HOME > NEWS > NEWS(2018-2019) > 【2018-2019:今週のAFC東】Week08(毎度おなじみのAFC東編)
2018年10月31日

【2018-2019:今週のAFC東】Week08(毎度おなじみのAFC東編)

テキサンズ ドルフィンズ
シーズンも前半終了です

未だにタネヒルの状態がよく分からないドルフィンズは、またもオズワイラーが先発。そして、オズワイラーは古巣であり、連勝ノリノリのテキサンズとサーズデイナイトで対戦することになりました。

オズワイラーがテキサンズ相手にどこまでやれるか楽しみです。

そしてビルズはペイトリオッツとの直接対決に勝利して、ペイトリオッツの連勝を止める事ができるのかも注目です。

今週のAFC東はどない?

[SPONSORED LINK]

ドルフィンズ 23-42 テキサンズ

サーズデイナイトでドルフィンズがテキサンズと対戦しましたが、テキサンズQB”デショーン・ワトソン”が強すぎる!

ドルフィンズはQB”ブロック・オズワイラー”で先制のTDを奪うも、テキサンズは直ぐにTDで取り返す毎クォーターにTDを決める安定したパフォーマンスを見せます。

ドルフィンズも奇策WR”ダニー・アメンドーラ”のTDパスで点差を詰めるも、テキサンズはWR”ディアンドレ・ホプキンス”へのロングパスTDでまた引き離し、さらに点を重ねてドルフィンズを難なく撃破しました。

 

オズワイラーのスタッツは、パス21/37回241yd獲得、0TD、1INT。

ファンブルを利用して飛び石のようなミラクルパスも出ましたが敗北し、オズワイラー先発の試合は1勝2敗となっております。

いったいタネヒルはいつ復帰するのか気になるところです。

 

テキサンズは勝利するものの、この試合のトップWR”ウィル・フラー”がACL断裂でシーズンエンドするトラブルが発生。

最新のニュースでは、なんとテキサンズはブロンコスの代表的なWR”デマリアス・トーマス”を2019年ドラフト4巡と引き換えにトレードで獲得したとのこと。

Texans trading for Broncos WR Demaryius Thomas

今シーズン調子がいいだけに動きが速いです。ジェッツも見習え。

ペイトリオッツ 25-6 ビルズ

マンデーナイトの大一番。一見、ペイトリオッツが3ポゼッション差の横綱相撲に見えるスコアですが、内容はそうでもありません。実は第4Qまで12-6という接戦だったのです。

 

ペイトリオッツはRB”ソニー・ミシェル”が欠場のためランO#で苦戦。D#が固いビルズに散々TDを阻止されて、両者とも第3Q終了までTD無しで展開します。

しかし、第4QにビルズQB”デレク・アンダーソン”の見事なTDパスがレビューでパス失敗に覆り、その直後にPICK6を喰らって突き放されるという大不幸が発生。

このPICK6が決め手となり、ペイトリオッツが怒涛の5連勝です。

 

ビルズは守備力はリーグ6位とあるものの、攻撃力がリーグ31位のブービーで死亡。

とくに過去5試合で最高得点は13点となっています。

アレンがそろそろ復帰するハズですが、この試合の最後にピーターマンが登場しました。

次戦はもしかしてピーターマンが先発?

今週のAFC東(Week08)

1位:ペイトリオッツ(6勝)
2位:ドルフィンズ(4勝)
3位:ジェッツ(3勝)
4位:ビルズ(2勝)

→またもペイトリオッツ以外は負けて、シーズン半分で大きな差がつきました。

AFC10連覇おめ。さぁワイルドカード争い、がんばるぞ!

