HOME > NEWS > NEWS(2020-2021) > 【NFL 2020-2021】第55回スーパーボウル(2021) カンザスシティ・チーフス vs タンパベイ・バッカニアーズ
2021年2月11日

【NFL 2020-2021】第55回スーパーボウル(2021) カンザスシティ・チーフス vs タンパベイ・バッカニアーズ

CHALLENGER

コロナ感染拡大で不安を抱えながら開幕したNFL2020シーズンも、とうとう最終決戦のスーパーボウルに到達。

史上最高のQB”トム・ブレイディ”が率いる新生バッカニアーズがNFL史上初のホーム開催で、前年の王者チーフスを迎えます。

 

新時代を担うチーフスQB”パトリック・マホームズ”が、ブレイディを頂上決戦で倒してNFLは新たな時代を迎えるのか?

それともブレイディがマホームズを返り討ちにし、NFLの頂点を死守するのか?

まさに頂上決戦に相応しいゴールデンカードになりました。

[SPONSORED LINK]

試合の前に

スポーツバーでの観戦会はコロナによる緊急事態宣言中のため中止。そこで私主催のオンライン観戦会を行いました。

私も初の試みなので開始の掴みが分からず、JETSチャントとB’zのライブ形式の掴みに行くもののスベる!!

しかし、観戦会は楽しんでもらって無事終了。

やはり、スーパーボウルぐらいはSNSではなく肉声での「反則しすぎだろ!」「今のは取れよー」などツッコみあいが必要です。

反省点としては、TVの音が大きい参加者から聞こえる音が入ってきて自分のTVの音と遅れて被るので、参加者はなるべくTVや自分の視聴環境の生活音を入れない配慮が必要です。

リモート会議では普通の事ですが、観戦会となるとそのあたりの意識が抜けてました。次回はこの辺の対策を考えます。

スーパーボウルの観客は?

コロナ感染拡大により、これまでの試合は無観客か観客数をかなり制限されてきました。

しかし、スーパーボウルは別格。このように観客が超満員。

 

と、思ったらほとんどがボード。実際の観客数は22000人(うち7500枚のチケットはコロナと戦う医療従事者へ配布)、そして人型のボードは30000人分でした。

半分以上がボードでも、やはりスポーツに満席の観客は必要です。

オープニング

America the Beautiful:H.E.R

 

国歌斉唱:エリック・チャーチ&ジャズミン・サリバン

 

フライオーバーはなんと、B-1「ランサー」、B-2「スピリット」、B-52「ストラトフォートレス」の戦略爆撃機3兄弟!

不揃いなのが逆にカッコイイ。軍事マニアにはたまらないオープニングだったでしょう。

追記:これらの機種名の数字を足すと、今回のスーパーボウルの「55」になることをフォロワーさんより教えて頂きました。

JETS狂の宴は皆さんに支えられて生きております。

第1Q

両軍緊張しているのか動きが硬い。パントの蹴りあいからようやくチーフスがランで突破口を開いてFG。

チーフス 3-0 バッカニアーズ

 

バッカニアーズはRB”レナード・フォーネット”のランが出だすと、ブレイディがリズムを掴む。

裏をかいたWR”アントニオ・ブラウン”へのパスを織り交ぜて、最後はプレイアクションから長年の相棒であるTE”ロブ・グロンコウスキー”へのショートパスからTD!

チーフス 3-7 バッカニアーズ

 

実はブレイディ、今回10回目のスーパーボウル出場で第1QでTDを取ったのはこれが初めて。

ブレイディとて、これまで大舞台では慎重に様子を見ているのかエンジンのかかりが遅かったのだが、早々にブレイディ得意のリズムでTDを取れたのは大きな収穫。

第2Q

もはやブレイディのオフェンスに対してチーフスのディフェンス陣は何をしていいのか分からず混乱。

DT”クリス・ジョーンズ”がOLのしつこい行為にカッとなり押し返したため、アンネセサリー・ラフネスをとられ15yd罰退。

この時、悪魔のようにほくそ笑むブレイディの表情をカメラはとらえてしまった。

もしかしたら、私たちは見てはいけないものを見てしまったのかもしれない・・・

 

エースWR”マイク・エバンス”へのパスで31ydゲイン!敵陣6ydにバッカニアーズが進み、もはやTDは時間の問題かと思われたが、バッカニアーズは敵陣1ydからのギャンブルに失敗。

