HOME > NEWS > NEWS(2008-2009) > JETS:LBホブソンをペイトリオッツが獲得
2008年4月8日

JETS:LBホブソンをペイトリオッツが獲得

20080408-news-320.jpg日の友は今日の敵
JETSのLB”ビクター・ホブソン”を宿敵ペイトリオッツが1年契約で獲得しました。
カージナルスからLB”カルビン・ペイス”を獲得した事が原因でしょうか。

[SPONSORED LINK]


▼LB”ビクター・ホブソン”は2003年のプロ入りから昨季までジェッツに5年間所属し、4年連続でチームの先発LBを勤めた守備の要。
JETSは既に長年守備の中心選手であったMLB”ジョナサン・ビルマ”をセインツへトレードしており、これは4-3体系から3-4体系に完全にシフトする事が狙いだと考えられます。
そして後任にあたるLB”カルビン・ペイス”をカージナルスから既に獲得済みの事からJETSはもとより”ホブソン”と再契約する気は無かったように見えます。
古きを捨て、大改革を進めるJETSですが、チーム内の連携が気になる所です。

[引用:NFL JAPAN]

ニューイングランド・ペイトリオッツが、LBビクター・ホブソンを獲得した。28歳のホブソンは、昨季ニューヨーク・ジェッツで先発14試合を含む16試
合出場、62タックル、2.0サックだった。彼は2003年のプロ入りから昨季までジェッツに5年間所属。過去4年連続でチームの先発LBを務めていた。
キャリアベストは2006年で全16試合先発、100タックル、6.0サック、1インターセプトをあげている。ペイトリオッツのビル・ベリチックヘッド
コーチは、「ビクターは若い有能な選手で、多くの経験を積んでいる。彼をLB陣に加えることが出来て興奮している」と述べている。

ペイトリオッツにとってホブソンは、CBフェルナンド・ブライアント(昨季デトロイト・ライオンズ、16試合先発、69タックル、2インターセプト)に続く昨季他チームで主力としてプレイしていた新加入選手となる。その他のFA加入選手はSタンク・ウィリアムス(ミネソタ・バイキングス、13試合出場、18タックル)、CBジェイソン・ウェブスター(バッファロー・ビルズ、1試合出場、3タックル)、WRサム・エイキン(ビルズ、12試合出場、レシーブ1回10ヤード)などだ。再契約選手にはWRランディ・モス、WRジャバー・ギャフニー、WRケリー・ワシントン、LBテディ・ブルスキらがあげられる。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. Pats Life より:

    パッツはホブソンと、ベテランミニマムで契約しました。
    これだけの実績のある選手をこんな格安で手に入れていいのかという疑問もあるのですが。
    ホブソンって、3-4にフィットしてなかったんですかね?パッツではILB起用が模索されるようです。

  2. JETS狂 より:

    ビルマはトレード、ローズは契約延長という流れを見るとやはり、3-4に合わないと判断した選手とは切っていく方向なのでしょうか。
    パッツも3-4なのでホブソン本人には3-4も4-3もそれほど関係ないように見えますが。
    いずれにせよJETSの内部を良く知る一人が宿敵パッツに流れた事は脅威です。

コメントを残す

CAPTCHA


Top