HOME > NEWS > NEWS(2019-2020) > 【ジェッツ】OLアレックス・ルイスをトレードで獲得&その他
2019年8月6日

【ジェッツ】OLアレックス・ルイスをトレードで獲得&その他

アレックス・ルイス
プレシーズン前にテコ入れ

プレシーズンマッチ直前ですが、ガンガン人事が動きます

[SPONSORED LINK]

OL”アレックス・ルイス”(Alex Lewis)をレイブンズからトレードで獲得。

C”ライアン・カリル”をGETとしたとはいえ、まだまだ不安が残るOL。この度、レイブンズからトレードでOL”アレックス・ルイス”を獲得しました。

 

OL”アレックス・ルイス”は2016年ドラフトにてレイブンズが4巡目に獲得。

しかし負傷が多く、2016年は足首のねん挫で6週を欠場し、2017年は肩やその他のケガで全休。

2018年は10試合出場しておりますが、ケガの耐性が不安視されております。

 

そしてこの度、レイブンズは彼をジェッツにトレードしました。見返りは2020年ドラフト7巡です。

CBアレックス・ブラウン(Alex Brown)を獲得

ジェッツは引き続き「アレックス」を獲得。イーグルスから解雇されたCB”アレックス・ブラウン”を獲得です。

 

CB”アレックス・ブラウン”はドラフト外選手で49ersと契約しましたが、即座にカットされイーグルスに移籍しました。

しかし、イーグルスでもロースター枠を空けるためにカットされ、ジェッツが次に拾ったわけです。

 

ジェッツは彼を獲得するために、WR”Quadree Henderson”をカットしました。

毎度おなじみロースター枠の玉突き事故勃発。

次はあなたかもしれない・・

S”ゴールドウィン・イグウェバアイク”(Godwin Igwebuike)を獲得。

さらにジェッツはイーグルスがカットしウェーバーで流れてきたS”ゴールドウィン・イグウェバアイク”を獲得しました。(このフリガナ名が合っているかは不明)

 

彼は2018年ドラフト外選手で、2018シーズンにバッカニアーズと49ersにて6試合に出場し、2019年オフにイーグルスと契約しました。そしてイーグルスがカットしたところまたもジェッツが拾ったわけです。

・・・・何かさっきと同じような展開。

 

ゴールドウィンを獲得するためにジェッツは、なんと2017年ドラ6のCB”ジェレミー・クラーク”をカットしました。

またもロースター枠の玉突き事故勃発。

次はあなたの番かもしれない・・

TE”ニック・トゥルーズデル”(Nick Truesdell)を獲得

またもTE。ジェッツはTE”ニック・トゥルーズデル”を獲得しました。

トゥルーズデルは元インドアフットボールリーグの選手ですが、2016年にコルツに所属していたこともあります。

2017年にバイキングスをカットされた後、今は亡きリーグAAFのチームにも所属しておりました。

 

TE”クリス・ハーンドン”の開幕4試合出場停止を受けてTEを獲りまくるジェッツ。果たしてこの中からスターは誕生するのか!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

CAPTCHA


Top