【2017-2018:Week10】vs タンパベイ・バッカニアーズ

バッカニアーズ ジェッツ ライアン・フィッツパトリック
いやーん、バッカニアーズ

いよいよシーズン後半がスタート。先のビルズ戦で快勝した余韻を残し戦う相手は、未だ2勝のバッカニアーズ。

そして、運命なのか昨シーズンまでジェッツの先発QBであった”ライアン・フィッツパトリック”が敵となってジェッツの前に立ちふさがります。

“ジョシュ・マッカウン” vs “ライアン・フィッツパトリック”、リーグ屈指のジャーニーマンが今、激突する!
(盛り上がる要素ない対決)

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

ハイライト:Youtube

2017年 11月 12日

 

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

ジェッツ

0

3

0

7

10

バッカニアーズ

3

0

6

6

15

 

オフェンス

今シーズン最悪のO#で、正直見てるのが辛かつたです。まずOLが脆弱で、QB#15”ジョシュ・マッカウン”が6被サック、13タックルされます。

ペイトリオッツvsバッカニアーズを見て、バッカニアーズのパスラッシュの強さは見ていましたが、ブロックされずにQBに一直線に来たラッシュが3回ぐらいあり、もうスカスカ。

OLの中でもRG#67”ブライアン・ウィンタース”が漏らす上に2度もホールディングしてO#の足をとことん引っ張りました。

ビルズ戦のRT”ブランドン・シェル”の代役で出た”ブレント・クーベル”を先発に加えたユニットの方がいいのではないでしょうか。

ランブロックも悪くランO#トータル56ydで死亡。さらにRB#29″ビラル・パウェル”はファンブルロスト。RB#22”マット・フォーテ”が欠場とはいえ、これはアカンでしょう。

 

パスに関しても、WR#11″ロビー・アンダーソン”やWR#10″ジャーメイン・カース”が落球して絶不調。風があったとはいえ、3rdDownでのドロップはゲンナリします。

停滞するO#に突破口を見出すべくQB#15”ジョシュ・マッカウン”はWR#11″ロビー・アンダーソン”にヤケクソのロングを投げるもCB#24″ブレント・グライムズ”にINTされる始末で、完全に勝負を仕掛けるタイミングを誤ったミスです。
(この後、CB#27″ダリル・ロバーツ”がINTで返しますが)

 

それでも前半を3-3で終えて、試合終盤には3-9 となり「TD1発でひっくり返してくれる」と信じていたのに逆にTDを喰らって突き放されます。

タイムアウトを使い切ったラスト28秒にやっとWR#11″ロビー・アンダーソン”にロングパスで待望のTDを決めるも時すでに遅し。案の定オンサイドキックは失敗し、ジ・エンドです。

 

「OL、ラン、反則」という、先のビルズ戦で改善されたウィークポイントが、今回は全部出てしまい、先週とは別のチームです。

  1. ふて猫 より:

    正にビルズ戦とは真逆の結果に終わってしまいましたね。第4Qに踏ん張れないのは、若さゆえなのでしょうか?

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      今シーズン、ロードだとダメダメですね。若手たちはどうやら内弁慶に育ったようです。

  2. とみい より:

    若手主体(と言っていいのか分かりませんが)のチームだからか、今シーズンは波が激しいですね。
    シーズン通して低調でない分、さほど見栄えは悪くないですが、なんとももどかしい。

    1. JETS狂 より:

      とみいさん>
      そうなんですよ、負けた試合もほとんど1ポゼション差内であり、勝てそうで勝てません。
      まぁ、その少しの差に見える部分がパッツにあってジェッツに無いものなのでしょう。

  3. John rider より:

    マカウンvsフィッツパトリックってCLEvsNYJみたいですね。
    そしてフィッツパトリック、安定の呪い(笑)
    ウィンストンもかわせなかったようで。

  4. ツヨシ より:

    OL特にひどかったですね!
    やっぱりHC駄目だな~

    1. JETS狂 より:

      ツヨシさん>
      近年まれにみる酷さでしたね。まるでのれんです。
      来年のドラフトはOLですね。あとHCもドラフトできたらいいのになぁ。という心境です。

コメントを残す

CAPTCHA