【速報】RB”レオン・ワシントン”トレード!OT”アラン・ファニカ”カット!

ラフト衝撃の結末
ドラフト最終日は気楽に動向をおっかけていましたが、最後に信じられぬ結末が待っていました。
なんとRB”レオン・ワシントン”+JETSの7巡がシーホークスの5巡とトレードです!!
安すぎるで、初めは誤報かと思ったのですが、マジでした。 (TωT)

[SPONSORED LINK]


▼疑惑の4巡目の謎が5巡目に解決
経緯をたどるとJETSは4巡目29位+6巡をパンサーズに差しだし今回初のトレードUP。
4巡19位を得て、RB”ジョー・マクナイト”を獲得します。彼はUSC出身でサンチェスの後輩。スピードと加速力で外側から抜く”レオン・ワシントン”に似たタイプでした。
トレードUPしてまでRBを採るのに疑問を感じましたが、この時はケガから復帰したワシントンの負荷を軽くするためのPICKだと思いました。

そしてJETSは突如シーホークスの持つ5巡目8位にトレードUP。「あれ?7巡目1つしか無いのになぜトレードUPできるんだ?」と思った瞬間、衝撃が走りました。なんとシーホークスに7巡目+RB”レオン・ワシンン”を差し出してのトレードUPだったのです。
昨シーズンはシーズンアウトしたとはいえ、これまでJETSの窮地を救ってきたワシントンが5巡目と交換とは安すぎる。これはケガの回復具合を不安視した事に加えて、高額をふっかけるエージェントの存在が大きなミゾを作ったのかと思われます。

これで4巡でRBをとった理由はハッキリしました。更に5順目でJETSが獲得したのはまたもRBの”ジョー・コナー”。彼はパワータイプでリードブロックが上手いのでFB”トニー・リチャードソン”の後釜と考えれます。

ワシントンは1対1なら簡単に相手を抜くカットとチェンジオブペースの使い手。抜いた後は誰も追いつくことのできない超加速が魅力の選手で、ボールを持つと何かを期待せずにいられない存在でした。
私が好きな選手であるビルマ、ペニントンに続きワシントンまでJETSを去る事になるという、ドラフトにこんな衝撃の結末が待っているとは想像できませんでした。 (TωT)
シーホークスで完全復活し、ビルマのように活躍してほしいモノです。

▼OT”アラン・ファニカ”をカット
これもドラフトと平行して流れたニュースです。ドラフト2日目でOTを獲得したときにGM”タネンバーム”はファニカのカットは無いと言っていたにも関わらず、噂どうりにファニカがカットされるようです。正式な発表は現地月曜日に行われるとのこと。

原因はローズと同じマンジーニ時代に結ばれた高額な契約かと思われます。ファニカは2008年に5年総額4000万ドル(保障2100万ドル)というOLとしては当時リーグ史上最高額の契約でスティーラーズから引き入れましたが、年の衰えのせいか昨シーズンはパスプロテクションに問題がありました。
まさに無駄と思える経費を強引に削るJETSの事業仕分けです。

今回のドラフトは1巡CB”カイル・ウィルソン”以外は補強では無く、選手入れ替えのためのものとなりました。

  1. YM5 より:

    カトラーではありませんが、大きな期待を背負って加入したファニカですが、カットですか。
    上手く行くけばいいのですが、こういう無茶な動きは失敗の方が多いのが気になります。
    チャンピオンシップ=安泰ではありませんから。
    WASもヘインズワースでゴタゴタしてるし、PITはロスリスバーガーが放出寸前だし、今年は近年稀に見る激動のオフですね。
    (来年FAなので影響は少ないと思いたいですが)マクナブも危ない!?

  2. JETS狂 より:

    ファニカは前から噂もあり、年齢と高額サラリーという理由がありますが、ワシントンのトレードは衝撃が走りました。ケガに加えて、がめつい強気なエージェントに対する「なめるな!」というJETSフロントの姿勢も見えます。
    トレード先のシーホークスはワシントン同様に下位PICKと交換でタイタンズからレンデル・ホワイトも手に入れてますし、トレード特需といったところでしょうか。
    ワシントンは若いのでJETSにまた戻ってきてくれることを望んでいます。

  3. びるずだいなすてぃ より:

