HOME > NEWS > NEWS(2018-2019) > 【2018-2019:Week16】vs グリーンベイ・パッカーズ
2018年12月25日

【2018-2019:Week16】vs グリーンベイ・パッカーズ

パッカーズ、ジェッツ
メイクドラマ

いよいよ残すは2試合。しかし、既にシーズンエンドしているジェッツの対戦相手は、同じくシーズンエンドしたパッカーズ。

この試合の勝利に何の意味も無いので、負けてドラフトを有利にした方が得なのですが、負けるのも楽じゃありません。

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

ハイライト:Youtube

GAME CENTER(NFL.com)

 

1Q

2Q

3Q

4Q

OT

TOTAL

パッカーズ

0

17

3

18

6

44

ジェッツ

7

14

14

3

0

38

オフェンス

QB”サム・ダーノルド”は1stドライブからポンポンパスを通して絶好調。

スタッツはパス24/35回341yd獲得、3TD、0INT。

今回もINT0回で切り抜け、レーティングは128.4と、前試合のテキサンズ戦に続いて100以上を記録しました。

 

レシ-ブではWR”ロビー・アンダーソン”が爆発し、9レシーブ140yd獲得1TDの活躍。

そしてドラ4TE”クリストファー・ハーンドン”がワンハンドキャッチを見せる活躍で、レシーブ6回82yd獲得、1TDと調子を上げています。

前試合は活躍しなかったWR”ジャーメイン・カース”にも投げ分け、ダーノルドは復帰後から試合をするたびにパフォーマンスが上がっています。

 

ランではRB”イライジャ・マクガイア”が35ydと物足りないものの、要所で決めて1TD。

ルートの見極めとカットが上手くなり、レッドゾーンで強さを見せます。

 

では、なぜ負けたかと言うと、今回も勝ってはいけないジェッツの演出が入りました。第4Qに入った時点で15点リード。ここでHC”トッド・ボウルズ”のマジックがでます。

 

第1Qから第3Qまで1TD以上決めていたオフェンスは、第4Qは0TD。

サックを喰らって3凡したり、1stDownを取った直後にホールディングとチョップブロックの反則が同時に発生するなど、ジェッツは4Qから露骨すぎるタンクモードに入りました。

 

最後はSTのプロボウラー二人が空気を読めずに、ビッグリターンからのFGで同点となりOTに入りましたが、見事な逆転負けを演出です。

 

またも試合を最後まで見せる展開にしておいて逆転負けする「ボウルズ劇場」が完成し、ドラフト上位に向かって着実に歩んでおります。

ディフェンス

パッカーズ不振の原因はD#のみならず、OLにもありました。

ジェッツD#はパスラッシュでポケットをあっという間に縮小させ、QB”アーロン・ロジャース”を追い込み、4サックを記録。

それでもロジャースは、チャンスにゾーンのすき間にロングパスを投げ込んで第4Qに追いつき、最後は逆転勝利を呼び込みました。

 

ロジャースのスタッツはパス37/55回442yd獲得2TD、ラン32yd獲得2TD。

パスのみならず、スクランブルやダイブでもTDを決めるNFLトップクラスの意地と根性はさすがです。

 

RBは”ジャマール・ウィリアムズ”一人しか走っておらず、ラン95yd1TDを記録し、オフェンスを支えました。

 

しかし、第4QとOTに入るとジェッツはD#でもタンクモードを発動。

第1Qから第3Qまで目立った反則は無かったのに第4Q以降は、パスインターフェアランスやアンネセサリー・ラフネスを犯し、反則を連発してジェッツ敗北のシナリオを演出しました。最終的に反則は計16回です。

加えて、審判が急に厳しくなった印象があり、メットライフの審判団も1枚噛んでる疑惑が浮上しました。

スペシャルチーム

もはやジェッツと言えば、プロボウルを2名出したSTとなってしまいましたが、K”ジェイソン・マイヤーズ”が最初の45ydFGを外す異変が発生。

しかしながら、このFGを決めていたらジェッツが勝利していたので、前試合で2本エクストラポイントを外した事と同様に、これもジェッツ敗北の演出と見ましょう。

 

この空気を読めないのがリターナー”アンドレ・ロバーツ”。

何年ぶりか分からないキック・オフ・リターンTDを決め、さらにラスト2ミニッツを切ったところでビッグリターンを見せ、オーバータイムにもつれこむ原因を作りました。

プロボウルに選ばれ、さらにノリノリ。気持ちは分かりますが、これ以上の活躍は来シーズンに取っておくべきでしょう。

 

さらにSTはパッカーズのリターン時にファンブルさせターンオーバーを誘発。

優秀すぎるジェッツのST。来シーズンもこの調子で頼むぞ!
(新しいHCの下で)

総評

今回も第4Qまでビッグプレーの数々でジェッツファンを喜ばせて「ああ・・・このままだと勝ってしまう!」と思った矢先に大逆転負けを演出。

今回はちょっと露骨すぎた感がありますが、結果よければすべてよし!

