HOME > NEWS > NEWS(2018-2019) > 【2018-2019:プレビュー】ケガ人続出、こりゃクマッたのWeek08
2018年10月27日

【2018-2019:プレビュー】ケガ人続出、こりゃクマッたのWeek08

シカゴ・ベアーズ ファン sexy
クマさんに~出会いたくなかった~♪

バイキングスに負けて、さらにプライア―もパウエルもいなくなり、未だにケガ人が続出しているボロボロのジェッツ。

このままだと5ヤーダーのように、最後は主役(誰?)とマネージャーしか残らない事になりそうです。

[SPONSORED LINK]

WR”リチャード・マシューズ(Rishard Matthews)”を獲得

まず人事ニュースから。ジェッツは元タイタンズのWR”リシャード・マシューズ”を獲得しました。

マシューズは2012年ドラフトにて7巡目にドルフィンズが獲得。4年間ドルフィンズに在籍し、2016年にタイタンズと契約。

昨シーズンはパス53レシーブ800yd獲得、4TDという成績で、今オフに契約延長をしましたが、タイタンズは10月上旬にカットしました。

なぜカットしたかというと、キャンプ中に負傷したため今シーズンの成績は3試合出場3レシーブ11ydという散々なものだったからです。

ジェッツはWRが一気に枯渇し(プライア―放出は自爆ですが)、それにともないダーノルドのパフォーマスが低下しているのは明らか。そこで、ワラにもすがる思いでマシューズを獲得しました。

マシューズの特徴は、まさに今のジェッツが失っているD#を縦に広げるスピードがあること。加えて堅実なルートランに、サイドライン際で足を残してギリギリでレシーブするテクなどでも評価を得てるとの事。

あと、キャリア21TD中、13TDがレッドゾーンオフェンスでその内6TDが敵陣5yd以内という局地戦での強さも光ります。

身長182㎝体重98キロというWRとしては小柄ながらフィジカルもあるようで、ダーノルドとの相性が大きな戦力になる可能性もあります。

事前情報

・現地木曜日の情報

JETS

JETS

Out: WR Quincy Enunwa (ankle)

Doubtful: WR Robby Anderson (ankle), CB Trumaine Johnson (quad) 

Questionable: C Spencer Long (knee/finger), CB Morris Claiborne (shoulder/foot), LT Kelvin Beachum (back), S Marcus Maye (thumb), ILB Kevin Pierre-Louis (foot)

Did not practice: WR Quincy Enunwa (ankle), C Spencer Long (knee/finger), WR Robby Anderson (ankle), CB Trumaine Johnson (quad) 

Limited participant: CB Morris Claiborne (shoulder/foot), LT Kelvin Beachum (back), S Marcus Maye (thumb), ILB Kevin Pierre-Louis (foot)

→エヌンワがまたも欠場に加えて、頼みのWR”ロビー・アンダーソン”が出場確率25%のダウトフルという厳しい状況のレシーバー陣。

こうなると先発はWR”ジャーメイン・カース”と今週契約した元タイタンズのWR”リチャード・マシューズ”になる可能性が高いとのこと。

ほんま、なんでプライア―をカットしたんや・・。

C”スペンサー・ロング”、CB”モーリス・クレイボーン”、LT”ケルビン・ビーチャム”、S”マーカス・メイ”と、そうそうたる主力がクエスチョナブルで、ジェッツは野戦病院と化してます。

 

朗報はRB”アイゼア・クロウェル”がリストから消えたこと。RB”ビラル・パウエル”がシーズンエンドしたので、クロウェルへの負荷が高くなることが心配ですが、勝つには彼の火事場のセカンドエフォート(勝手に命名)が不可欠となるので、ブロンコスを圧倒したランの復活に期待です。

そして、脳震とうで2試合欠場のCB”バスター・スクライン”がリストから消えて完全復活した模様。 野生のD#でターンオーバー量産を頼む!

BEARS

Out: LG Eric Kush (neck) 

Questionable: OLB Khalil Mack (ankle), WR Allen Robinson (groin)

Did not practice: LG Eric Kush (neck)

Limited participant: OLB Khalil Mack (ankle), WR Allen Robinson (groin) 

一方、ヘルシーなベアーズ側は、OLB”カリル・マック”がクエスチョナブルで出場可能。まぁ、普通に出てくるわな。。。

どうなるベアーズ戦

先週はペイトリオッツと互角の勝負を演じたベアーズ。QB”ミッチェル・トゥルビスキー”がテキサンズのQB”デショーン・ワトソン”と同様に調子を上げてベアーズの攻撃力が週を追うごとに上昇しています。

とくに注意すべきがペイトリオッツ戦で見せた足。たくみなフットワークでフィールドを縦横無尽に走り回りペイトリオッツD#を翻弄しました。

スクランブル対策はILB”ダロン・リー”のスピードで真っ向勝負になるでしょう。

 

あとキーになるのは復活したCB”バスター・スクライン”。大きなミスや反則をする事もありますが、反射神経にものを言わせた野性的なカバーリングとCBブリッツが決まれば、O#を封じる事ができます。

反対側のCB”モーリス・クレイボーン”が傷んでいるのが気になるところですが、RB”ジョーダン・ハワード”とQB”ミッチェル・トゥルビスキー”のランを止めれば、先週のバイキングス戦のジェッツD#のパフォーマンスからしてパスO#はそれほど恐れなくていいのかもしれません。

