR”ディアンドレ・ホプキンス”をCB”リチャード・シャーマン”が止める事ができなかったことが大きいところ。

ベテランの名CBといえど、スピードに対してそのテクニックは機能しません。かつてジェッツの名CB”ダレル・リービス”もテキサンズ時代のホプキンスに太刀打ちできなかった事が思い出されます。

 

しかし、ジェッツにはそんな素晴らしいWRがいないどころか、頼みのWR”ジェイミソン・クラウダー”が欠場の最悪の状況です。

開幕戦は落球しまくったレシーバー陣がマシになっていることを祈るのみです。あとWR”クリス・ホーガン”にもそろそろ働いてもらいましょう。

 

レシーバー問題に加えて、49ersのDE”ニック・ボサ”を中心とするパスラッシュに対して、新生OLがどこまでQB”サム・ダーノルド”を守れるかも注目です。

開幕戦ではビルズにライン戦で負けている感がありましたが、1週間で修正していることに期待するしかありません。

RB”レべオン・ベル”の欠場は、ベルのランがそもそも出ないので気にしていません。RB”フランク・ゴア”やルーキーの出番を増えて、ランO#が覚醒する可能性に賭けます。

加えて、1試合目は悪かったダーノルドですが学習能力があるQBなので、彼なりに今のレシーバー陣の状況を考慮してパスO#を立て直してくれるでしょう。

 

一方、ジェッツD#は49ersRB”ラヒーム・モスタート”はそこそこ止めれると見ています。しかし、49ersのTE”ジョージ・キルト”が欠場とはいえDB陣の弱さが致命的です。

S”マーカス・メイ”を積極的に前に出してQB”ジミー・ガロポロ”にプレッシャーをガンガンかけて潰すしかありません。

ビルズのQB”ジョシュ・アレン”のように瞬足で逃げられる心配は無いので、ここはDC”グレッグ・ウィリアムズ”の腕の見せ所です。

今週の勝利への金言

勝つか負けるかより、対戦相手の遠征に「コロナに気をつけろ」という気持ちの方が勝るシーズン

以上

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA


Top