HOME > Topics > 【追悼記事】アニメ版ゴルゴ13でアメフト選手を狙撃[TOUCH DOWN(タッチダウン)より]
2021年9月30日

【追悼記事】アニメ版ゴルゴ13でアメフト選手を狙撃[TOUCH DOWN(タッチダウン)より]

さいとうたかを先生 のご冥福をお祈りいたします。

2021年9月29日に漫画ゴルゴ13の作者である  さいとう・たかを先生(84)がすい蔵ガンで亡くなられたという訃報がありました。

小学生の時からゴルゴ13を読んでいる私にとって、ショッキングなニュースであります。

思えば口頭で「お」でなく「を」の文字を使う事を説明するときに、『「さいとう・たかを」の「を」だよ』という例えを何回使った事か分かりません。
(そして誰にも伝わらない)

 

しかしながら、現在まで202巻まで発売されているゴルゴ13が作者の死去に終了する事はありません。

さいとう・たかを先生が指揮する「さいとう・たかを プロダクション」は業界初の完全分業制により、かねてから先生自身が自分がいなくなっても作品を続けれる体制を敷いていたのです。

ゴルゴ13 続く

 

ここで「なんだ本人書いてないじゃん」と思うのは大きな間違いです。

たしかに「目玉しか書いてない」という 本宮ひろし の逸話のあおりを喰らったような都市伝説がありました。

 

しかし以前、NHKで放送されていた「漫勉」という漫画家の執筆作業をひたすら映す番組にて、さいとう・たかを先生の仕事ぶりが明らかになるや世間は騒然。

この番組の放送時点で80歳手前でしたが、自身の手でゴルゴ13をバリバリ書いていたのです。しかも、鬼平犯科帳との2本同時連載をこなすタフぶり。

 

しかもプロ精神が凄い。「ゴルゴ13は書きたくないが、読者に求められているので書いており、作品は自分のためでなく読者のためにある」という金言を残しております。

見た目は怖そうですが、ガチの聖人です。初めて漫画を映画のように見せる劇画というジャンルを開発したのも”さいとう・たかを”先生。

ついで、「仮面ライダー」の石ノ森章太郎より先に「超人バロム1」という、変身して怪人と戦う形式の漫画を築いたのも”さいとう・たかを”先生なのです。

さいとう・たかを先生は、小学生の私に男のロマンとエロ漫画を同時に教えてくれた人生のパイセンでした。安らかにお眠りください。

 

ということで、ここから本題です。

このブログの初期にゴルゴ13でアメフトを取り上げた回の記事を投稿しておりまして、今回は”さいとう・たかを”先生の追悼ということで、その記事を復刻版として再掲いたします。

タイトルは「TOUCH DOWN(タッチダウン)」という回で単行本の40巻、文庫版は34巻「チャイナタウン」の中に掲載されております。

当時の記事は深夜にやっていたアニメ版を見た感想です。

それではその気になる内容と、ブログ開始当時の私の粗さをご堪能ください。
(今も記事を書いたら見直しせずに速攻でUPしちゃうぐらい粗いですが)

以下、2009年6月28日に投稿した内容

ゴルゴ13が好きで昔から旅行中や古本屋行ったときなど事あるごとに買って、バラで結構たくさん持ってますが、アニメ版をたまたま見ていてアメフト選手を狙撃する回があった事を知りませんでした。タイトルもそのまんま「TOUCH DOWN(タッチダウン)」

 

その内容はアメフトのスター選手、“ライオネル・ブルー”がタッチダウンの瞬間に額をに狙撃される事件が発生する。

警察ではスタジアムをあらゆく角度から撮影しているハイビジョン映像を元にコンピューターで分析し、狙撃ポイントを割り出してゴルゴの仕事である証拠を掴もうするが、それに反発した老刑事は昔ながらの捜査で証拠を掴もうと聞き込みに走る。

一応警察は、ゴルゴを確保するために検問でコレラ菌患者と一緒にいたという理由でゴルゴを病院に釘付けにするが、病院に拘束されているはずのゴルゴはいつの間にか抜け出して、分析していたハイテク機器まるごと狙撃で破壊して証拠を隠滅するという話。

 

ゴルゴが”ブルー”を狙撃した理由は同チームのブルーに嫉妬した控えQB”トム”とフットボール賭博のブローカーが結託してゴルゴに依頼したから。その容疑者2人ともゴタゴタの中で老刑事が大胆にも射殺してしまう(笑)。

何にせよゴルゴがわざわざ一番狙撃が難しいプレイ中、しかもスクランブルでエンドゾーンに飛び込むタッチダウンの瞬間に射殺する意味が分からない。

そしてゴルゴがわざわざ薬きょうを残したのも謎。全体的にスッキリしない内容で「さいとうたかを」はあんまりアメフトに興味無い事が分かる回でした。

個人的に面白かったのが嫉妬した控えQBの”トム”が、それとなく“ケレン・クレメンス”に似てた事。
ここでも言わせてもらいます。

哀れ!クレメンス(T0T)!!