RB”ロナルド・ジョーンズ”のボールが線を越えているような突進に、オンライン観戦会でも「いやいや入ってるでしょ」「女性目線はこれだから」と、真横で判定したスーパーボウル初の女性審判”サラ・トーマス”に対する最近話題の森会長みたく女性蔑視発言が飛び出すも、チャレンジによるレビューは・・・

これは止めている!!女性蔑視発言した奴、詫びろ!詫びろ!詫びろ!!
はっ!私だ!!∑(゜ Д゜)

 

チーフスディフェンスの粘りにより失点を防ぎ、これでモメンタムはチーフスかと思いきや、強烈なパスラッシュに追われたマホームズが投げたパスをTE”トラビス・ケルシー”が落球しパントで終了。

チーフスにモメンタムはまだ来ない。

 

それどころか、P”トミー・タウンエンド”がスナップしたボールをファンブル。これを処理してパントするも、ホールディングにより下がってパントを蹴り直し。

その蹴り直しで、とんでもないクソパントをやってしまい、バッカニアーズに敵陣38ydからのオフェンスを与えてしまう!
!∑(゜ Д゜)

 

相手のミスにつけこむのはブレイディ様の得意技。

かつ、チーフスS”タイラー・マシュー”のインターセプトがCB” チャーバリアス・ウォード”のホールディングでパー!

さらにバッカニアーズオフェンスをFGで抑えたと思ったら、CB”アントニオ・ハミルトン”がオフサイドをやらかして、バッカニアーズにファーストダウンを献上!
( ̄Д ̄;;

(※映像ではハミルトンの反則となっているが、記録では”メコール・ハードマン”にペナルティとなっている。たしかにハードマンの方が飛び出しが早いので付け直したと思われる)

 

これだけ致命的な反則が連発するのは珍しい。チーフスディフェンスが荒れている。

そのスキをついてブレイディは敵陣17ydから またもTE””ロブ・グロンコウスキー”へTDパスをヒット!

 

投げあぐねた時、居て欲しい所に居るのが戦略を超えて通じる真のホットライン。このパスに2人のきずなの深さを見ました。

エデルマンは、テレビの前で嫉妬に狂い、ハンカチをくわえて「キーッ」となっていたでしょう。(妄想)
(;´Д`)ノ

チーフス 3-14 バッカニアーズ

 

チーフスもやられっぱなしではない!マホームズがTE”トラビス・ケルシー”へガンガンミドルパスを通して前進。

しかし、FGで終了。

チーフス 6-14 バッカニアーズ

 

なんだかんだで、まだワンポゼッション差。チーフスなら秒で逆転できる状況。しかし!!ここでチーフスにまたも不要な失点が発生!

前半残り55秒からバッカニアーズのオフェンス。バッカニアーズのタイムアウトは1つ。

バッカニアーズ的に無理してオフェンスする必要はなく、時計を流して終了するのかと思いきや・・・・

チーフス「タイムアウト!」

はぁ!!?!∑(゜ Д゜)

いやいや、まだオフェンスもディフェンスも本調子じゃないだから、このまま流して長いハーフタイムで仕切りなおせよ!

 

ここで私のナイスツィート!

 

そう、アンディー・リードといえば、プレーオフでのタイムマネジメントのまずさで自爆してきた過去があります。

特に2013年シーズンのワイルドカード、チーフスvsコルツは酷かった。

チーフスは後半28点差でリードしてるなら時間を潰せば普通に勝てるのに、パスにこだわってコルツに無用な時間を与え、QB”アンドリュー・ラック”に大逆転負けを喫っしたのは衝撃でした。

絶望からの回帰 とうとうプレーオフスタート。 その1試合目はHC"アンディー・リード"&QB"アレックス・スミス"の新生チーフスと、昨シーズンに続き天才QB"アンドリュ

 

この私の予感は的中。ブレイディのロングパスはCB”バシャード・ブリーランド”のパスインターフェアランスにより、一気に敵陣24ydへワープ!

このブリーランドは、今シーズン出場停止処分を喰らった上に反則の常習犯でKCファンにとっては困ったちゃんらしい。

 

さらにS”タイラー・マシュー”まで反則して敵陣1yd。ここまできたら簡単な仕事。

バッカニアーズのワンバック体型に「さっきみたいに止める!」と思っているチーフスディフェンスに対して、裏をかくWR”アントニオ・ブラウン”へのパスでTD!

