【JETS】ドラフトヒストリー、2000年以後のドラ1を見てみよう。

温故知新

この前間書いた記事とそのコメントにて、「近年のJETSのドラフトは酷い」事が話題になりました。

そんな中、タイムリーに面白い記事がありましたので紹介します。

ずばり、「JETSドラフトの歴史」です。

[SPONSORED LINK]

JETS、2000年以後のドラフトで1巡目のまとめ

参考:NFL Draft history: Who’s the Jets best 1st-round pick since 2000?

最悪の巡からNo1までさっそく、2000年以降のドラ1を見てみましょう。

カウント~~~ダウン!

THE BUST(期待ハズレ編)

まずは期待ハズレのBUST編です。カレッジで大活躍したにも関わらず、NFLではボールボーイよりも役立たずな人たちです。

大金だけかすめ取る詐欺師と言っても過言ではありません。

22位:OLB”バーノン・ゴルストン”(Vernon Gholston, OLB) 

・2008年、全体6位

JETS狂の宴でおなじみのBUSTと言えば、この人。口に出すのも恐れ多い(というか口に出す労力すらもったいない)ので、普段は一部を ふせ字にしていますが、今回はハッキリと言っちゃいましょう。

バ~~~ノン・ゴルスト~~~ン!!

 

カレッジ時代のハイライト映像ではQBとOLをまとめて串刺しにして倒す迫力を見せ、コンバインでは全てトップクラスの成績。そんなゴルストンを獲得し、JETSファンはサックの大量生産に期待したのですが、フタを開けてみたらOLに簡単に弾かれるわ 、ミスタックルしまくるわで もう目が当てられない。

コンバートしながらもJETSで粘りましたが、結局使い物にならず。他のチームに移籍しても使えないのは同じで、NFLから自然消滅しました。

 

コンバインの成績はフィールドと直結しない「コンバイン詐欺」という言葉もここから生まれ、私はコンバインに全く興味が無くなりました。

2008年シーズン、彼が本物だったら電撃復帰したファーブがプレーオフに出場していたのだろうと妄想したら悔しくて悔しくて・・・もう今日は飲むぞ!

21位:CB”ディー・ミリナー”(Dee Milliner, CB)

・2013年、全体9位

リーヴィスと契約が続かないことを見越し、後継者として獲得したのがミリナー。

しかし、負傷ばかりしてルーキーイヤーは13試合。2014年と2015年の2年間に関しては32試合中わずか8試合しか出ておりません。

実力も無く、2016年シーズン開幕前にカットしました。

女房を質に入れてでも欲しいドラ1PICKを返してくれよ~。

20位:DE”クイントン・コプルス”(Quinton Coples, DE)

・2012年、全体16位

巨体と長い腕で少しはいいプレーを見せて期待はさせたのですが、基本的に元HC”レックス・ライアン”のD#とマッチせず。OLBにコンバートしても”カルビン・ペイス”のように華開くことはありませんでした。あと、怠け癖と素行の悪さがダメでした。

 

すこしは期待させた彼がなぜ21位かと言うと、このあと全体21位でペイトリオッツが”チャンドラー・ジョーンズ”をPICKしてる残念さも理由にあります。もし、逆だったらどうなっていたのでしょう?

19位:CB”カイル・ウィルソン”(Kyle Wilson, CB)

・2010年、全体29位

一応、長い間スロット封じには活躍したのですが、ドラ1なのにインパクトは全く無く、先発レベルではありませんでした。結局、この年はリーヴィスの反対側を埋めるために、チャージャーズからクロマティを獲得しています。

18位:DT”デウェイン・ロバートソン”(Dewayne Robertson, DT)

・2003年、全体4位

ぶっちゃけリアルタイムで知りません。この頃はWWEが面白しろすぎて、そっちに夢中でしたので。

全体4位らしい活躍は無くともJETSに5年間、ブロンコスに1年所属して引退したとのことです。

ぼちぼち編

次は、ボチボチはやってくれたけどドラ1レベルじゃない人らです。

17位:DE“ブライアン・トーマス”(Bryan Thomas, DE)

