HOME > NEWS > NEWS(2019-2020) > 【マンジール通信】AAFが突然終了。XFLへ希望を託せるか?
2019年4月4日

【マンジール通信】AAFが突然終了。XFLへ希望を託せるか?

AAF休止
突然すぎる死

信じられないニュースですが、NFLの下部リーグとして育つかと思われていたAAF(アライアンス・アメリカン・フットボール)が1シーズンを終了する前に突然、リーグ自体の終了が発表されました。

こんな終わり方、あるのですね。

[SPONSORED LINK]

AAF、1シーズンを終える前に終了

AAFが1シーズンもたずに活動休止へ

既にNFL JAPANでも取り上げられておりますが、AAFがシーズン残り2試合を残して、突然の休止が発表されました。

 

理由は資金難。

当初は資金繰りがヤバイ噂をNHLの”カロライナ・ハリケーンズ”のオーナーが2億5000万ドル(約278億円)を出資してAAFのチェアマンに就いたことで「大丈夫」としていましたが、その裏ではやっぱり財政難に陥り、資金集めに奔走しましたが上手くいかなかったようです。

多くの選手にNFL復帰への希望を与えたAAFですが、突然のリーグ終了でその道が一瞬で絶たれた事が、残念です。

 

当然、「ジョニー・フットーボール」こと”ジョニー・マンジール”も被害者の一人。

・前回のニュース

ジョニー・マンジール
試練は続く・・ AAF(アライアンス・アメリカン・フットボール)に移籍した「ジョニー・フットボール」ことQB"ジョニー・マンジール"。 ここで活躍してNFL復帰につなげたいとこ

NFL復帰を目指すため、CFL(カナディアン・フットボール・リーグ)を蹴ってAAFに入ったのに、2試合目に膝蹴りを喰らい脳震とうを起こしてノックダウンし、その翌週にAAFごとノックダウンしてしまうとは、なんという不幸でしょう。

いや、マンジールらしいと言えばマンジールらしいのかも・・・・

残された希望はXFLか?

XFL WWE

AAFが倒れた今、注目されるのは2020年開幕予定の「XFL」

これは世界一のプロレス団体「WWE」が運営する新フットボールリーグです。「新」と言っても、こちらもかつて1シーズンで終了してしまったリーグなのですが、潤沢な資金を武器に再チャレンジします。

 

WWEオーナーのご存知”ビンス・マクマホン”は、XFL再開のために2億7200万ドル(現日本円レートで約303億1200万円)ものWWEの株式を売却し、マクマホンは「3年間で5億ドルを投じてリーグを始める準備は出来ている」とコメント。

さらにWWEは「WWEネットワーク」という独自のネット配信会社を持っている上に、XFLをWWEネットワークのコンテンツとして展開するのみならず、ケーブルテレビ等の他局での放映も計画されているようです。

 

当然、本業のWWE内でもCMをガンガン流せる強みもあり、先に盛り上がりそうな雰囲気だったAAFが消滅したとなるとXFLに期待せざる得ません。

しかし、AAFの失敗は「NFL以外は盛り上がらず失敗する」という悪いイメージを加速させたことになります。

ここはマイナースポーツであったプロレスを世界規模に成長させたWWEの手腕に期待するしかありません。

 

個人的にマンジールがXFL入りし、「マンジール通信」が継続されることを願っております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. T.Takahashi より:

    やはり大スターであるマンジール頼みのリーグだったので、離脱のダメージは大き過ぎたのでしょうね(笑)。

    1. JETS狂 より:

      T.Takahashiさん>
      おそらくマンジールの影響力はミジンコよりも無かったかと・・

  2. vinta より:

    AAFはそれなりに見ていたので突然の閉店は残念でした。AAFは、NFL下部リーグ的存在として、NFLと「地続き」であると感じます。きっと今シーズンの参加選手のうち何人かはNFLと契約できるのだと思います。XFLだともう少し派手さを演出しそうなので、「色モノ」的な扱いになりそうな気がします。NFLに入れなかった人が生活のためにアメフトパフォーマーになるという感じなのではないでしょうか。
    マンジールについてですが、本気でNFLに戻りたいならCFLへ行くべき。XFLに行くのならNFLをキッチリ諦めて客寄せパンダに徹するべきだと思う。

    1. JETS狂 より:

      vintaさん>
      XFLはNFLとは違った特色で攻めてくるでしょうね。それはそれで楽しみです。
      マンジールは、もはやどこに行ってもNFLには戻ってこれないと思います。正直なところ。
      おっしゃるとおりXFLで活躍するために、キャラを作ってパフォーマーに徹した方がいいでしょう。

コメントを残す

CAPTCHA


Top