HOME > NEWS > NEWS(2018-2019) > 【Hall of Fame 2018】ベアーズvsレイブンズ
2018年8月3日

【Hall of Fame 2018】ベアーズvsレイブンズ

RG3 ロバート・グリフィン・3世 レイブンズ
いよいよです

暑い暑いと言ってるまにもはや8月。NFL開幕が近づいてまいりました。

今年のホール・オブ・フェイム(HOF)の対戦カードはベアーズvsレイブンズ。

公式戦ではないとは言え、QB”ジョー・フラッコ”というフランチャイズQBを抱えつつも、元ドラ1のRG3を獲得した上に、2018年ドラフト1巡最後にQB”ラマー・ジャクソンソン”を獲得したレイブンズのQB陣が気になるところです。

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

ハイライト:Youtube

2018年 8月 2日

 

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

ベアーズ

7

0

0

9

16

レイブンズ

10

0

7

0

17

総評

私の今年のゲーパスは「ジェッツのみの試合を見るプラン」なのでHOFの様子は、ハイライトやその他データからの感想になります。

 

レイブンズはQB”ジョー・フラッコ”、ベアーズはQB”ミッチェル・トルビスキー”の両者先発QBを出さない、昨シーズンのHOF同様の2軍試合となりました。

 

それでも見どころは多くあり、レイブンズに加入した元ドラ1のRG3が先発出場。

「常に準備している」と豪語していただけあって、スタッツはパス7/11yd 58yd獲得、1TD、1INT。ラン3回9yd獲得。

この1INTに関してはWRが確実に取れるパス取り損ねたためであり、RG3に責任はありません。

RG3のみのダイジェストを見ても、弱いOLにも関わらずパンプフェイクを入れて走るべきところは走り、投げるべきときは投げ、非常に落ち着いておりパスのコントロールがよく、パフォーマンスが向上しているように見えました。

 

対して、後半から登場した今年ドラ1のQB”ラマー・ジャクソン”のスタッツは、パス4/10回 33yd獲得、1TD、1INT。ラン8回25yd。

こちらもラマー・ジャクソンのハイライト集からの雑感ですが、足の速さとクイックスローが武器の身体能力が優れたQBですが、ミドル以上の精度に難ありという感じです。1INTもカバーされているWRに投げ込んだ彼のミスです。

足に自信があるせいか、早いスクランブルの判断であっさり潰されるシーンもあり、粗削りなプレーは”ジーノ・スミス”を彷彿とさせました。

 

今回興味があったのはこの二人だけですので、感想としてはこんなものですが、QBを積極的に採用するレイブンズの方針に、スーパーボウル制覇QB”ジョー・フラッコ”が危機を感じている事は確かです。

その証拠にフラッコは”ラマー・ジャクソン”がINTされた時は笑っていて、RG3がTDパスを決めたシーンでは以下の画像のように微妙な顔をしておりました。

ジョー・フラッコ

フラッコ、ちっちぇえw

参考記事:

ロバート・グリフィン三世 RG3
まさかの復活 ここにきて面白いニュースが報じられました。 昨シーズンはプレーしておらず、消えたと思ったRG3がここにきて復活です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. T.Takahashi より:

    烏は伝統的に黒子のようなQBの方が調子が良いですね。

    1. JETS狂 より:

      T.Takahashiさん>
      公式戦でなく試合全編を見たわけでないですが、意外に昨シーズンは干されたRG3があのOLでも落ち着いていて印象良かったです。
      これでロングを決めたらさらにGOOD。
      さて、フラッコはどうするか?AFC北、面白くなりそうです。

  2. YM5 より:

    2016年のプレシーズン最終戦でPHIとNYJが気の抜けた試合をしている裏のカレッジフットボール開幕戦で、一人で6TDパスに2TDランと大暴してNFL以上に当時の話題を独占していたラマー・ジャクソンが昔から気になっていましたが、NCAAでパス成功率が60%以下のQBはNFLで成功出来ないというデータを覆して欲しいですね。

    https://www.youtube.com/watch?v=BrU_7wcZB3Q
    プレシーズン見る時間を一度回してでも見るべき、僕のフォロワーさんがスタジアムで見ていた神試合ですが、ハイズマンという看板にビビらず逃げ道塞いで投げさせれば恐くないQBなのはこの試合を見て分かっていましたが、成長に期待ですね。

    あと、JETS狂さんがレジェットに期待しているのはこういうプレーな訳ですね。

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      持ってるものは凄いのですが、粗削り感は否めないですね。ここから足に直ぐに頼ろうとしないの成長に期待したいところです。
      この調子だと今シーズンは3rdQBとして教育のシーズンになりそうです。

  3. 初心者マークの蒼獅子 より:

    いつぞやいっていた
    ドラゴンフライ的な戦法はやっぱりないんでしょーかね
    あえてのジャクソンとRGⅢでやって欲しかったけどとかいらんことゆわせていただきます

    1. JETS狂 より:

      初心者マークの蒼獅子さん>
      さすがにダブルQBは無いでしょうね。RG3はバックアップ、ジャクソンはパフォーマンスが不安定化したフラッコの後釜としての獲得目的でしょう。
      しかしながら、ジャクソンの脚力は凄まじいので、奇策には使えそうです。
      (ホールディング時間つぶし殺法が使えなくなったハーボウの新たな奇策への期待もあり)

  4. スパイガラス より:

    ジャクソンはどんな人も「素材が楽しみ」という人材なので、粗削りは仕方が無いのでしょう。とはいえスタッツを見てもハイライトを見ても、本当に粗いですね・・・。NFLに来て、二軍でも予想以上に走力が通用しないことを痛感したのではないでしょうか。慌てずに修行してください。

    プレシーズンとはいえ、マッックスがTDレシーブを決めてくれたらしい事が嬉しいです。そろそろ攻撃の要になって欲しいものです。

    フラッコ、SBリングを取った時のセリフが「車くれるの?貰ったぜ!」だったので、まあ良くも悪くも素朴で正直なのでしょう。リーダーシップは無さそうですが、不協和音も起こさなそうという意味ではチームに合っているように思っています。

    1. JETS狂 より:

      スパイガラスさん>
      脚力の味を覚えるとどうしても足に頼りがちになり判断ができなくなる。カレッジで成功したけどNFLで失敗した人パターンの動きです。
      パット・ホワイトとか思い出しますね。
      しかしながら、脚力やスローの速さなど素材はあるので、あとは同じ流派のRG3先輩に学んでもらうしかないでしょう。
      純粋なポケット・パサーのフラッコの踏ん張りにもレイブンズファンは期待したいところです。

コメントを残す

CAPTCHA


Top