HOME > NEWS > NEWS(2020-2021) > 【NFL 2020-2021:Week05】ニューヨーク・ジェッツ vs アリゾナ・カーディナルス
2020年10月13日

【NFL 2020-2021:Week05】ニューヨーク・ジェッツ vs アリゾナ・カーディナルス

ジェッツ カーディナルス ジョーフラッコ
頼むぞフラッコ!

泥沼4連敗のジェッツの次の相手は、2勝2敗のカーディナルス。

この試合はQB”サム・ダーノルド”が欠場し、元スーパーボウルMVPのQB”ジョー・フラッコ”が先発します。

もはやフラッコがチームに変革をもたらす事に期待せざるえません。

さて、どうなった?

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

ハイライト&データ[GAME CENTER(NFL.com)]

 

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

カーディナルズ

7

10

7

6

30

ジェッツ

0

3

7

0

10

オフェンス

QB”サム・ダーノルド”が負傷のため、先発は”ジョー・フラッコ”。さすがのスーパーボウル王者も肝心なところで落球するWR陣ではどうにもならず、O#は停滞。

特に先日活躍したWR”ジェフ・スミス”やWR” ブラクストン・ベリオス”の3rdDownやTDパスの落球は試合に大きく影響しており、この辺りはQBが変わった事に順応できない経験の浅さもあるのかと見ています。

しかし、TE”クリス・ハーンドン”のドロップは弁解の余地なし。以前の試合でも簡単なパスを落球しており、ドラフト上位のパフォーマンスではありません。

 

あいまって、フラッコのスタッツは、パス18/33回195yd獲得、1TD、0INTと、冴えない結果に終わりました。

カーディナルスの「反則が多い」という弱点を得点につなげる事ができないのが、非常にはがゆい。

 

活躍したのは、ベテランWR” ジャミソン・クロウダー”。8レシーブ116yd獲得、1TDとフラッコの期待に応えたレシーバーは彼だけでしょう。

 

復活したRB”レべオン・ベル”はそこそこ走るものの振るわず、ラン13回60yd、0TD。掴まれたら簡単に倒れ、セカンドエフォートありません。ただの軽いRBです。

ベルはランに使うよりも、レシーブさせた方が活きると思いますが、ゲイズが「ベルはパスゲームに使う」とか言っていたわりに、ターゲットとなったのは1回のみです。

 

OLは3被サック。ドラ1LT”メカイ・ベクトン”の欠場もありますが、そこよりC”コーナー・マクガバン”とRG”グレッツ=バン・ロッテン”あたりの正面が弱かった印象があります。

 

何にせよ、プレーコールも足を引っ張りました。

序盤に敵陣13yd、4thDown-1ydでギャンブルをしかけるも、RB”レべオン・ベル”のランが抜けず失敗します。

慎重にFGで点差を縮めるべく状況に、これまで失敗しているギャンブルを凝りも無くコールするところに変化は見られません。

ギャンブルするにしても、ベルに普通のランをさせるのは無いでしょう。

ディフェンス

プレビューの予想どおり21点以上取られ、30失点。

QB”カイラー・マレー”自体それほど上手いQBという印象は受けませんでしたが、結果的にパス27/37回380yd獲得、1TD、1INTとやれています。

 

序盤はWR”デアンドレ・ホプキンス”とWR”ラリー・フィッツジェラルド”のカーディナルスの2枚看板を上手く封じていていましたが、WR”クリスチャン・カーク”にやられます。

そして後半は、ホプキンスの猛攻にジェッツのDB陣は対応できません。QB”カレー・マレー”がヤケクソに投げたロングですら、DBに絡まれつつワンハンドレシーブでTDにしてしまう恐るべきWRです。

 

ランD#はそこそこ機能していたものの、1QのRB”チェイス・エドモンズ”の29ydTDランは痛かった。膠着を崩すこの1プレーが無ければ、いい勝負をしていたかもしれません。

 

パスラッシュはDL”ジョン・フランクリンマイヤーズ”が1サックと頑張りますが、サックはこの1回のみ。D#のハイライトは、LB”ネビル・ハイアット”のディフレクトから、LB”エイヴリー・ウィリアムソン”がINTしたぐらいでしょうか。

繰り返しになりますが、予想通りのD#です。

スペシャルチーム

本日のK”サム・フィッケン”は、26ydのFG1本成功のみ。

P”ブランデン・マン”が6本のパントを4回相手20yd以下に入れ、最長59ydを蹴る活躍をしています。

このパントが無ければ、もっと失点していたでしょう。隠れてD#に貢献しています。

総評

予想通りD#は点を取られるのでO#の爆発が勝機でしたが、爆発するハズもなく大差で敗北です。

RB”レべオン・ベル”に関しては、ジェッツに嫌気がさしてトレードを要求しているという話が出ています。

彼のパフォーマンスと悲惨なチーム状況下では、とっととチームから出した方がいいのですが、どこもトレードに応じないでしょう。

 

さて、1996年以来の実に24年ぶりに開幕5連敗という最悪のシーズンとなったジェッツ。

世間では、「ジェッツのドラフト全体1位でQB”トレバー・ローレンス”をゲットすることだ」という話も聞かれます。

タンクに徹するにしても、16連敗の逆パーフェクトだけは避けたいところですが、そのたった1勝も難しいチーム状況です。

 

来週は、本来チャージャーズと対戦する予定でしたが、コロナによるスケジュール変更でイルカ戦になるようです。

イルカは今週、元ジェッツのQB”ライアン・フィッツパトリック”がレーティング154という驚異のパフォーマンスで49ersに勝利したとのこと。

フィッツおじさんの持続しない好パフォーマンスを逆手にとり、好調の反動で絶不調になることに勝機を見出すしかないでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ベルよサヨナラ より:

    レベオンベル、一時期ナンバーワンランニングバックじゃないかと言われたりしましたが、なんだったんでしょうね。
    スティーラーズが魔法でも使っていたのか、いややはり全盛期に意味のわからん一年プレーしない選択が何か重大なものを失わせたのか、オフェンスラインが弱いだけじゃなく、本人の動きも全然別人です。
    アントニオブラウンや、マータビスブライアントらの件も含め、スティーラーズ産のオフェンス選手を取るのは危険ですね。
    ジェッツの停滞は本当に悲しいです。ペイトリオッツ亡き後の地区覇権チームになってほしかったですが、ビルズが台頭しそうで何年も苦しみかねない雰囲気が。。大丈夫か。。
    ランでゴリゴリ、激しいブリッツのディフェンス、という強いジェッツの時代に早く戻って欲しい。

  2. ツツッタッタ より:

    ふ〜む、96年以来の開幕5連敗ですとな。まだ私、NFL見てない頃の話ですわ。
    でもまあ、エースQBが欠けただけで開幕から負けまくる蹄鉄のチームとか、特に何も欠けなくてもシーズン全敗するチームもあることですし、それに比べれば。

    パンターはなかなかいい仕事してますよ。
    Week02あたりでも、エンドゾーンから軽く70ヤード以上蹴り込んだ記憶もありますし、これからのNFLはパントの時代です。

  3. とみい より:

    ドラ1でQB獲得なんて何の解決にもならない事しないだろう…と思いたいですが現状のフロントならやりかねないか…

コメントを残す

CAPTCHA


Top