・2002年:全体22位

2002年から2012年の11年間もJETS一筋でプレーし、不動のDEだった割にはたしかに目立ってないですね。キャリアハイが2006年の8.5サックですので。

たしかに彼と この時期にJETSにいたG”ブランドン・ムーア”は「ベテランだけど目立たない」点で区別がつきにくい存在でした。

16位:TE”ダスティン・ケラー”(Dustin Keller, TE)

・2008年、ドラフト30位

ゴルストンを獲得したあとにトレードUPで30位で獲得したTEダスティン・ケラー。

QB”マーク・サンチェス”とのコンビで2009年、2010年のチャンピオンシップ出場に貢献しましたが、これもドラ1レベルでは無かったという評価。

ドルフィンズに移籍したら直ぐに負傷して、その後は全く名前を聞かなくなりました。

15位:S”カルビン・プライアー”(Calvin Pryor, S)

・2014年、全体18位

クソGM”ジョン・イジク”の置き土産。ルーキーイヤーこそ期待はずれだったものの、その翌年は強烈なタックルを武器に活躍。

特に2015年ブラウンズ戦のエンドゾーン1yd手前でQBをぶっとばしてファンブルを誘発させたシーンは感動ものでした。

昨シーズンは、負傷したりパフォーマンスを落としたので評価を下げましたが、伸びしろはあります!今後に期待!!

14位:QB”マーク・サンチェス”(Mark Sanchez, QB)

・2009年、全体5位

JETSは辞めても、このブログのマスコットキャラ的なQBサンチェスが14位。
おそらくサンチェスがいなければ、このブログもこんなに続いてなかったでしょう。

 

2009年、2010年シーズンの2年連続でチャンピオンシップ出場に導く活躍をするのですが、変なミラクルパワーがあるだけで、フランチャイズQBというレベルではありませんでした。

あと伝説のバットファンブル(Butt Fumble)が彼の代名詞となりました。

13位:TE”アンソニー・ベクト”(Anthony Becht, TE)

・2000年、全体27位

11年もNFLに居ましたが、それほど目立った活躍は無かった選手。まぁ11年もリーグにいれば立派です。

12位:ILB”ダロン・リー”(Darron Lee, ILB)

・2016年、全体20位

昨年ドラフトで獲得したリーが予想以上に上でランクイン。

カレッジではOLBなのでパスラッシュに期待したら、起用したのはILB。

昨シーズンのボロボロのDBと押せないパスラッシュの中でランストップに貢献しました。とにかくスピードがあり、来シーズンも期待です。

[次のページから、平均以上によくやった編です]

  1. カート小判 より:

    堅守のNYJなのに意外とD#選手のバストが多いことに驚きました。‬

    あと他チームの選手として認識してた人が多いこと!脂の乗った時期に惜しげもなく放出してるということでしょうか。

    1. JETS狂 より:

      カート小判さん>
      2000年~2010年の間で獲得したエリート級が昨年と今年で一気に解雇にされて、今シーズンはリセット状態で、暗黒時代突入の予感がしております。
      本当にジョナサン・ビルマをセインツにトレードした時は「頭がおかしいのか?」と思いましたが、彼にとってはそれが最高の転機となりましたね。
      実はドラ1よりもドラ2のBUSTの方が酷いです。ジーノ・スミス、ジェイス・アマロ、スティーブン、ヒル、デビン・スミス、デクスター・マクドゥーグル・・古いところでケレン・クレメンス(SDでバックアップQBしてますが)。
      近年のJETSのGMの目はおそらく節穴なのでしょう。

      1. 匿名 より:

        デクスターはドラ3だと・・・
        という事は、ドラ1・ドラ2・ドラ3・ドラ4・・・ BUSTばかり?
        レックス・ライアン時代が特に酷かったような印象があります。
        変なコネQBを指名したり、WRはことごとくダメだったり(エヌンワ以外)・・・

