HOME > NEWS > NEWS(2020-2021) > 【NFL 2020-2021:Week12】ニューヨーク・ジェッツ vs マイアミ・ドルフィンズ(2)
2020年12月1日

【NFL 2020-2021:Week12】ニューヨーク・ジェッツ vs マイアミ・ドルフィンズ(2)

ジェッツ サム・ダーノルド
ダメだこりゃ

既にシーズンエンドし、目指すは1勝とドラフト全体1位となったジェッツ。

相手は首位ビルズを1勝差で追いかける同地区ドルフインズです。

ジェッツはこの試合からQB”サム・ダーノルド”が復帰。フランチャイズQBによる連敗脱出が期待されます。

一方、ドルフィンズはQB”トア・タゴバイロア”が練習中に指を負傷したため、先発を元ジェッツのQB”ライアン・フィッツパトリック”に変更し挑みます。

今日こそやるぜ!イルカ狩り!

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

ハイライト&データ[GAME CENTER(NFL.com)]

 

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

ドルフィンズ

3

10

0

7

20

ジェッツ

3

0

0

0

3

オフェンス

肩の負傷が完治したハズのQB”サム・ダーノルド”がもう全然ダメ。パスのコントロールが悪すぎて、話になりません。

レシーブしたとしても、レシーバーが高すぎるパスやリードすぎるパスを無理やり取ってくれている感じでした。

 

得点はファーストドライブで決めたFGのみで、スタッツはパス16/27回197yd獲得、0TD、2INT。レーティングは64。

この2回のインターセプトが酷いったらありゃしない。

まず1回目が、ロールアウトしながら敵にドストライクに投げる。

 

2回目も超ターンボールで敵に譲渡。

相手がCB”ゼイビア・ローズ”だったとか関係ありません。サルでもINTできます。

勝つつもりなら、途中でフラッコか、ドラフト4巡で獲得したQB”ジェームズ・モーガン”に交代すべきでしょう。もはやタンクするのに うってつけのQBです。

 

酷いといえば4thDownギャンブルも酷い。1ydのギャンブルでRB”フランク・ゴア”の正面からの突進をOLが割られて止められました。

プレーがこれ一択しかないのはバレバレだとしても、せめてこれは決めて欲しかった。モメンタムを掴むところがありません。

 

RB”フランク・ゴア”自体は、キャリー18回74yd(平均4.1)と大奮闘。ダーノルドがダメダメな時に1人でファーストダウンを取る姿には感動すら覚えます。

WR”デンゼル・ミムズ”やWR”ブレシャド・ぺリマン”もダーノルドのクソパスを無理やりレシーブする奮闘ぶりを見せ、彼らのレベルの高さを垣間見ました。

 

それだけにダーノルドの出来に左右されてしまった内容です。

直近の試合でフラッコがそこそこの成績を残しているだけに、もはやダーノルドに弁解の余地はありません。

ディフェンス

ドルフィンズ先発がQB”ライアン・フィッツパトリック”ということで、ある意味で不安定なタゴバイロアよりも嫌な相手です。

ロングパスは無いものの、時間をかけてダラダラ進んできます。そのダラダラと1stDown更新を許すのも、ジェッツのDB陣の弱さでしょう。

WR”デボンテ・パーカー”に8レシーブ119ydも許しました。先週のチャージャーズ戦と同様で、ドルフィンズは困ればエースWRに投げれば個人技で負けないという、ジェッツの弱さが露呈します。

 

QB”ライアン・フィッツパトリック”のスタッツは、パス24/39回257yd、2TD、0INT。レーティングは93.1とまずまず。

勝てるバックアップこそ最高なのですが、今回はトアが練習中での負傷のために、フィッツパトリックおじさんが先発したというところに、何か闇を感じざる得ません。

 

ジェッツD#が2シリーズ連続でRBからファンブルロストを誘発し、久々に4サックを記録する活躍をみせますが、それを生かせないO#なのが非常に可哀そうです。

スペシャルチーム

先週の失態でキッカーを”サム・フィッケン”から”セルジオ・カステロ”に交代

しかし、13プレーもかけて進んだ挙句の29ydの簡単なFGを外しました。

もはや、誰を信じていいのか分かりません。

総評

イルカ狩りにも失敗して11連敗。逆パーフェクトが色濃くなってきました。

しかしながら、以下の記事を見ると開幕11連敗って、結構あるのですね。こんなところで心が和みます。

15 NFL teams that have started 0-11 since 1970

 

私はジェッツの悪い環境からダーノルドを擁護してきましたが、これほどダメでは擁護しきれません。ダーノルドのジャージを買わなかったことは、ナイス判断でした。

しかし、この状況でもHC”アダム・ゲイズ”はQBを変える気は無いようで、ダーノルドと心中するつもりです。

 

この後、どこかで1勝できればよいのですが、ドラ1争いのライバルであるジャガーズも1勝をキープ。凄まじいタンクぶりを見せて、あなどれません。

1勝するにも、相手を考えねばならない難しい状況となっています。
(1勝できるならね)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. T.Takahashi より:

    相手QBが強きを助け弱きを挫くことで定評のあるライアンだけに苦戦は想像できたとはいえ、D#も驚くほどのインターセプトぶりには天を仰がずにはいられません…(;´д`)トホホ…

  2. ドラフトの怖さ。数年を無駄にする。 より:

    ダーノルド指名したときから終わってたということがわかる結果でしたね。
    多分3年後くらいにはNFLにいないかもな、レベルかな、ダーノルドは、と。
    もしかしたら、ダメダメで勝てないうちにイップス的になる選手もいるのでしょうから、そのパターンかもしれませんが。。
    そしてその指名の代償が大きくて、アダムスに逃げられたり、再建の名の下にグッドプレイヤーも大放出してしまってますから、厳しいですね。
    殿堂入り級のクォーターバックを当てないといけないと。
    いっそ、クォーターバックはベテランを取って、一位指名権をトレードダウンしてスキルポジションの充実の枚数を増やす方がいいかもしれませんけどね。

  3. ふて猫 より:

    もはや逆パーフェクトシーズンまで秒読み開始のようですね(⌒-⌒; )

  4. enjiiro より:

    QBと共にHCは心中する。
    HCと共にGMは心中する。
    GMと共にオーナーは心中する。
    ファンがそれに巻き込まれる。・・・悲惨だ。

  5. Ryan より:

    ジェッツが俺たちのスーパーボウルを制覇した途端にブログ終了とならないことを祈ります。

  6. 突撃ヘタレ より:

    ジェッツの現状は厳しいけど、2021年度の全体1位指名権のことを考えるとワクワクしますね。
    やっぱり全体1位指名はQBかな
    サムには悪いけど今季までということで、OLが崩れてもポケットから飛び出せる瞬発力のあるQBがいいですね。

  7. ローゼン より:

    「俺使えよ」

コメントを残す

CAPTCHA


Top