HOME > NEWS > NEWS(2020-2021) > 【ドラフト2020】そろそろドラフトを考えよう
2020年4月2日

【ドラフト2020】そろそろドラフトを考えよう

もうバストは引くな

毎度毎度、ドラフトに疎い私ですがそろそろ勉強します。

[SPONSORED LINK]

今年のドラフトは無観客

まず基本情報としてドラフトは現地日時で4月23日~4月25日に開催されますが、本来はネバダ州のパラダイスで開催する予定が、コロナウィルスの感染拡大により会場が変更になりました。

現時点ではテレビ局のスタジオにメイン会場を設置し、各チームと中継してPICKを進めて行く形式になるようです。

 

環境によっては、持ち時間ギリギリに指名を入れたら間に合わないというケースもありそうなので、遠隔PICKならではの工夫も加わるでしょう。

1巡目の指名順は?

今年の1巡目がこちら。

1:ベンガルズ

2:レッドスキンズ

3:ライオンズ

4:ジャイアンツ

5:ドルフィンズ

6:チャージャーズ

7:パンサーズ

8:カーディナルズ

9:ジャガーズ

10:ブラウンズ

11:ジェッツ

12:レイダーズ

13:49ナース

14:バッカニアーズ

15:ブロンコス

16:ファルコンズ

17:カウボーイズ

18:ドルフィンズ

19:レイダーズ

20:ジャガーズ

21:イーグルス

22:ヴァイキングス

23:ペイトリオッツ

24:セインツ

25:ヴァイキングス

26:ドルフィンズ

27:シーホークス

28:レイブンズ

29:タイタンズ

30:パッカーズ

31:49ナース

32:チーフス

→今年の全体1位はベンガルズ!

そしてモック(予想)の方がQB”ジョー・バロー”(Joe Burrow)となっており、とうとうダルトンにサヨナラすると予想されています

しかし、彼はいわくつきの「ハインズマン受賞者」。ハインズマンといえば、これまで残念なQBを多数輩出してきた名門ならぬ迷門です。

ジェッツ的にはQB狙いは無いので問題なし。ベンガルズが彼を獲得してレイブンズ無双のAFC北に一石を投じて欲しいです。

 

他に特筆すべきはドルフィンズの1巡目が3つもあること。この豊富なPICKで、どのように立て直すのか見ものです。

JETSのPICKは8回

今回のJETSのPICKは以下のとおり。

 

Round 1: No. 11 overall.

Round 2: No. 48, .

Round 3: No. 68, from Giants along with 2021 conditional pick in October ’19 trade for DL Leonard Williams.

Round 3: No. 79, .

Round 4: No. 120, .

Round 5: No. 158, .

Round 6: No. 191, .

Round 6: No. 211, from Chiefs in May ’19 trade for LB Darron Lee.

 

→3巡と6巡が2回のバランスのとれたPICK。そろそろドラフトに弱いジェッツを脱却してほしいものです。

JETSの1巡目(全体11位)は?

ジェッツのニーズであるOLが豊作と言われている今回のドラフトですが、OLはFAで調達しドラフトでは狙わない方向と見ています。

となると、狙いはWR、CBあたりでしょう。

 

巷のモックドラフトでのジェッツの1巡(全体11位)予想は・・

WR”ジェリー・ジュディー”(Jerry Jeudy)[from アラバマ大]

身長185㎝体重87キロの恵まれた体格に加えて、40yd走4.45秒の快足を合わせ持つ今ドラフト最高のWR。

”アマリ・クーパー”や”フリオ・ジョーンズ”など名WRを輩出してきたアラバマ大において2年生で最高のWRに与えられる「ビレットニコフ賞」を受賞しています。

正確なルートランとディープへの強さが武器であり、WR”ロビー・アンダーソン”が抜けた穴を埋めるのに十分な力があります。(噂どおりなら)

 

近年のドラフトでWRはバストばっかり引きますが、ドラ1で引くのは2001年のWR”サンタナ・モス”以来。その前だと1996年のWR”キーション・ジョーンズ”。

・・・ドラ1のWRもワケアリ物件みたいなのばかりだな・・・。

いやいや、ジェリーこそジェッツを救う希望の星。ダーノルドとTDを量産してくれるハズでしょう。
ダーノルドは、今年も病気(特にコロナ)に気を付けろ。

 

モックでは先にCBとOTを取られる予想なので、WR”ジェリー・ジュディー”が全体11位に落ちてくると読んでますが、ぶっちゃけ9位のジャガーズが取ると予想されているCB”ジェフリー・オクダ”(Jeffrey Okudah)が欲しいところです。

手が長い~~。

 

さてさて、無観客なれど予定どおり開催されるNFLドラフト2020。

今年もどんなドラマが待ち構えているのか、非常に楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  1. 匿名 より:

    オクンダではなくオクダーですね。ジェフ奥田です。

  2. gangster より:

    今気付いたんですがジータスでドラフト中継するんですね。巨人戦がなくなったから今年だけですかね?
    でもこの時期NFLファンはG+契約してない気が。

    1. JETS狂 より:

      gangsterさん>
      私も巨人戦のコンテンツが無くなった影響で、この時期に盛り上がるイベントであるドラフトの目をつけたのかと思いました。
      しかしながら、おっしゃるとおり私も既にG+を解約した身。
      ドラフトと過去の試合のためにG+に今更契約する気はありませんね。

コメントを残す

CAPTCHA


Top