 

パッカーズに関しては、ロジャースにオンブにダッコしてもらわないと勝てないチームになってしまった事が近年の不振の原因なのでしょう。なのでロジャースが負傷したり調子が悪ければ、並以下のチームになります。

今回の試合までロード9連敗していたので、ランボーフィールドの恩恵にも助けられていたのは明白。

シーズン中にHCマッカーシーを退任させたのは、ある意味正解だったように思えます。

 

ジェッツは順調に負けてドラフト上位をキープしていますが、最終戦の相手は怨敵ペイトリオッツ。

既にペイトリオッツは地区優勝が決まり、残念ながらAFC東10連覇を阻止できませんでしたが、今シーズンは下手したらワイルドカード行きになる可能性があるギリギリの状況です。

もう負けなくていいです。パフォーマンス全開でボコボコにして、思いっきり足を引っ張ってやりましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. 元NJたろ より:

    昔、阪神ファンが思っていた、
    「負けてもいいけど、読売だけは
    負けるな」
    と似た気持ちになっています。
    最後に選手たちが盛り上がるために
    「ボウルズが辞めるから、最後に
    一花咲かせてやろう」
    って話になりませんかね^_^?

    1. JETS狂 より:

      元NJたろさん>
      最後はパッツに勝利したという良い思い出を作って、ボウルズを送り出しましょう。
      むしろ、ボウルズがいつぞやみたいに急に来れなくなって、勝利すると「ボウルズいない方が勝つやん」となり、クビが加速していいんですけどね。
      なにわともあれボウルズのラストマッチとなりそうです。
      (来シーズンもいたりして)

  2. ふて猫 より:

    折角のホーム最終戦はOTまで縺れて逆転負けですか?何だか疲労感の残る敗戦ではありますね(´・ω・`)

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      リアルタイムで見てましたが、ここまで私の思い通りに試合が運ぶのは正直、怖かったです。
      OTは余計でしたが、ダーノルドが善戦したうえでの敗北なので、最高の出来でしょう。

      1. ふて猫 より:

        JETS狂さんへ 確かにNYのチームはNFLのJETSといいジャイアンツといいNBAのニックスといい(ブルックリン)ネッツといいMLBのメッツといいこの数年間不振が続いていますね。NYY(ニューヨーク・ヤンキース)除いて低迷が続いていますが、それぞれのファンの皆様は、どういう心境なのでしょうか?

  3. アノニマス より:

    ジャイアンツといい何故ニューヨークのチームはこんなに盛り上げて負けるのが上手いんですかね?

    1. JETS狂 より:

      アノニマスさん>
      ジャイアンツもコルツに逆転負けを喰らいましたね。ジェッツは昔からありえるとして、近年のジャイアンツは本当にどうしちゃったんでしょ。
      イーライにこだわっている以上、低迷期を脱出できない気がします。

  4. PB29 より:

    ここ数試合、ドラフトに向けてシナリオ通りの最高の試合ですね。
    ボウルズは、就任以来初めて仕事をしてくれています。勝ちに行っているように見せかけて、計算通りに負ける。表情なしのムッツリだからこそ、そのような作戦も相手にバレずに実行できる。初めてムッツリが役に立っています。
    同地区対決で0勝はちょっと厳しいので、ビルズ戦勝利はまぁ良しとしましょう。
    ただ、JETSのことですから、指名権が上位になり過ぎるとバストを指名する可能性大なので、ジャガーズ・ジャイアンツ・ドルフィンズ・レッドスキンズ・ブロンコス・パッカーズなどQBを欲しているであろうチームよりも少しでも上位になり、あとは条件の良くトレードダウンをしてくれることを期待しています。
    2巡指名が増えるだけで、3巡までにEDGE(DE)・WR・OTのそこそこ良い選手を指名できそうなのですがね〜

    1. JETS狂 より:

      PB29さん>
      ここにきて勝ちそうで勝てないボウルズの才能(?)が爆発してますね。やっと仕事してます。
      私も狙いはドラ1上位を一択よりQBが欲しそうなチームへダウンしてOL、CB、OLBなどニーズをかき集める事が重要だと思います。
      ダーノルドのポテンシャルは計り知れないので、まだまだ成長すると思います。
      そして必要なのは彼にフィットするHC。ラムズのゴフとマクベイのような関係が築けるHCが来ることに期待してます。
      いやー、来シーズンこそ楽しみ!

  5. 通りすがりのMAJIK MIRROR より:

    再来週の「オードリーのNFL倶楽部」に相武紗季さんが来ます。
    「相武さんが来る前の週はペイトリオッツは負ける」ジンクスが番組で言われてます。
    ですから…
    「今度の日曜はジェッツが勝つ
    相武さんが保証する」
    と言うことで…

    1. JETS狂 より:

      通りすがりのMAJIK MIRRORさん>
      再来週は相武回でしたか。もうプレーオフは毎週来てほしいですね。
      頼むぜ相武紗季!

コメントを残す

CAPTCHA


Top