HOME > NEWS > NEWS(2018-2019) > 【2018-2019:プレビュー】女房を質に入れてでも欲しい3連勝!のWeek07
2018年10月19日

【2018-2019:プレビュー】女房を質に入れてでも欲しい3連勝!のWeek07

NFL sexy バイキングス vikings fan
海賊狩りごろ、狩られごろ

ダーノルドの調子が戻り、ブロンコスとコルツを撃破し波に乗るジェッツ。次の相手は昨シーズンはチャンピンシップに進出し、オフにはQB”カーク・カズンズ”の争奪戦を繰り広げて、見事に取られたバイキングスです。

今年は同地区対決が後半に集中しているので、それまでに1つでも貯金が欲しいです。

[SPONSORED LINK]

事前情報

JETS 

Did not practice: DB Buster Skrine (concussion), RB Isaiah Crowell (foot), DB Trumaine Johnson (quad), WR Terrelle Pryor (groin), DB Marcus Maye (thumb), WR Quincy Enunwa (ankle)

Limited participant: LB Kevin Pierre-Louis (foot)

VIKINGS 

Did not practice: NT Linval Joseph (ankle/knee/shoulder), S Andrew Sendejo (groin), T Riley Reiff (foot), DE Everson Griffen (not injury related), DE Danielle Hunter (groin), RB Dalvin Cook (hamstring)

→ジェッツの練習回避がCB”バスター・スクライン”、RB”アイゼア・クロウェル”、DB”トラメイン・ジョンソン”、WR”テレル・プライア―”、WR”クインシー・エヌンワ”、S”マーカス・メイ”と、攻守の要に集中。かなり傷んでおります。

とくにS”マーカス・メイ”は親指を骨折しているらしく、CBの主力2人がまた欠場すると、後方の守備はスカスカになります。

クロウェル及び、エヌンワやプライア―といったO#のスキルポジションが傷んでいるのも悲惨。TEの活躍に期待です。

 

一方、バイキングスはRB”ダルビン・クック”の負傷が長期化している模様。しかし、RB”ラタビアス・マレー”が先週は155yd走っているのでランO#に影響はなさそうです。

現在7サック記録しているDE”ダニエル・ハンター”に関しては、「試合に出るな」といいたいところですね。

追記:2018/10/20

JETS 

Out: CB Buster Skrine (concussion), WR Quincy Enunwa (sprained ankle), S Marcus Maye (broken thumb) 

Doubtful: CB Trumaine Johnson (strained quad), WR Terrelle Pryor (groin), ILB Kevin Pierre-Louis (foot) 

Questionable: RB Isaiah Crowell (foot)  

→”バスター・スクライン”に加え、”クインシー・エヌンワ”と”マーカス・メイ”が欠場!そしてWR”テレル・プライアー”がダウトフルというのも痛い!

VIKINGS 

Out: S Andrew Sendejo (groin), OT Riley Reiff (foot), DE Everson Griffen (not injury related), RB Dalvin Cook (hamstring)

Questionable: NT Linval Joseph (ankle/knee/shoulder) 

→バイキングスは、RB”ダルビン・クック”が3試合連続欠場。状況がジャガーズと似てますな。

どうなるバイキングス戦

ホーム3連戦を3連勝で飾りたいところですが、バイキングスはO#10位、D#16位と攻守ともにバランスの取れて強く、さらにジェッツのケガ人の多さから苦戦は必至でしょう。

 

ひさびさにマッデンでプレビュー(実況というより副音声)をしましたが、ケガ人は考慮していませんので果たしてプレビューのようにINT連発で勝てるのか定かではありません。

 

まずジェッツの弱りきったDB陣とサックできないフロント7で、QB”カーク・カズンズ”率いるバイキングスのパスO#を止める事は難しいでしょう。

特に病み上がりのCB二人が出場したところでWR”アダム・シーレン”やWR”ステフォン・ディグズ”相手に止めれる気がしません。

 

あと、D#の不安要素がジェッツのDC”ケーシー・ロジャース”が復帰することです。実は病気で2週間不在でした。(先週の試合はサプライズでロッカールームに来ただけ)

彼がいると連敗し、彼のいない間に連勝してますので、このタイミングでの復帰は縁起が悪く 彼自身も友人らからイジられています。

 

ジェッツのO#に関しては、クロウェルが負傷を抱えているため先週は走れず、必殺「火事場のセカンドエフォート」も発動しませんでした。

 

ダーノルドのパフォーマスに期待したいですが、WR”クインシー・エヌンワ”がスランプに陥っているのに加えて負傷しており、ピンチです。

カースとアンダーソンの軽量級変態レシーブコンビに期待することになるでしょう。

 

OLに負傷者が少ないのが救いです。OLさえ機能してダーノルドに時間を作ればミラクルなパスを投げてくれるハズです。

そのOLと相対するのが元ジェッツのドラ1、かつ、新人王を獲得したDT”シェルドン・リチャードソン”

昨シーズンは、カースと引き換えにシーホークスへトレードされましたが、シーホークスは1年で放り出しました。

今シーズンも未だ1サックと不振が続いているようですが、腐っても元ドラ1。古巣相手にどのような思いを秘めているのか気になるところです。

 

とにかく、D#が期待できないこの試合、ダーノルドの腕に全てがかかっています。

今週の勝利への金言

前半で大量失点したら、DCには帰ってもらおう。
(´・ω・`)

以上

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. ふて猫 より:

    大変不躾な質問で申し訳有りませんが、ホーム3連勝っていつ以来なのでしょうか?相手のバイキングスがO#もD♯も優れているだけに、先制点が欲しいとこですね

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      ホーム3連戦のタイミングでそこで全勝するというのはなかなかないですね。ライアン・フィッツパトリック時代に5連勝と言うのがありましたが、あれはロードとホームが混在していたと思います。
      O#頼みの試合になりましが、D#はどれだけターンオーバーを奪えるかに期待です。
      頼むぞダーノルド!

コメントを残す

CAPTCHA


Top