HOME > Topics > 日本のアスリートをガチャバックで支援しよう!
2012年5月27日

日本のアスリートをガチャバックで支援しよう!

スポマン!ジャパン!でも、取り上げられていましたが、アスリートの活動資金というのは一番シビアな問題です。
オリンピック日本代表だったとしても、お家芸の水泳や柔道は企業から強力なバックアップがつきますが、それ以外の競技に関しては日本代表なのに自分で資金を捻出せねばなりません。

この問題は海外でもあり、サッカーがメジャーな欧州においても、女子サッカー選手はヌードカレンダーを作って売りさばき、資金を調達せねばならないという事態。

一部のメジャー競技を除いたアスリートは才能があっても資金面で夢を断念せねばならない過酷な状況です。

[SPONSORED LINK]


そんな中で新しい資金の調達方法が話題となっています。それは、東京マラソンで優勝し、ロンドンオリンピックに出場が決まった無職ランナー・藤原新の資金調達方法。
それはニコニコ動画で援助をお願いして、ユーザーによる個人支援をつのるという方法。この方法が予想外に反響をよび、藤原新は1週間で1000万円もの活動資金を得ました。

ただ東京マラソンとオリンピックというマスコミでも大々的に取り上げれたから、ここまで反響があったわけで、マイナースポーツでもこの手法は厳しいでしょう。

しかし、NFL JAPANのコラムに興味深い記事が掲載されました。
[世界を目指すアスリートを支援!日本にも新しい風が【前編】 [近藤 祐司]]
今年4月20日に解説されたばかりのアスリート支援サイト「ガチャバック」。その最初の支援対象がNFLに一番近い日本人QBである井上友綱選手です。

このサイトのコンセプトは藤原新の支援とおなじで、選手一人に対して1,000万円スポンサーしてくれる会社を探すより、インターネットを使って、1口1,000円単位でスポンサードしたい1万人の有志を探すほうがいいのでないか」というもの。

詳しくはこのNFL JAPANの記事、及び、ガチャバックで確認してください。
[ガチャバック:井上友綱]

私もさっそく3000円支援してみました。
飲み代1回我慢するだけで、支援者となり彼の応援にも熱が入ります。ギャンブルと同じ理屈でお金をいれると非常に身近な存在に感じられます。(私だけ?)

支払いはPaypalなんですが、登録は非常に簡単。
Paypalのアカウントを作るのが嫌な人も、クレジットカードでその場かぎりのPaypal支払いができるゲスト支払いがあります。

NFLを愛するみなさんも、この実験的な企画に参加してみては、いかがでしょうか。
やらしいもので、入金したら彼の動向が気になってしょーがないです。( ̄▽ ̄)=3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA


Top