HOME > Topics > 【NFL:2018-2019】シーズン第2Q終了(前半戦終了)の結果まとめ
2018年11月1日

【NFL:2018-2019】シーズン第2Q終了(前半戦終了)の結果まとめ

NFL ファン
早くもシーズン前半終了

Week08が終了し、BYE WEEKの差があるも半分が終了しました。

ここで現在の各地区の状況を見ておきましょう。

[SPONSORED LINK]

AFC東(AFC WEST)

ペイトリオッツが序盤の2連敗の事など過去の話になり、5連勝でやっぱり単独首位になりました。

ドルフィンズとビルズはQB受難、ジェッツは主力にケガ人続出で非常に苦しい状況です。

 

まぁジェッツはまだペイトリオッツと試合をしていないので、2勝してスイープすれば望みはあります。

地区10連覇なんかさせるか、ボケッ!
ヽ(`Д´)ノ

AFC北(AFC NORTH)

スティーラーズが4勝なれど1分けで1試合少ないために僅差で地区首位に浮上。

ベンガルズも5勝と好調を保っております。

レイブンズは連敗中ですが4勝で、この地区はいつもの3すくみ状態だ!!

 

・・・何?1チーム抜けてるですと?

・・・昨シーズン全敗なのにジェッツに勝つ野郎はもう知らね。
∑(゜ Д゜)

AFC南(AFC SOUTH)

テキサンズが開幕3連敗からの5連勝で地区首位をゲット!

ぶっちゃけ強い!なぜ3連敗した!?

 

その下でジャガーズ、タイタンズ、コルツが3勝で横並びです。

ジャガーズの4連敗は、シーズン毎に上下するボートルスの調子の波が遅れてやっと訪れた感じですね。おそらくこの後はずっと引き潮だと思います。

AFC西(AFC WEST)

チーフスの負けはペイトリオッツ戦のみで、今シーズンは昨シーズンのような低迷は無く、好調をキープして単独首位。

しかし!チーフスの影に隠れて目立ちませんが、意外に調子がいいチャージャーズが5勝で背後に迫ります。

 

驚くべきは”ジョン・グルーデン”が10年契約で就任したレイダースが未だ1勝のぶっちぎり最下位。もはやWR”アマリ・クーパー”をカウボーイズにトレードして、再建モードです。

先は長いとはいえ、近い将来おいてけぼりにされるオークランドのファンの心境はいかに。

NFC東(NFC EAST)

アスミスを引き入れたのが当たったのか、レッドスキンズが地区首位に。

イーグルスは不振なれど1勝差で後を追います。

 

その後に続くカウボーイズも不振ですが、まだまだ望みはある状況。”アマリ・クーパー”の入団がこの状況を打破してくれるのか?

そして名門ジャイアンツが今シーズンも低迷中で未だ1勝。ベッカムがギャーギャー言って、フィールド外でも荒れております。

NFC北(NFC NORTH)

近年は3強からカヤの外だったベアーズがバイキングスと同率で地区首位に!

カトラーからトルビスキーへのQB乗り換えや、OLB”カリル・マック”の大型トレードが実を結んでおります。

 

昨シーズンは久々にプレーオフを逃したパッカーズが今シーズンも苦しむも、この地区は全チームがほぼ横並びの予想不可能の状態。

シーズン後半の直接対決を制する者がこの地区を制します。

NFC 南(NFC SOUTH)

セインツが昨シーズンと同様に好調をキープして首位。そして1勝差でパンサーズが後を追います。

しかしながら、ファルコンズが今シーズンは苦戦。やはりQB”マット・ライアン”の大型契約が「大型契約したQBのチーム、低迷する説」を物語っております。

 

バッカニアーズはQB”ジェイミー・ウィンストン”がUber女性ドライバーわいせつ事件で開幕4試合を出場停止。その間に頑張った「先発殺し」のQB”ライアン・フィッツパトリック”がウィンストンから先発の座を奪うべく、Week09でまたも先発QBに抜擢されました。

目を覚ませ、バッカニアーズ!フィッツパトリックおじさんに惑わされるな!

