HOME > NEWS > NEWS(2008-2009) > JETS:ロバートソン、ブロンコスへトレード
2008年4月25日

JETS:ロバートソン、ブロンコスへトレード

20080425-news-320.jpg
ラフト直前で動いた
以前から話題にはなっていましたが、DT#63″デュエイン・ロバートソン”(Dewayne Robertson)がブロンコスへ2009年のドラフト指名権と交換でトレードされました。

[SPONSORED LINK]


▼ロバートソンは2003年のドラフトで全体4位でJETSが獲得。
 成績はギュラーシーズン77試合に出場し、319のタックル、14 1/2サックで4回のファンブルフォース。JETSのDTにおいて中心的な選手でした。

年齢も26歳と若いのになぜトレードかというと、今シーズンオフのメディカルチェックでヒザのケガが引っかかってしまった事に加えて、何よりマンジーニの3-4体系に合っていない事が理由のようです。
 既にFAで”クリス・ジェンキンス”を獲得しており、穴は埋めはできているので今回のトレードに至りました。

“ジョナサン・ビルマ”、”ビクター・ホブソン”に続き今回も3-4体系に乗り換える大改革のために守備の要であった選手を放出。
そしてドラフトでもDE”ヴァーノン・ゴルストン”を狙っています。

3-4体系へ乗り換える目的よりも昨シーズン、スーパーボウル制覇の”ニューヨーク・ジャイアンツ”が実証したペイトリオッツ攻略法を取り入れたい”マンジーニ”の執念が暴走しているようにも見えます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA


Top