        現GMは、ドラフト下位指名やドラフト外からの選手集めの点で、前GM・前々GMよりは少しマシなような気がきますが、今ドラフト上位指名での節穴炸裂がないようにただ祈るばかりです。

        1. JETS狂 より:

          匿名さん>
          デクスター3巡でしたか。期待だったあまり記憶違いしてました。
          ライアンの息子の友達だったコネQBとかマニアックな点をつくところを見ると、匿名さんもなかなかなのJETS狂ですね。
          本当に今回はチームをリセットしての1発目のドラフトだけに、大当たりを引くことを祈っています!

  2. NYJ より:

    懐かしいです!
    キーションと、ベルチックをトレードして、一気に4つのピックがあったんですよね!
    まだ、GMにビルパーセルズが!
    私はGMや球団社長などのエグゼクティブが重要だと思ってまして。
    当時はビルポリアンやジョンバトラーとかいましたねー!
    うん!
    私も、ドラフトは、LTだと思うなあ。

  3. davout より:

    半数はスタータークラスになったわけですね。これはどう見るべきなんでしょう?案外”打率”よい部類かも…?もっとも、ファンとしては1巡指名選手はスターターになって当然と期待するわけですが。それにしても失礼ながら、他の方も言っていますがヨソのチームに移ってから活躍の目立った選手が多いですね…ジョナサン・ビルマやサンタナ・モスが元JETSだったなんて恥ずかしながら初めて知りました、ハイ。

    うまくいってないときとはそういうものなのでしょうね。かのディオン・サンダースやブレット・ファーブがどのチームにドラフト指名されたか、即答できる人は意外と少ないのかも知れません。ドラフトでは選手の真の実力を見極めることもですが、いかに自チームと相性が良いか、これを評価するのが一番大事で、かつ難しいことなのではないでしょうか。

    1. JETS狂 より:

      davoutさん>
      不振の原因はドラ1のみならず、ドラ1~ドラ3 まで全く育たない事が原因かもしれません。
      今、頑張ってるDBやWRの選手って、他からの獲得とプライアーを除くとドラ4以下やドラフト外とかばかり、ドラフト上位で撮った選手は次々と消えましたから。
      今回こそインパクトのあるドラ1を引き当ててくれることを願ってます。

  4. Martin28 より:

    今日はジェッツ狂様。久し振りに拝見しました。
    キーションドラフトは懐かしいですね。
    前年がスーパーボウル最有力候補からテスタバーディの開幕戦でのシーズンエンドで地区最下位。パーセルズがGMに退いてベリチェックの1日HCと色々と混乱が続いた時期でした。
    当時は弱かったパッツと最下位争いが予想された中、一巡4人だけでなく三巡WRコールズも活躍もあり、マイアミ相手の奇跡の大逆転などを演じながらプレイオフまであと一歩の9勝7敗だったのを記憶してます。
    タンパはオフェンス力をつけ、ジェッツは多くの指名権でチーム力を上げ、ドラフトの指名権のトレードでお互いウィンウィンになったいい例だと思います。
    あの年のジェッツは地力なかったですけどキーションの穴を埋めるためにRBマーティンやFBのアンダーソンがWRをやったり、まだ三番手QBのペニントンがタオルを振り回してベンチを鼓舞したり、チーム一丸って感じの伝わるいいチームでした。
    前年のシーズンといいそんな地力はないけど何かやってくれそうな雰囲気がジェッツのファンになった理由です。
    ちなみにピッツで活躍したLBジェームズファリアーも元ジェッツのドラフト一巡です。

    1. JETS狂 より:

      Martin28さん>
      詳しいお話、ありがとうございます。コールズは同年の3巡だったんですね。彼も素晴らしいWRでした。
      本当にパッツはベリチック&ブレイディが入っただけで 2000年以前と2000年以降は別のチームですね。
      JETSにもそんなHCとQBが来てくれる事を祈るのみです。

コメントを残す

CAPTCHA