NFC西(NFC WEST)

ロスに拠点を移し、QB”ジャレット・ゴフ”とHC”ショーン・マクベイ”のコンビで生まれ変わったラムズが唯一の無敗。

「沈黙の羊」とか言われていたのはもはや過去の話です。

 

余談ですが「ゴフ、マクベイ」→「グフ、マクベ」と勝手に脳内ガンダム変換されたので、このワードでググってみたら「マ・クベ専用グフ」なる見た事無いモビルスーツが出てきました。

MG 1/100 ME-07B マ・クベ専用グフ プラモデル (バンダイホビーオンラインショップ限定)

これは本編に登場しない妄想モビルスーツシリーズですかね。なにわともあれ、ゴフはマクベイ専用QBとして、快進撃を続けています。

 

話がそれましたが、最強のDB軍団「リージョン・オブ・ブーム」が壊滅したシーホークスが4勝と苦しんでおります。

さらにカーディナルスが2勝、QB”ジミー・ガロポロ”が早々にシーズンエンドした49ersが1勝と昨シーズンに続いて低迷から抜けれません。

とにかく、首位とそれ以外との格差がありすぎて、ラムズの地区優勝はNFL史に残る最速で決まる可能性があります。

総評

既に明暗が分かれた地区もありますが、どのチームにもワイルドカードからのプレーオフ出場の可能性はあります。

しっかし、ラムズとチャージャーズはロスに移転して強くなりましたね。ロサンゼルスの土地柄に何か秘密があるのでしょうか。

それに引き換え東の大都市、ニューヨークの2チームの調子の悪い事。

ラムズとチャージャーズの共同スタジアムが完成したら、完全にジェッツ&ジャイアンツと比較対象になり、ニューヨークっ子が肩身の狭い思いをするでしょう。

 

なにわともあれ、どの地区の首位もまだまだ油断が出来ない状況です。

ジェッツの反撃もこれからですよ。

私はダーノルドを信じています!
( ゚∀゚)o彡゜

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. LAの青い羊 より:

    ここから強敵続きなので、難しいところです。

    「そうは問屋が卸さないのがNFL」です。

    1. JETS狂 より:

      LAの青い羊さん>
      あの強さならもはやプレーオフ出場も同然。いや、カート・ワーナー以来のスーパーボウル制覇も同然でしょう!
      一足先におめでとうございます!いやー、圧倒的な強さでつまらないスーパーボウルになることだけが残念です!!
      (面白い展開にするために、呪い的に煽っております。)

  2. 似非勇者 より:

    順位表の得点失点を眺めてると、+109のラムズや+85のチーフスは流石として、唯一得失点マイナスで勝ち越してるベンガルズなんかは試合巧者といえますかね。
    +60のレイブンズと-45のドルフィンズが同じ4勝4敗だったり。
    さて、AFCのワイルドカードラインはどのくらいでしょうか?現在勝ち越し状態のチームが6つですので、このままだと最低でも8勝8敗、現実的には9勝が必要そうですね。チーフス戦が残ってるチャージャーズ、セインツ戦とスティーラーズ戦があるベンガルズが頑張れるか。優勝のハードルは今年も南が一番低そうですね。
    パッツ的にはラムズに頑張ってチーフスを倒していただきたいです(笑)

    1. JETS狂 より:

      似非勇者さん>
      勝ち越しがたった6チームとは、まだワイルドカードに期待もてそうですね。
      そして、ジェッツ的には来週はパッカーズにパッツ撃破をお願いしたい。
      もうパッツばっかりにみんな飽きてます。

  3. ふて猫 より:

    今シーズンも残り半分になっていますが、果たしてJETSはプレーオフ出場出来るのでしょうか?同地区対決が3週に渡って続きますが、ここで3連勝しないと今シーズンも駄目でしょうね。個人的には、ベアーズに頑張って欲しいものですね(^.^;

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      フィッツパトリックおじさんの時はシーズン後半に5連勝してプレーオフ一歩手前までいきましたから、可能性は0でも無いです。
      しかし、O#死亡の現状、打開策はニュースターが表れてくれるしかありません。
      なんとかなりませんか。

コメントを残す

CAPTCHA


Top