    ドラフトおつかれさまでした。
    ワシントンのトレードはかなりバビリました。トレードはアリかなと思っていましたが,流石にあの条件では。。。
    ウチも毎回のように痛めつけられてきたので,正直Buf的には有り難いですが,ファン的には見を裂かれる思いでしょう。
    にしても,TJといい,NYJは功労者をバッサリとイキますねえ。
    その反面,Pickで大物を獲るなど,少し改革を急かれているような気もしないでもないんですが,ファンとしてはどのような評価をされているのか気になるところです。
    サンチェスとか,若くて活きの良い選手もいるし,じっくりチームを作っていけば,安定した強いチームになるような気もするんですけどねえ。昨シーズン,チャンピオンシップまで登り詰めたことが影響してるのかな。
    まあ,人のチームより自分のチームをどうにかしろって感じですが,ウチは2010シーズンは既に捨てていますのでw
    ところで,結局,原人を残しそうです。まあ,今後ホールドアウトという意味も残されていますが,とりあえずドラフトに乗じての買い叩きは逃れました。
    今後とも,ゴッサム戦で大暴れしてくれることを祈るばかりです。
    ところで,なんとまあ,人類の救世主が入団じゃないですかあ!
    ウチのターミネーターPozとの戦いが楽しみです。ただ,ウチのはプロトタイプのT-800っぽいですが。。。

  4. JETS狂 より:

    お疲れ様でした。いつもライバルとカレッジ情報でお世話になってます。
    3日目はMaddenしながらPCを横目でのんきに動向を追っていたら、このビッグバン級の衝撃に唖然となりました。全世界のJETSファンがドラフトの結末に阿鼻叫喚したでしょう。
    ケガとクソエージェントがいなければ、JETSで活躍し続ける事ができたと思うのですが、人生はひとつ歯車が狂うと未来は全く別のものとなってしまうのですね。
    さてBufのスピラー獲得はちゅるさんモックの予想どうりとして、本当にQBなど世の思うニーズを無視したPICKに驚きました。今のニーズを無視して将来を見据えて数打ちゃあたる的なPICKですかね。
    JETSといい何か「モックどうりになると負け」みたいな意地が見えます。
    しかしながらQBは脳震とう男のエドワーズが復活か、それともフィッツパトリックを先発にすえるのか非常に気になるところですね。ところで救世主ってどなたですか?

  5. びるずだいなすてぃ より:

    ちゅるさんモックでは,プレピックシートを提出した際,オクーン,T・ウィリアムズ,クラウセン,スピラーの順番にしましたが,オクーン,ウィリアムズは消えるの分かっていたし,クラウセンもmentaiさんがベリーがいない場合に指名するのは読めてたので,自分ではスピラー本命みたいなもんでした。
    そもそも,今のBufはドアホー&恕論時代に作り上げたチームを根底から作り直す必要があったし,そういう意味ではポジションニーズなんてレベルの話ではなことに気づいたんですよ。
    まあ,あえてニーズと言えば「チームの顔になり,これまでの悪いチームの流れを変えれるインパクトプレイヤー」だったのと,これはハーム・エドワーズもドラフト後に言っていましたが,「通常,一人の力ではチームを変えれないが,スピラーはそれが出来る可能性がある」ということで考えた場合,ブラッドフォードかスピラーが自分ではしっくり来ると思ったんです。
    まあ,ブログではクラウセン獲得ロビー活動をしていましたが,途中からは完全にスピラーに心酔していました。
    だから,スピラー指名が読み上げられたときは,大声で叫んでしまいましたw
    今でもYoutubeでスピラーの動画を見る度ワクワクしています。
    QBについては今シーズンは引き続きエドワーズで行くことになりますが,元々エドワーズにもう一度チャンスをと思っていたんで,全然OKです。
    まあ,早くもニックスが「来年のドラフトには良いQBがいる。」なんてドラフト後に発言しているし,ワシントン大のJ・ロッカーをいたく気に入っている様子なので,おそら来年はどんな手を使っても指名すると思いますw
    それが無理でも,ニックスが造詣の深いSECリーグにR・マレットという強肩QBもいますので,どちらかは必ず獲りに行くでしょう。それまで我慢します。そのためには,今シーズンは全敗でも全然かまいません。w
    救世主=ジョン・コナーです。5巡で指名されたでしょ。

  6. JETS狂 より:

    Bufの修正は時間をかけて行うというのが新体制の判断なんですね。
    とはいえ昨年JETSは負けているので、腰をすえて再建に取り組むとマジでダイナスティが復活しそうで怖いです。そういえばG+で5月後半にBuf最強時代の特集番組が4回も組まれているので必見ですね。
    エイプリルフールにターミネーターの画像を使っておいてジョン・コナーに全く反応できませんでした、これは失敬(^_^;)。彼が試合で活躍してJETSの救世主となればメディアが面白おかしく書き立てそうです。その前にスカイネットに殺されぬように気をつけねば。

コメントを残す

CAPTCHA