HOME > NEWS > NEWS(2009-2010) > ニューヨーク最悪の選手にゴルストン
2009年12月30日

ニューヨーク最悪の選手にゴルストン

ロボウルはおいといて
ヤフーニュースで「【MLB】井川、NY紙が選ぶ過去10年のワースト選手に」という記事を見ていると、そこには見なれた名前があがってるじゃあ~りませか。

[SPONSORED LINK]


▼ゴルストンとファーブはニューヨーク最悪のスポーツ選手
ヤフーニュースの元ネタとなったのはニューヨークポストの「Worst New York players of the decade」という記事。
それには2008シーズンでドラフト1巡で獲得した”ヴァーノン・ゴルストン”の名前が上がっております。そこで書かれていることは、「ジェッツのラインバッカー”ヴァーノン・ゴルストン”はJETSのフランチャイズ史に残る最悪のNo1ドラフト選択として記憶に残るでしょう。オーナーの”ウッディ・ジョンソン”は2000万ドルを灯油に浸してマッチを投じる方がマシでした。」と地元紙にスゴイ酷評されています。

そしてもう一人は昨シーズン、JETSに電撃移籍をしたけれどもプレーオフに行けず、しかも引退して退団したブレット・ファーブ。記事には、
「なぜ殿堂入りする彼の最悪のシーズンがジェッツなのでしょう。」「JETSに来たときから決して楽観できず、右腕のケガによりパフォーマンスが低下した昨シーズンはひどかった。」との事。

そしてご存知のとおり、2回も「フットボールはもうやらない」と言って引退したにも関わらず、今はバイキングスでピンピンとプレーしております。(-_-メ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA


Top