チーフス 6-21 バッカニアーズ

 

さらにチーフス、S”タイラー・マシュー”が引き上げるブレイディを捕まえて、何か罵声を浴びせてアンスポーツマンライク・コンダクトまで取られる始末。

キレるならブレイディでなく、自分らのボスである”アンディー・リード”でしょ。
(;´Д`)ノ

ハーフタイムショー

The Weeknd’s

コロナ防止のため、いつものようにフィールドに客を入れて密になれないので、スタンドのセットから登場。

そしてフィールドに降りて、最後は日本のCMでもおなじみ「Blinding Lights」を歌い上げるも、ダンサーがまるで「変態仮面」なので、ツィッターのトレンドに「変態仮面」がランクイン!

ウィークエンド 変態仮面 スーパーボウル

時を超えて「変態仮面」すらトレンドにするとは、さすがスーパーボウルは別格。

「次のページへ続く」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. パーピ より:

    お疲れ様でした。現地のトニーロモの解説曰く、チーフスDのセカンダリー陣は手癖が悪い人が多いとのことで今回のスーパーボウルではそこがモロに出たかなと。ただバッカニアーズもO、D共にプレーオフ、スーパーボウルになってピークが来たようなパフォーマンスはこれもブレイディ効果なのかなぁと思いました。
    ここからのオフシーズンはQBが入れ替わりそうで面白そうですね。

  2. よっぴ より:

    さすがjets狂さん。
    試合だけでなく、パレードまでまとめられるとは。
    見たい情報すべて入ってました。
    今回はバントはしないかと思ってみてましたが、危うく池ぽちゃ。
    話題には事欠きませんね笑

    今年も楽しい記事ありがとうございました。

  3. みんなにききたい より:

    ここに来る人皆さんにききたい。
    自分の目に自信がないから。
    スーパーボウルの審判って公平だった?
    インターフェアやホールディングの基準が厳しくフラッグ多めになるタイプの審判だったとは思う。だけど、その割にバッカニアーズはファウルが少なかった。あの基準だともっと発生するはず。特に4クォーターの最初の4ダウンギャンブルに出る前のサードダウンのエンドゾーンへのパスとかチーフス側は反則取られてたのでは?と感じた。
    あと、グロンコウスキーのオフェンスインターフェアじゃないか?が三回くらいあったのではと。
    思い込みもあるだろうから、みんなの意見がききたいです。

    1. hhh より:

      個人的に今回のSBの審判の判定については両チームの意識の差が出た部分もあるかなと思います。
      第一Q最初の方で解説も今日の審判は厳しいかもしれないみたいな事言ってたと思いますが。
      最初に厳しめの判定が出たなら、そこがラインになってしまうわけで。その対応が出来たか出来なかったか。
      KCはO#の強さで勝ってきたためか、特にD#がいつもどおり動いてしまっている感じでしたが。
      TBはO#スクリーンの時に接触はしてるけども掴まないようにあるいは掴んでるように見えないように手をパーの状態で触れていたり。守備の際に肩に手を乗せる時も同じ様に、常にでは無いですが。抱え込んでもジャージが伸びないように、ある程度チームで審判厳しいぞ、と統一した動きはあったように見えました。
      もちろんTVで見える映像の部分のみですので両チーム実際どうだったかはわかりません。
      しかしチーム全体で意識しているような動きをみせられると、意外なほどに反則はとられなくなるもので。
      結局それは審判の感情心理じゃないかと言われれば、そうなんだと。審判は人間が行うものだからだと。
      でもそういったゆらぎもスポーツだと。機械が完全に判定する時代は来て欲しくは無いなと私は思います。
      まぁでも審判が~贔屓が~○○パイヤが~というのもスポーツの楽しみ方の一つだと思うので。
      行き過ぎなければ、プロレスのヒールに対する野次みたいにブーブー言っちゃえばいいと思います。
      私はTVの前でアンディ・リードにブーブー言ってました。
      それでは、横から長々と失礼致しました。

    2. あぶこ より:

      私はブレイディファンなのでどうしてもファン目線で見てしまうので参考にはなりませんが。
      チーフスサイドは反則をするときの間が悪い印象がありました。やり過ぎ感というか隠す感じが無いというか。重要な場面での反則はまたかという印象。数年前のAFCチャンピオンシップの後半、グロンクが弾いたボールをインターセプトされ負けたと思ったらオフサイドだったことが・・・今回も似たような場面がありあれでゲームが決まった気がします。
      ただ審判に泣かされ負けた大きな試合は何度もありますから「いつもブレイディ贔屓」という訳では無いと思います。

  4. パルメザン より:

    ペイトリオッツから来たブレイディとグロンコがオフェンスを率いジェッツを追い出されたトッド・ボウルズがディフェンスを鍛え上げたチームがビルズとの戦いで深手を負ったチーフスを倒した
    今年のスーパーボウルはA東が試合を左右したと言っても過言ではないでしょう

