HOME > Topics > 【WWE】レッスルマニア37、1年1か月ぶりに観客を入れ興行。その観客数をスーパーボウルと比較
2021年4月13日

【WWE】レッスルマニア37、1年1か月ぶりに観客を入れ興行。その観客数をスーパーボウルと比較

やはり観客は必要

2021年4月11日(日本時間)に開催されたプロレス業界のスーパーボウル「レッスルマニア」。

この大会でWWEは実に1年1か月ぶりに観客を入れての興行を行いました。

NFLでも同年2月のスーパーボウルで既にかなり観客を入れて開催しましたが、WWEではどのくらいの規模だったのか確認してみましょう。

[SPONSORED LINK]

レッスルマニア、スーパーボウルと同会場「レイモンド・ジェームス・スタジアム」で開催

特筆すべきは、今年のレッスルマニアは2か月前にスーパーボウルを開催した「レイモンド・ジェームス・スタジアム」で行われました。

本当は1年前にこのスタジアムで開催する予定だったのですが、コロナ禍に入ったためスタジアムでの開催を1年延期したのです。

 

観客を比較するために、まず2021年2月に開催されたスーパーボウル55の観客の様子をご覧ください。

観客スーパーボウル

観客スーパーボウル

 

満席に見えて、実は観客に見えるボードを客席においてソーシャルディスタンスを取っており、発表された観客数は

24835人

となっております。

前回、同会場で2009年に行われたスーパーボウル43の観客数は70774人なので、1/3近くに観客を減らした事になります。

参考記事:

CHALLENGER コロナ感染拡大で不安を抱えながら開幕したNFL2020シーズンも、とうとう最終決戦のスーパーボウルに到達。 史上最高のQB”トム・ブレイディ”が率いる新生

 

今回開催されたレッスルマニア37の様子がこちら。

 

2日間に分けて開催され、両日ともかなりの観客数を入れているように見えて、観客数は公式発表で1日目・2日目とも

25,675人

となっており、スーパーボウルより圧倒的に多いように見えて、実は1000人弱の増加しかありません。

 

今回のレッスルマニア、いつもは全客席を明るくするところ、リングサイド以外はかなり照明を暗くしています。

これはプロレスでよくある手法で、ガラガラの客席を見せるとTVの視聴者の印象が悪くなるので、照明を消したり黒い幕を張ったりするのです。

写真を見直すと、リングサイドは密ですが後ろのスタンド席はスーパーボウルと同様に人型のボードを置いて観客の距離を取っています。

 

今後のWWEは客を入れるわけでなく、「サンダードーム」でのオンライン興行を続けるようで、コロナ禍から完全復活したように見えて、以前の状態には遠い状況です。

参考記事:

新たな時代に爪跡残す、それがWWEだ! 2020年2月頃に中国・武漢から始まったコロナウィルスのパンデミックは、「夏には終息するだろう」という予想を覆し、8月後半の未だ猛威を振る

 

まだまだ完全に観客を入れての興業は難しい現状。

コロナも早く根絶して、ペストや結核などの過去の病気になる未来に期待しています。

おまけ:レッスルマニア37 ハイライト

1日目:

2日目:

結果まとめサイト:

https://aozora-pwresult.com/archives/45264

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ふて猫 より:

    1日も早くコロナが終焉して元の熱い熱気が戻る日が来ると良いのですがね(⌒-⌒; )

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      かつての伝染病も撲滅できたのだから、コロナも将来的にそうなると思います。
      しかし、こんな世の中にした元凶の中国にはなんらかの制裁は必要ですね。

コメントを残す

CAPTCHA


Top