今週のBest of Tweet

オズワイラーのミラクルパス、実は2試合前の勝利したベアーズ戦でも決まっていたという事が発覚。

この奇跡に見えるプレー、実は練習してるんですかね・・・

Week09

ジェッツ vs ドルフィンズ

ビルズとペイトリオッツとはまだ試合していないのに、ドルフィンズと2試合目を行うというおかしなスケジュールです。

前回負けているので、次は勝利しておかないとプレーオフを目指すためには、かなり不利になります。

オズワイラーには負けたくない!

ベアーズ vs ビルズ

ジェッツと同様に攻撃力死亡中のビルズは、ベアーズと対戦。

両者ともパスがイマイチなので激しい地上戦が展開されるでしょう。

頑張れベアーズ。

パッカーズ vs ペイトリオッツ

STOP!ペイトリオッツに期待したい試合ですが、パッカーズは現在3勝3敗1分けと苦戦中。

ロジャース様、なんとか頼みます!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. みきのり より:

    地区は違いますが、僕はまたしてものフィッツパトリックのスターター復帰に震えております。
    ウィンストンのキャリアは個人的にここまでかなと思います。
    ティー坊やRG3やブリッジウォーターやキャパニックのように、10年戦える司令塔かと思いきや、ここから崖を転がり落ちていくのでしょう。
    まあ、ウィンストンの素行の悪さには辟易してましたのでマンジールのときのような爽快さがありますが。
    それにしてもフィッツパトリック…春日以上ですね

    1. JETS狂 より:

      みきのりさん>
      フィッツパトリックおじさんの正体をみな知ってるはずなのに、出せば好パフォーマンスを見せるおじさんに頼らなくてはならないのが辛い所。
      おじさんの場合は、呪いで無く完全犯罪ですからね。賢い頭で何か細工してるのでしょう。

  2. 名無しマン より:

    オズワイラーのファンブルがパス失敗になったシーンってあれラテラルパス扱いにはならないんですか?

    1. JETS狂 より:

      名無しマンさん>
      ドルフィンズ戦は録画した奴を消したのですが、スローのさいに手を内側にまげて抱え込もうとしたやつですかね。
      どう見ても私はパスを投げようとせずボールを確保しようとしてファンブルしたのでファンブルだと思うのですが、審判的に肘を中心に前ならばパス、後ろならばパスしていないと判断したのでしょう。
      その見方をすると、手を内側に曲げていても肘から手が前の時にボールをこぼしたので、パス失敗になったのでしょう。
      タックルールが全ての元凶ですな。

  3. ふて猫 より:

    イルカさんは、今月はアニマルチームとの対戦ばかりでしたね。ところでテキサンズのチームロゴは牛のようですが、アニマルチームになるのでしょうか?JETSも次週は@イルカさんですが、そろそろ勝ちたいものですね(@_@)

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      牛は肉食猛獣でないので、イルカvs猛獣シリーズには入りませんね。動物なら他にもいっぱいいますが、猛獣ばかり当たるのは珍しいです。
      しかし、さすがのイルカもジェット機には勝てないので、来週は勝ちます。
      (1回負けてますが)

  4. 似非勇者 より:

    パッツはなんというか、FGの距離に「もう一息のところでTDに届かんけどまあ無理せんでもいいか」みたいなのが垣間見えてなんとも。パターソンはファンブルが怖くて見てられないのでミシェル早く戻ってきて。
    チーフスが負けないので来週もパッカーズ相手でも勝たねばならぬ。というかここからずっと同地区および骨っぽい相手が最後まで続くんですよね。そして二年連続で最終週ジェッツですね。テキサンズ戦終わっててよかった。

    次週はオズワイラーにフィッツパトリック、さらにピーターマンが先発っぽいですね。潤いますね~(笑)

    1. JETS狂 より:

      似非勇者さん>
      パッツはチーフスに直接対決で勝利しているので、並べばパッツが上ですが、負ける気配がないですね。
      なにわともあれ、一番の楽しみはフィッツパトリックおじさんですね。蟹泥棒から今度こそ先発を盗んじゃうのか気になるところです。

コメントを残す

CAPTCHA


Top