 

怖いのはむしろベアーズD#。レイダースから大型トレードで獲得したOLB”カリル・マック”が現在5サック、4ファンブルフォース、1INTというビッグプレーメーカーぶりを見せており、不安定なジェッツOLがどこまでダーノルドを守れるかがカギになります。

先週の散々な試合からさらにWR”ロビン・アンダーソン”が使えないと考えると、もはやRB”アイゼア・クロウェル”のランが頼みになりますが、ベアーズのランD#はリーグ5位。

かつて46ディフェンスでスーパーボウルを制し、QBがグロスマンだろうがLB”ブライアン・アーラッカー”の力でスーパーボウル出場を果たした、伝統的にD#の強いベアーズが復活した感があり、ジェッツが不利なのは明らか。

 

D#陣の粘りとターンオーバーに期待するしかありません。

今週の勝利への金言

正直、勝利は奇跡にすがるしかない

以上

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. GENO より:

     ライオンズとしては相手の調子が悪い、けが人がいるなどの事情はありますが開幕戦のジェッツ無双から徐々に勝ち星を稼いできて、地区上位になる可能性がまさかの見えて来てるので応援してますよ。
    クマさんは強いけど、勝負どこに弱い印象があるので、接戦になれば勝てそうな気がしますね。ただ、点取り合戦となるとWR陣は不安ですよね。地上戦はまだしも、スーパーキャッチ職人のカース(僕の偏見と印象です)がどこまでできるか。
     ただ、ベアーズも熊狩りのオスワイラーの試合、先週がNE相手とはいえどもと失点も増えてますよね。是非ともうちが熊さんと戦うまでこのペースを維持してください。願望が大きすぎるコメント失礼しました。

    1. JETS狂 より:

      GENOさん>
      パッツはラッキーパンチで得点した感もあるので、あまり参考にしてないんですよ。
      ドルフィンズにはゴアがいましたし、ジェッツはO#のコマが足りな過ぎて、不安要素しかないです。
      本当に開幕前の予想はあてにならずです。

  2. ふて猫 より:

    どうやら厳しい“熊退治”になりそうですね。くれぐれも熊退治の後に“山で遭難”って自体は、避けたいものですね(@_@)

    1. JETS狂 より:

      ふて猫さん>
      既にチームの先行き不透明で遭難してるようなものですが、ちょっとここで勝って盛り上げて欲しいです。
      本来なら熊なんぞ、ジェット機から爆撃したらイチコロなんですがね。

  3. 似非勇者 より:

    前の試合のトゥルビツキー、BSの放送では解説の輿さんに「コントロールが悪い」「アンダースロー多すぎ」とダメ出しされまくってました。ベリチックもパスよりスクランブル止めたかったようです。あとマックは足首よほど良くないのか全然目立ってなかったですね。でもDLはけっこう強かったのでダーノルドをしっかり守ってあげないといけませんね。

    トゥルビツキーがフォルススタート取られたのは笑っちゃいましたw

    1. JETS狂 より:

      似非勇者さん>
      バイキングスと同様にDLで圧倒されたら、WRが少ないダーノルドがまた死にますね。
      余裕さえあればミドル以上を通せる力があるだけにライン戦での負けるのが致命的です。

      それより、スナップを取るタイミングをコントロールしているQBがフォルススタートですか?
      ジェッツに勝機があるとしたら、そういう経験不足での凡ミスの自滅ですね。もはや他力本願で勝ちたいと思います。

      1. 似非勇者 より:

        ショットガンで1回ハードカウントしたあと、今度は「セッ!」とか言いながら自分で後ろにのけ反る動きをしたんです。ボール取ったみたいに。んでパッツのDLが揃って動いちゃって、OLは一斉にオフサイドをアピールしたんですけど、審判がフォルススタートの腕グルグルしながらトゥルビツキーに走り寄って「オメーだよ!」と言わんばかりに指を突き付け。輿さん大爆笑でしたw

        1. JETS狂 より:

          似非勇者さん>
          なんで一人でのけぞったのか。野球でいうとボーク的な失敗。
          ジェッツ戦もコメディ路線でお願いします。

  4. ミドリのワシ より:

    トゥルビスキーって意外と走れるQBだったんですね。
    なんかイメージ的に固定砲台型のポケットパサーなのかと思ってました。
    ジェッツD#はQBに走られると、そこから守備を崩される印象があるので、
    注意したいところですね。
    クマさん、一足お先に冬眠してくれるといいんだけどなぁ。

    ところで、ベアーズ公式サイトに、ジェッツを模したアメコミ調の
    緑色のロボットが描かれているのですが、これが結構カッコ良くて、
    逆にベアーズの熊の方が悪者に見えて思わず笑ってしまいました。(^ー^;)

    1. JETS狂 より:

      ミドリのワシさん>
      ロボット&ジェッツ=機動戦士ジェッツガンダム!?(JETS狂チャンネルを参照)
      https://www.youtube.com/watch?v=oZJLmzrv9h8

      ・・かと思っていたら、これベアーズの今シーズンのスケジュール紹介の動画に出てきたアメコミですね。
      https://jets94.com/551007/
      改めて見ると普通に熊が悪者ですね。こりゃ、成敗しましょ。

コメントを残す

CAPTCHA


Top