  5. ふて猫 より:

    やはり管理人様の仰る通り満員の観客で開催しないと盛り上がるものも盛り上がらないですね(⌒-⌒; )予想外の展開でしたが、バッカニアーズのD#の頑張りが勝利に繋がったようですね

  6. グリフォン より:

    チーフスDは手癖云々が元々現地で指摘されてたらしいのですがそれが致命的になってしまいましたね。ただ僕としてはスーやエバンスと言ったスターがようやくリングを獲得できたことに感動しました。
    逆にマホームズはここからロジャース、ウィルソンみたいにリングに縁が無く…、と言うこともあり得るので正念場かなぁと思います。

  7. なーなん より:

    今シーズンも楽しい記事おつかれさまです。そして感謝。
    Jet狂さん、毎シーズン本当に楽しませていただいています、ありがとうございます。
     今シーズンも終わってしまい本当に寂しいです。
     シーズン初めからブレイディ様を応援していましたが、優勝するなんて思っていませんでした。見くびっていたと言うしか他ありません、スンマセンでしたGOAT。
     今後も激しくブレイディ様とJet狂さんを応援します。

  8. きんたろー より:

    今年も楽しいNFL記事ありがとうございました。プレーオフは全試合レビューを書いていただけるので、いつも楽しみにしています。
    凄く意外でブレイディとしてはSB初くらいなワンサイドな展開でしたが、ブレイディはマホームズの連覇阻止どころか、AFCチャンピオンシップ入れたら、三連覇阻止ですよね。ファルコンズに大逆転勝利した後、ジゼルの言うこと聞いて引退していたら、ブレイディがSB5勝、マホームズが同3勝になっていたはずで、それが今、7対1となったわけだから、わかりませんね。(ラムズ&ゴフファンごめんなさい。)
    でも、シーズン全体ならブレイディ様のおかげで獲れたSBでしょうが、このSBに限って言えば本当にDF、もしかしたらトッド・ボウルズのおかげですね。ジェッツも密かに貢献しましたね!(ちなみにベルって出てたんですかね?)
    とにかくまずはおつかれさまでした!

  9. ノロイ党 より:

    春日の呪い的には
    1,去年SBでタッチしたことが最後に効いた説
    2、呪いが春日から若林に移った説
    辺り考えてみたんですけどどうなんでしょ

  10. のび より:

    4メンで、あれだけpressureかかると、しかも後半の方がやりたい放題感で、予想されてた展開ですが、ここまで一方的だと、正直、微妙でした。
    来年は、jets出場の熱い試合を、まずはプレイオフ

  11. 江戸川橋博士 より:

    まさか、地元開催のスーパーボウルを制覇できるというところまでは、
    シーズン前の段階ではまったく予想してませんでした。
    トム・ブレイディにトッド・ボウルズ、イニシャルT・Bがチャンピオン
    フラッグをもたらしたのかも。。
    個人的には、このSB制覇に加えて、ジョン・リンチが殿堂入りを
    果たしたこともあり、盆と正月とゴールデンウィークが一気に訪れた気分です。

  12. G.O.A.T好き より:

    ブレッドソーから交代した瞬間からブレイディを応援している者です。
    バッカニーズ強かった。
    スタッツを見るとグロンクが
    WAS戦: 0レシーブ
    NO戦: 1レシーブ
    GB戦: 1レシーブ
    だったのでプレーオフはブロッキングTEとして使うと思っていたらスーパーでこの活躍。
    逆にずっと使っていたロングボムの戦略をほぼ封印。
    チーフスDFは大混乱だったと推察します。
    めっちゃ贔屓目に深読みするとスーパーのための種まきとしてスーパーまではロングボムを使っていたように見えてしまいます。
    スーパーまではグロンクを温存、
    スーパーではゴッドウィンとエバンスに無理なキャッチを要求するまでもなかった、
    ってことに…?
    DFが良かったおかげかプレーオフはかなりの余力を持って勝てた印象です。
    OLがヤバそうとは思ってましたがチーフス相手にこの勝ち方は流石に想像できなかったですね。

  13. 緑のスタジャンは紙袋を被って より:

    ブレイディも、娘が“ダッド、やめて〜”って叫んだ時にやめとけば、いらん批判のネタ(ほぼ言い掛かり)にされることもなかったのに。
    (あの“カレン”呼ばわりされた銀細工職人の娘さん、本当にあそこまで掘り下げる必要あったんかな?)

コメントを残す

CAPTCHA


Top