(※「哀れ!クレメンス!」とは当時よく使っていたフレーズで、ブログの開始時期にジェッツにいた名物バックアップQBが不幸なあまりに生まれました。)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. 滑稽本 より:

    40巻ですな。
    サブタイトルがそのものズバリ「タッチ・ダウン」。
    老刑事は「O・J・シンプソンやジョー・ネイマスにも勝るとも劣らない動き」と褒めてますし(ジョー・ネイマスのプレイスタイルは知らんけど)、サイドラインでも味方選手が動きを褒めていて、実況も動きや脚を褒めていますから、殺されたQBはどうもモバイルQBのようですね。
    走ってるシーンしか描かれてませんしっていうかパスを投げそうな雰囲気が一切ない(滝汗
    ところで、トムはジェッツからボルティモア・コルツに移籍したんですね。
    何でこの2チームがモデルなのかなと思ったら、第3回スーパーボウルでやってるんですね。
    へぇ、だからモデルにしたのかなと思ったら、この作品は78年発表(汗
    街行く人の格好を見るに、まだシーズンが深まっている感じでは無さそうですが・・・

  2. JETS狂 より:

    おお40巻に載ってますか!しかもモデルもあるんですね。貴重な情報ありがとうございます。
    漫画はセリフが多いのでアニメだと細かい描写が省かれてるっぽいですね~。
    しっかし殺された時は激しく飛び込んでタッチダウンしていたのでRBかと思っていたら、「控えQBが嫉妬」とか背番号から被害者はQBだとやっと分かるぐらい試合のシーンは微妙でした(アニメは)。
    古本屋で40巻を探して原作バージョンを確認しておきます。

  3. 滑稽本 より:

    >しかもモデルもあるんですね
    どうなんでしょうね?
    第3回は確かにジョー・ネイマス率いるジェッツが勝ったみたいですけど、ナンセ69年だか68年だかの出来事ですから、参考にするには古過ぎるような???
    RBとQBを一緒くたに語る辺り、確かにアメフトを良く分かってない雰囲気はあるけれど、ゴルゴ13の「スポーツ物」って確かこの回が原作では初めてなような気がしないでも無くもない(読み返す根性が無い←!
    スポーツ物というと他には、野球とかスキーとか競馬とか出てきますけど、それ程たくさんのエピソードが出てくるワケでは無いので、アメフトが持つ、ある種のシンボリックなトコを出したかったって事なんでしょうねぇ。
    サッカーやラグビーは確か出てきてないと思ったです。
    あとアレですね、ゴルゴが薬莢を残していったのはまだまだ40巻程度の未熟者だから、かと(滝汗

  4. JETS狂 より:

    スポーツモノといえばF1絡みのエピソードもあったような気がしますね。
    ゴルゴは海の中で狙撃したり宇宙で狙撃したりなどガチャピン並のバイタリティの持ち主ですから、タッチダウンの瞬間を狙撃するのはワケ無いと思いますが、未だになぜその瞬間を狙ったのかワカラナイ。
    加えて、これ以上無い証拠である薬きょうを狙撃ポイントに残していくのは、300万ドルもらってるプロとして「未熟者」という一言で片付けれない気が・・・(^_^;)
    まぁマンガなので、これ以上あんまり深く考えないでおきます(笑)。

  5. ナイナーズファン より:

    もともとはトムが先発のQBだったけど、ライオネル・ブルーが躍進して先発の座を奪われたという流れでした。もともと先発QBだったからゴルゴを雇う金を払えたということでしょう。ギャングと関係してるのもそうですが、女といたしている時「ブルーが死んだから興奮してるのね」と指摘されて怒って女を追い出してしまうなど、なかなかのイカれっぷりです。
    薬莢は出てきたけど、結局ゴルゴが使ったのがライフルなのか拳銃なのかは分からないんだよね。最後にゴルゴがカメラを構えているシーンが出るけど武器は写ってない。カメラを改造したのか?

    1. JETS狂 より:

      ナイナーズファンさん>
      補足のほど、ありがとうございます。結局、よくわからない話ですね。
      単行本ではカバーのタイトルにも使われてますが、文庫版ではカバータイトルでなくなったのは、やはり内容のせいでしょうか。
      アメリカのゴルゴファンの感想を聞きたいものです。

コメントを残す

CAPTCHA


Top